ステップメールは4通でOKである。

あなたは、ステップメールを書いた経験がありますか?書いたけど反応がなくあきらめていましたか?今日はそんなあなたでも簡単に書けるようになってもらうためにお伝えしていきます。

  • なぜ、4通でOKなのか
  • 買う側の視点で考える
  • 主張を信じてもらえれば良いわけです。

この記事の動画は以下をどうぞ

なぜ、4通でOKなのか

4通でOKな人と、そうではない人がいます。この場合、4通がOKな人は、普段の情報発信で信頼関係が構築できていることが条件です。

信頼していれば3通でもOKだし、1通でも買うからです。

買う側の視点で考える

先日、10万円のコースを買いましたし、これまで多くの高額なコースを買ってきました。

なぜ、高額なコースを買ったのかは、

  • リードマグネット(普段の情報発信)
  • 配布用のリードマグネット(無料オファー)
  • ステップメールの中でのコンテンツ
  • フロントエンド(低単価のコース)

これらで販売者が好きになったからですし、信頼したからです。ですから、彼の出すコンテンツは残らず食べていましたし(笑

彼のならば、レターを見ずとも買う。と思ってました。

そんな人が、過去に数名いた経験があり、彼らのコースや指導を受けて、おかげさまでここまで来れています。

私自身も結構お金を使って、学習をする人なので、実際に身銭を切ることで購買心理を分析するようにしています。

その時になぜこの製品を買ったのか?

  • 買う前の感情
  • 買った後の感情
  • 買ってコースを受けたときの感情
  • 買ってコースを受け終わったときの感情
  • 買ったコースを実践しているときの感情
  • 買ったコースで成果が上がったときの感情

というように、自分の心理と感情を分析しています。

購入する講座よりも、どっちかというと、なぜそこまで至ったのか?と改めて考えていく事で、自分と同じ人間である見込み客や顧客も、似たような心理が働いているだろうと考えています。

ですから、ステップメールが21通だろうが、信用できない人は信用できないわけですし、好きな人であれば、1通だけ売り込みが来た時に、思わず買ってしまう可能性もあるわけです。

主張を信じてもらえれば良いわけです。

では、あなたがもし、あなたの主張を100%信じてもらった場合は、どうなるとおもいますか?そうなんです。あなたは、売り込みをせずとも売れていく毎日を経験することが出来ます。

大枠から解説をしますが、

信じる人は信じてもらえます。

信じない人は信じてもらえません。

不平不満口泣き言悪口文句を言う人を素直に信用できないように

明るい言葉、ありがとうや、感謝、うれしいとか、楽しいとか、ワクワクが伝わってくる人は、なぜだか信用が出来るのです。

左脳的に考えるとロジックでは理解できませんが、右脳的に感じていくと理解できると思います。それを、図るには、やはり普段あなた自身が、楽しく、そのことについて語っていると、同じ波動、波長、周波数の人が、どこからともなくやってくるのです。

しかし、眉間にしわを寄せて、努力と根性でやっていると、同じような人が寄ってきます。これが悪いとはもちろん言わないです。

例えば、Twitterのインフルエンサー達は、並々ならぬ努力をしています。そして、その背中を見せて、まだ稼いでいないフリーランスたちに夢と希望を与えている界隈もあります。

あなたの情報発信の仕方は、自由なのですが、素直に、楽しく、簡単に淡々と継続して、もっともっと良くしていこうって、すでに向こう側にいる気持ちで、情報発信を繰り返されてください。

そうすると、あなたの主張を信じる人が気づいたら何人も周りにいるようになるので、ステップメールで、21通とか回りくどいことをせずとも、要点だけ抑えれば4通でも売れるようになっていきます。

まとめ

  • なぜ、4通でOKなのか
    →信頼関係の構築が出来ていることが条件でした
  • 買う側の視点で考える
    →まずは自分が買ったときの気持ちを思い出すと自然と相手の気持ちも理解できます。
  • 主張を信じてもらえれば良いわけです。
    →左脳的になるのではなく、右脳的に感じていく事。自然とあなたの波長に合う人が寄ってくるから、4通でもOKになっていきます。

アクションプラン

今いる場所が、つまらない場合は、楽しくなるように素直な情報発信にしてみませんか?

なぜ、その製品を買ったのでしょうか?どんな気持ちでしたか?買う前、買った後、実践しているとき?