メルマガもコンテンツであるべき理由と、んたらかんたら(笑

どうも、村本です。

メルマガはそもそも、何か製品をお知らせするためのツールという事で、むかしから定着しています。なので、一般的には「メルマガは製品を紹介するためのただのツールに過ぎない」と思っている方が多く、ブログやSNSの方に力を入れて、その誘導用のツールとして使っている人ばかりです。

現に、メルマガには製品紹介のURLが5個以上ある人が多い・・・悪いとは言いません

結論としては、メルマガもコンテンツを提供するべき

その理由は以下になります。

  • 読者にページを開かせる手間が掛からない最高のツール
  • メールボックスは生活の一部であるから
  • 関係を築いていけるから
  • プル型とプッシュ型の違いのみ

それでは解説

 

読者にページを開かせる手間が掛からない最高のツール

メルマガとは、反対にみられがちな、ブログなのですが、ブログはコンテンツを提供する場所、見せる場所として、使われています。メルマガでは不可能な、視覚的なコンテンツや音声映像などの投稿もできます。

メルマガは、文章だけのコンテンツツールです。

しかし、文章こそが基本的なコンテンツ提供の手段であることは言うまでもありません。

メルマガを何かしらのお知らせがあるとき、お知らせしたいサイトへ誘導する場合に使っている人が多いのですが、私の場合は、ほとんどメルマガで完結しており

今はこうして、ブログを使っていますけど、メルマガしかないとしても、やっていく自信はあります。

むしろ、メルマガだけの方が効率が良いんじゃないかとか考えてしまいます。

メルマガでは、

  1. コンテンツの提供
  2. 売込み
  3. 教育

これが出来ますので、映像や音声などなくてもいいのです。

それは、もちろんブログなどもあったほうが良いのですが、長期的にwebで仕事をしてきて、売り上げはメルマガの中でセールスレターを書いたほうが、売り上げが上がりますし、

 

読者にページを開かせる手間をさせないという最高のメリットがあるのです。

サイトを開いて、派手な売込みサイトで、過激な文章のセールスレターよりも、いつも見ている人が素直に書いたセールスレターの方が落ち着いてみることが出来ます。

ようは、メールボックスでゆっくり見れるという安心した空間を与えることが出来るからです。

自分がされて嫌なことをしてないという事です。

むかしは私もやっていたのですが、ページを開かせ、カウントタイマーで煽り、びっくりするような誇大広告のヘッドライン、そりゃ、お客様と製品を引き合わせるために、何としても製品を売る気持ちは正しいのです。

けど、過度な表現はあんまり長持ちしないのです。

長期的に、継続的に付き合っていくという、※起業の三原則に基づいたやり方を考えると、どう考えても読者を安心して自分の世界の中で、判断していただくほうが、喜んでもらえるからです。

※起業の三原則

  • 情熱の持てる市場に入る
  • 市場と対話し製品を売る
  • 一生付き合う

 

どういうことかというと、

 

メールボックスは相手の生活の一部

これ、覚えていただきたいのですが、メールボックスは基本的に友達や会社の同僚や、親密な関係者とやり取りするためのツールでした。実際に使っているのでわかると思いますが、家族とやり取りしたり彼女と待ち合わせのメールをしたり、ラインなどが出てくるまで、普通にこういう事で、使われていたのです。

いまでも、ビジネス用として使っている人よりも、生活の一部として使っている人が多いという事をよく理解したほうが良いのです。

そう考えると、メルマガの内容がガラっと変えなきゃいかん事が、わかってくるのではないでしょうか?

