15年以上ネットビジネスをやってきた村本とは?

世界に通用するコピーを書くための9の法則

今日は、世界に通用するコピーを書くための10の法則についてお話したいと思います。“コピーライティングとは、物を売るために言葉を一定の順序で並べる技術である。”

ですから、今日、あなたがコピーライティングを始めたばかりであろうと、何年もコピーライティングをやっていようと、私が紹介する内容から新しいことを学ぶことができます。
世界に通用するコピーを書くための、初心者に優しい9の方法をご紹介します。

初心者に優しい9の方法

1)ストーリーを書く

商品やサービスを売るためのメールを書く最も簡単な方法は、私の謙虚で正確な意見ですが、ストーリーを書くことです。時間は人にとって最も貴重な資源です。ですから、人の命や存在を奪うような退屈なメールを書いて、視聴者の時間を無駄にしてはいけません。

2)シンプルなストーリーを書く(最大2文)。

1つ目のポイントを踏まえて。ストーリーを書くときは、シンプルで要点を押さえたものにしましょう。もし、最大2文で要点を伝えられない場合は、別の話をするか、肉にたどり着くまで脂肪をカットしましょう。

3)80/20コピーライティング・ルールに従う。

コンテンツの宣伝に80%、執筆に20%の時間を使いましょう。

4)コピーを声に出して読む。

これはとてもパワフルなことですが、誰もやっていません。例えば、私がセールスページを書いているときは、そのセールスページが日の目を見る前に、すべての文章を10回ほど声に出して読んでいます。面倒くさいですか?そうです。効果はありますか?はい。

5) バリュー・インサートを使う。

価値の挿入は、コンテンツを完璧に「マッサージ」するために私が開発したコンセプトです。投稿の中で、さまざまなタイプの戦略的価値を挿入できる場所を探します。例えば、ユーモア、ストーリー、話題性などです。

6)成功するセールスレターを手書きで書き出す。

偉大なコピーライターであるゲイリー・ハルバートは、このことを強く提唱していました。私がコピーの書き方を学び始めたとき、90日間、毎日*違うセールスレターを書き出しました

これにより、広告をどのように構成するか、また、人々をページの下に引き込むコピーをどのように書くかについて、膨大な洞察を得ることができます。

7) 迷ったら、好奇心旺盛に。

ヘッドラインやサブジェクトラインが良いかどうかわからない?あなた自身に聞いてみてください。”一行目を読みたくなるような内容になっていますか?もしそうでなければ、あなたはやるべきことがあります。

8) 長い文章を短くする。

長い文章は、コピーを実行するのを難しくします。短い方が楽になります。これ以上言う必要があるでしょうか?

9)人々を引き込むためにインフォテイメントを使う。

これは私の大好物です。人々をコンテンツに引き込むために「インフォテイメント」を使うのです。インフォテインメントとは、優れた情報とエンターテインメントを組み合わせる技術です。私たちは、有名人が大好きな文化に生きています。キム・カーダシアンのような有名人が3億5,000万ドルの価値があるのに対し、平均的な大学教授の年収が10万ドル程度であることを考えれば、天才でなくても気づくことでしょう。

このようなテクニックは他にも何十、何百とあります。

ですから、これは決して網羅的なリストではありません。

しかし、ここで紹介した9のヒントを使い始めれば、あなたの文章の質に大きな違いが出てくるはずです。

少ないアクセスでも毎月100リスト獲得「前編」


記事を読んでくださってありがとうございました。集客にお困りではありませんか?少ないアクセスでもリストを獲得する方法で集客の悩みを解決する方法が期間限定配布してます。