セールスファネルを100%先に作るべき理由パート1

どうも、村本です。

ところで、なんでセールスファネルを先に作るように僕は、クライアントさんをはじめ、メルマガの読者さんやブログの読者さんに伝えているのかというと、

マネタイズの道を先に作っておかないと行動の意味が殆どないからです。

 

売る物が無ければ、何も始まらないのです。なので100%僕らは先にファネルを作っておくことが大事なのです。

今日の記事では、セールスファネルについて出来るがぎりわかりやすく伝えればと思います。

今日の記事は以下の2つの解説

  1. セールスファネルとは
  2. それぞれのファネルを人の目に見せる方法

 

セールスファネルとは

セールスファネルとは、基本的には以下のマネタイズの流れを作ることを言います。

  • リードマグネット
  • フロントエンド
  • アップセル
  • バックエンド

基本的には、たったこれだけを先に作る事に最大の力を注ぐだけになります。

リードマグネットとは?

要するに、無料で配布して興味のあるリストを取るという事です。
  • 無料イーブック
  • 無料動画コンテンツ
  • 無料音声コンテンツ
  • 無料メール講座

こういったものです。あなたもよくみたことがあるはずです。

基本的にはオプトインページを使って配布するようになっています。

 

フロントエンド

簡単に言うと、初めてお客さんに有料で販売する製品の事です。比較的価格帯が安いですね
  • 1980円 例:初心者がWordpressをマスターするための方法
  • 2980円 例:初心者がメルマガを始めるための方法
  • 5000円 例:月にワードプレスだけでアドセンスで3万円稼ぐ方法
  • 9800円 例:メルマガアフィリエイトで月に10万稼ぐ方法

アップセルやバックエンドの販売価格にもよるのですが、大体このくらいの価格帯であることが多いです。価格のわりに、質とボリュウムを高める事で、あと後の製品販売が成功しやすくなります。すべては自分次第ですね。

この価格なので此の程度でいいや、と思うと後々の製品を何も買ってくれなくなるので最大の力を振り絞り、価格の10倍の価値を提供する事を目安にしましょう。

1980円ならば、19800円の価値

2980円ならば、29800円の価値

という感じです。

 

世の中には、オフラインのPC教室でネットバンクの開設方法と、アフィリエイトASPの登録方法、ネットでお小遣いを稼ぐ方法を

なんと、5万円で販売している場所も全国に多数あるのです。

問題はどれだけわかりやすく初心者を引き上げることができるのか?という事をやってのける人がお金を稼げます。

ネットで教えるわけなので、対面ではありません。

なので文章や動画、音声などを使って、分かりやすさを追求すれば、簡単にフロントエンド製品は作製することが可能です。例えば、あなたがアフィリエイトで3万円稼げたとすれば、そこまでやったすべての事を解説しましょう

例:yahooメールアカウントの作り方、A8ネットの登録方法、画像キャプチャーのやり方、コピーエンドペーストの方法

ムラモト
こういった、基本的な事は、自分がわかっていると思っても、分からない人が居るのです。これを教えてあげれば、ありがたいのです。なので、じぶんのやってきた事で身に付いたことや、知っている事は教えてあげれば、立派なフロントエンドになります。

アップセル

これは、非常に簡単に言いますが、フロントエンドのバージョンアップ版です。

フロントエンドに、「例:初心者がWordpressをマスターするための方法」1980円 を設定した場合

アップセルには、「例:Wordpressの記事の書き方講座&アクセスアップ記事の書き方」15800円

というような設定になります。

これはあくまでも例なので、参考にしてください。フロントエンドのバージョンアップに何を持っていくべきか?という事を考えながら作成してください。

 

バックエンド

バックエンドを簡単に言いますと、フロントエンドやアップセルに関連する高額な製品という事になります。
フロントエンドに、「例:初心者がWordpressをマスターするための方法」1980円

アップセルには、「例:Wordpressの記事の書き方講座&アクセスアップ記事の書き方」15800円

バックエンドには、
「例:Wordpressで1日3000PVになるための方法」39800円 ・「例:個別コンサルティング」月額19800円

というような設定になります。

ここまでの解説で、

  • リードマグネット
  • フロントエンド
  • アップセル
  • バックエンド

という事を説明してきました、では次に、

それぞれのファネルを人の目に見せる方法

リードマグネットで配る製品を決めた、フロントエンドで販売する製品を決めた、アップセルも決めた、バックエンドも決めた。

ですが、作成した、だけでは製品は売れることもないし、人の目に触れることがありません。そこで、必要になるのが、

販売サイトという事にになります。

リードマグネットをネットで宣伝開始する方法

これは、オプトインページをつくる事で宣伝開始できます。
オプトインページというのは、リードマグネットを無料配布する代わりに、メールリストを残してもらう事や、line@に登録してもらう事を言います。