相手の生活の一部に入れるのだから、売込みばかりではかなり失礼なのです。

どうせだったら、相手を大事な家族くらいに思い、ためになるコンテンツを提供したほうが、喜んでもらえる事には違いありません。

 

「なにか、良いメールでもきてないかな~」と思って開封するのが普通です。

もしそこに、家族から応援メッセージや、彼女からあいしてるとか、書いてあれば1日幸せに過ごせるのです。

ということはです。

私たちも、家族や彼女には勝てないかもしれませんが、相手の顔を想像しながら、笑顔になる為の努力を文章を使ってやんなきゃいけない。

かといって、メルマガを仕事に使うのだから、一線はおかなきゃいけません。

何でも無料無料で自分の身を削って、削りすぎているのは、身もふたもないです。

この辺の塩梅が難しいですが、で自分の実践したことや、経験や、ためになる様なコンテンツを出していく事で、後々の売りたい製品へと、始めてつながります。

 

関係を築いていける

ここまでの記事で、お気づきかもしれませんが、メルマガを、メルマガとはあんまり思ってないのが、実は本音です。メルマガというよりも、メールを一人に対して書いているのが正しいかもしれません。

自分の子供に、物事を教えるとき、めんどくさがらずに手取足取り1~10まで教えていくのが親です。

彼女が出来れば、素晴らしい彼氏はこれも、親のようにめんどくさがらずに、相手の気持ちを考えて、相手の話を聞き、相手の喜ぶようなことを話してあげたり、誕生日には何かしらプレゼントをしたり、

相手の人生の責任を背負う気持ちで結婚まで行きついたり、

読者と配信者は家族ではないけど、せめて、相手の人生の一部のメールボックスに入るから、こういう気持ちで書いていくと、反応も取れるようになるし、自然と相手のためを思いコンテンツを書きたくなるのが人情だと思います。

実際、メルマガで成果を出してほしいと考えていますので、いまこうしてメルマガでうまくいくための方法を今回は、ブログの記事として書いておりますが、恩着せがましかったらすいませんが、そういうつもりはないです。

ただ、正直に成果を出してほしいと願い書いております。

ようするに、

 

日々の積み重ねが読者との信頼関係につながるのです。

嫌な事ばっかりしていても、嫌われるばかりで、配信解除されるのがおちです。

けど、配信解除を恐れて、自分の言いたいことを言えないメルマガ配信者は、なんの魅力も見出せませんので、解除されても結構だから。という気持ちを常に持っていてください。

残る人と、強い信頼関係を築き上げて、相手の人生を背負う気持ちで、やっていく事が大事。

なので、村本は理念が大事だよ、とよく言っております。

信頼関係を築いた後、理念がないと、なんで無償でコンテンツを提供しているんだろう?俺はいったい何をしたかったんだ?

となるので、何のために、コンテンツを提供して、信頼関係を築いて、最終的な目的を信条をちゃんと自分の胸においておき、読者にも、たまには理念を書いてあげて、基礎にもどったりして、ぶれないように芯を持っておくことが肝心です。

このことから、僕の言えることは、

 

プル型とプッシュ型だけの違い

ブログは、プル型、メルマガはプッシュ型とかマーケティング用語で言われますが、そんなものを考えるよりも、コンテンツをちゃんと出していけば、プル型もプッシュ型もそんなに変わりはないんだよ。という事です。

最近のプッシュ型には、youtubeやフェイスブックが僕の中では、楽しいです。

特にyoutubeは、気に入った配信者が居たら、気軽にチャンネル登録して、動画がアップされると、スマホの方に

●●さんが、新しい動画をアップしました。

という、プッシュな連絡がスマホのロック画面に出てきます。

ロックしているけど、それでも、プッシュしてくるのです。ライン@もそうですね。既に、メルマガよりもラインやこういったyoutubeの方が、ダイレクトに届くようになっております。

けど、それを超える物が、やはりメルマガのメールボックスです。

どんな人でも、1日に一度はメールボックスを開きます。

ただ、傾向として、「もうメールボックスを使わないよ?迷惑メールばっかじゃんか」という人も多くなりつつありますので、今私たちに必要なのは、プル型もプッシュ型も関係ない。

ちゃんとした、コンテンツを出しておかなければ本当に、長続きしないし、ライバルにすべて持ってかれますし、後発者に追い抜かれるかもです。

逆に、コンテンツを出して、楽しませれば今後ずっと使っていけるツールであるのがメルマガだと言えます。その結果プッシュ型として、認識され続けるのだと思います。

 