なので、基本的には文章を使い、魅力を伝える事です。以下のようなページを作って、文章を使い配布するリードマグネットの魅力を伝える事です。

フロントエンド・アップセル・バックエンドをwebに公開する方法

これは、販売サイトをワードプレスなどで作ることで簡単に公開できます。

販売サイトというのは、そのままなのですが、売るページになります。

今の時代ワードプレスには、固定ページやランディングページというのが、デフォルトで付いています。例えばあなたが今見ているこのページは、フルサイズ1カラムで作られたページです。

基本的には、1ページの縦長のページを作り、文章を使って魅力的に販売する製品を宣伝していく事になります。

非常に単純ですね。ただし、文章だけで販売するので、

コピーライティングというスキルを使い、セールスレターの作成をやっていかなければいけません。

ここには、技術が必要になるので、少し勉強が必要ですし、製品作製と同じくらい大変な作業なので、ココだけは、ちょっとだけ嫌な事だと思います。

ですが、将来自動でお金が入る様な人生にしたいとか、記事を投稿するだけでお金が入るようにしたい場合は、やっぱりこの個所からは、逃げれないので、あきらめて下手糞でかまわないので作ってほしい個所です。

参考までに、いぜん書いた記事の中に、3つのセールスレターの型を開設した記事があったので紹介しますね。

PASONAの法則で顧客獲得!見違えるようなセールスレターへ

AIDMAの法則とは?効果的にセールスを行う基本!

クエストフォーミュラとは?セールスレターの基本原則!

お勧めは、クエストフォーミュラです。初心者でも成果が出ると評判の高い書き方になります。

では、テンプレをプレゼントします。

ひな形を差し上げますね。あんまり、こういうひな形を提供するのは、コピーライターからすれば良くないと、批判をされるのですが、初心者だったり、これから実践していくあなたは、こういう物が欲しいと率直に思うはずです。

というのは僕もそうだからです。クライアントさんたちに提供しているのとは、ちょっと違いますが、実践的に使えるものが一番欲しいですよね(笑

以下の通り、書いてもらえれば制約は取れます。

  1. フロントエンドのセールスレターひな型
  2. アップセルのひな型
  3. バックエンドのひな型
1.フロントエンドのセールスレターひな型
  • ヘッドライン
  • サブヘッド
  • 証拠や権威者の声
  • ストーリー
  • 教育
  • 解決する製品がここにある
  • 製品画像
  • 製品の解説をする(ボレット・目次など)
  • 希少性
  • 申込ボタン
  • 特典
  • 保障
  • 理由copy
  • あなたの一言と署名
  • 申込ボタン
  • 追伸1
  • 追伸2
  • 申込ボタン
  • 特定商取引・プライバシーポリシー

 

2.アップセルのセールスレターひな型
  • ヘッドライン
  • サブヘッド
  • 製品紹介
  • 製品の解説をする(ボレット・目次など)
  • 希少性
  • 申込ボタン
  • 特典
  • 保障
  • 理由copy
  • あなたの一言と署名
  • 申込ボタン
  • 追伸1
  • 追伸2
  • 申込ボタン
  • 特定商取引・プライバシーポリシー

アップセルは、フロントエンドとは、違って簡単に書くだけで結構です。というのは、アップセルはフロントエンドのバージョンアップ版であり、フロントエンドを買った人にしか案内しないからです。

だから、ストーリなどの個所は必要なく、コピーの文字数は3000文字~5000文字程度の少ない文字数で要点だけ書くようにしましょう。

3.バックエンドのセールスレターひな型
これは、売る物によって全く変わってきますので、フロントエンドの書き方を基本にして、考えていく事です。

例えば、高額な製品の場合は、フロントエンドの書き方以外に、さらにお金の教育個所や素早さの教育個所、人生観や素直さの教育などが必要になります。

また、真逆の考えで、販売サイトが要らない場合も考えられます。普段メルマガやブログなどで絶対的な信頼関係を気づいている場合は、申込ボタンだけでOKな場合もあるのです。

この辺は、わからなければ相談してください。というのは100人いれば100通りのやり方があるので、決めれないというのが正直な気持ちです。

さて、上記のひな型の通り書いてもらえれば、成果は出ます。

大きな成果を出すには、テストを繰り返すしかないのですが、まずは上記のような書き方でフロンエンドのレター・アップセル・バックエンドを書いてみてくださいね。

続きを書きたかったのですが、やっぱりもう4000文字近いので、長いですね。

次回に続きは書くことにします。

今日はココまでです。

まとめ

まとめ

  1. セールスファネルとは
  2. それぞれのファネルを人の目に見せる方法

次回は、ファネルをつなげる役割がステップメール、リードマグネットを広めるだけ、という、今日の続きを解説しましょう。