一方的なプッシュ型で不人気になっていくメディア

では、失敗例というか、まあ失敗ではないけど、不人気になっているプッシュ型のメディアがあります。それは、テレビです。一様新聞などを頼めば、テレビの番組表が見れますので、自分の好きな番組を選択してみることが出来ます。

けれども、何気なしに、テレビをつけてみていても、見たくもないような番組ばかりで、しかもテレビコマーシャルも自分たちの限られた人生の時間を奪ってきます。

ためになる様なコンテンツを配信してくれるわけでもない、もちろん、必要な人にとってはためにはなります。

今日の晩御飯なんにしょうかな?とか考えているときに、たまたまテレビをつけて、えみこのおしゃべりクッキングとか、キューピー3分クッキングなどがあっていれば、

「おお~いまこれみたかったんだよ」

なんですが、そううまくはいきませんね。

プッシュ型なので、自分が見たいときに、必ず見たい番組があっているわけではないです。

ただ、相当な努力をしてテレビはコンテンツの質も上がっていると思います。けれども、視聴率が下がっているのは、今はwebが登場して、自由に見たいものを見れるという選択が出来る様になったいい時代だという事です。

私たちが、いつも意識しなきゃいけない事は、メルマガはプッシュ型だろうが、今は選択を自由にできる時代、こっちから一方的に押し付けられない時代。なので、あなたがメルマガで成功するために最も必要なのは、

魅力を出していけば勝(価値)です。

では、最後の見出しですが、

 

物語を自分で作っていく

読者は助けを求めているからこそ、読者になっています。なにかしら人生を良くしたいと思って、あなたの所に読者になっています。なにかブログや無料イーブックが良いと思って、読者になったのかもしれません。

どこかに、魅力があり、読者になってくれたのです。

だから、あなたの考えや、あなたの思っていることを、自由にメルマガで表現し、コンテンツを出していってください。出来ればあなたの製品を購入してくれた人も、購入していない人も、すべての読者を巻き込む感じで、自分の物語を自由に作っていきましょう。

意味が分からないかもしれませんが、物語というのは自分の実践した記録です。

例。

情報を配信した→なにかしらの影響が出る→影響が出たことでまた何かしら情報を配信した→反応が出る→反応に対して情報を配信する→反応が無かったから違う情報を配信した→反応があった→反応があった事の製品を作成→製品を販売してみる→あんまり売れなかったが、売れるには売れた→もっと浅い部分を解説した無料コンテンツを出していく→反応がすごくあった→今回は無料で提供してみる→ものすごい魅力が出た→製品を販売してみた→結構買ってくださった人がいた→ここまで作ってきた、無料有料限らずにすべての集大成のマニュアルを作る→売れた→コンサルをやってみよう→コンサルが飽きたので、もう一度実践者になろう→続く

こうやって、ずっとやっていけば良いのです。

これが、物語として、人生として刻まれていきます。

 

まとめ

失敗も成功もありません。行動こそが最高の成功なんだと10年この仕事を実践してきて、行きついたことです。今後もこうやって、自分の物語を作りメルマガを通してやっていくだけになります。

参考になれば幸いです。

あとは、気軽にメルマガは書いてください。村本は誤字脱字や文章表現がおかしいのも

実は、わざとだったりしてます。そういう物でも許せる人をお客さんとして迎えたいという気持ちもあります。恨みぽい人とは付き合いたくないという一心です。こういった基準も参考になればと思います。

失敗したくないからと何もしないのが最高の失敗という事を知ってください。まあどこでも言われてることなので、書く必要がないかもしれませんが、もう一度言いますが、

メルマガというのは、気軽に書くべきものです。

ブログと同じように、簡単に気軽に自分の考えを広めていくツールです。肩の力を抜いて楽にやっていきましょうね

それでは以上です。

 

 

コンテンツ起業法メルマガ

記事を読んでくださってありがとうございました。無料のメールマガジンでも情報をお届けしております。ブログでは書けない情報なども書いております。またコンテンツ起業法という140ページの無料イーブックも付いてきますので、よろしければ受け取ってくださいね。