アングラな人生ってなんなんかをもう一度

ところで、僕のやっているビジネスの分野なのですが、簡単に言えば、コンテンツビジネスという分野です。

コンテンツビジネスというのは、コンテンツを作って販売する。という簡単な仕事です。

アングラな人たちが、やっているコンテンツは以下の内容です。

アングラなコンテンツというのは、

  1. 映像コンテンツ(youtubeなどの動画コンテンツ)
  2. 音声コンテンツ(ポッドキャストや音声ブログ等)
  3. 文章コンテンツ(ブログ・メルマガ・PDF等)

まあ、アングラと言いましたけど、一般的な人たちが作るコンテンツと大差はありませんね

 

アングラのビジネス分野

なにが、違うのかというと、

好き勝手に人間関係を構築せずにたった一人で自由に生きていくアングラな人生というのを

ビジネス分野で言えば、

DRMを使って、ファネルの中に人を入れていき、自動で物が売れていくビジネス

になります。

つまり、上記のような仕組みづくりをマスターしているから、アングラに生きれるわけです。

今こうやって記事を書いている間にも、勝手にアクセスが集まって、集客して、勝手にリストが集まって、勝手にものが売れています。

毎日放置で売り上げが上がっているのです。

なので、このブログで、こうやって、アングラ起業の方法を公開しなくてもよかったのですが、なにぶん、アンケートの数や、質問のメールなど、かなり多くの人が連絡をしてきます。

今の時代アングラに生きていきたい人が多いという事と、多くの人がアングラな人生を求めているんだなと、いうことで配信しています。

そんなアングラに生きたいわけないじゃん?って思いますか?

いえいえ、そんなことないですよ。

実際、僕はドラクエ10をず~っと5年間やっていますけど、みんな家で誰にも気を遣わずに、ずっとドラクエをしたいというのです。

そんなもん、オタクだけだよね?と思うかもしれませんが、

オフ会というのがあったのですが、普通に可愛い20代の女性や、イケメンな今風の若者、僕ら結婚しているおっさんたちも、たくさんいるんですよ。

芸能人(嵐の二宮君、キリンの川島さん、伊集院光さん、中川しょうこさん等々)

先日、情熱大陸というテレビ番組で、科学者の落合陽一さんも、ドラクエ10をしていることを言ってました。

なので、ドラクエ10の世界っていうのは、一般的な人、有名な人、なにもゲームオタクばかりが蔓延る、ちんけな、世界ではないんですよね。

そんな世界の中で、みんな口をそろえて言っているのが、

「明日仕事に行きたくない、ずっとドラクエしたい、お金は勝手に降ってくればいいのに」

というような、話をよくあちらこちらで聞くんですよね。

 

アングラに生きているのは内緒にしたがいいですよ。

で、たしかに、

友たちや知らない人から、

一般の女性
あなたは仕事は何ですか?
アングラ村本
はい、アングラにネットで稼いでいます

と胸を張ってはとてもではないけど言えません。

だからといって、

一般の女性
あなたは仕事は何ですか?
アングラ村本
えっとですね。インターネットを使って情報ビジネスをしていますよ

とでも言ってしまえば、

一般の方は、

(あ~ネットで詐欺とか人を騙してる、あのなんとか起業家か、、、)

と、偏見の目で見られます・・・特に悪い事もやっているわけでもないんだけどね(笑

まあ、だいぶんメジャーになってきたので、そういう目で見られるのも減りましたが、5年前とかまでは、仕事は何をしてるのか?って言われたときに

マーケッターです。と答えたり、電子通信販売をやっていますとか、そういう感じでした。

なので、アングラに生きるデメリットは、正直に胸を張って情報販売をやっています。とは言わない事ですね。

ただ、それくらいで、あとは自由な人生で、誰にも気を遣わずにやっていけますので、あなたがどう思うのかは、わかりませんが、メリットの方が圧倒的に多いのは間違いないですね。

 

小麦粉を練って生きていました。1日100円未満の人生

以前、まったく稼げていない時期もありました。

毎日100円で生活している時代もあったんですよね。

小麦粉を練って、伸ばして、パスタマシーンもないので、麺棒で伸ばしてお湯の中に入れて、

サラダ油と、ネギとニンニクで作ったオイルに塩か、しょうゆをかけて、手作りのネギそば具なしを食って、しのいでいた貧乏な時代もありました。

お金が無いので、嫁とよく、来月のお金どうしよかな?とか、もうこのままこの世から去ろうか?とか非常に苦労していた時期もあったんですよね。

職安とか、そういう所に行って、仕事探すけど、なんか、リアルで仕事する気も起きないし、やっぱあれですよ。

人間関係を構築しても、なんか理不尽な人生になるじゃないですか?実際、リアルで働いていた時も、1日16時間労働で、

1か月15万円も稼げていなかったし、

ほんと将来も見えないしで、ほんとつまんないし、何で生きているんだろうな?って毎日思ったし、あの世に簡単に行けたらいいのになって、行くときに居たくなかったらいいんだけどな、くるしくなければいいのになって、暗くなりますが、そういうの思ってました。

生きにくくて、ほんと嫌な人生でしたね。

そんな感じで、テレビを見ていたら、ネットで稼げるという情報を、アンガールズの二人が番組でやっていたんです。

そこから、僕の人生は今のような人生になっていくんですけどね。

一番大きかったのは、

 

大ボス先生との出会い

こういうアングラな僕にも、大ボス的な存在が居ました。最近は忙しいのか、まったく見ないのですが、いわゆるメンターです。

2010年だったか、そのくらいの時に、初めてDRMを知ったんですね。

このボスは、当時のなんちゃって稼いでる大先生たちを、非難し、理論的に具体的に、なぜそういうのがダメなのかを、面白おかしく1通のメール文章が、2万文字くらいのメールを1か月に3通かな、そんくらい送ってきている人がいたんです。

2万文字と聞いて、読む気もうせてしまうと思いますが、その人のメールだけは、なぜか腑に落ちてみたくて見たくて仕方が無くなっていくんですよね。

ある日この人が、ネットマーケティングの商材を販売する事を連絡してきたんです。いよいよ販売になって、URLをスグにクリックしました。

もう販売サイトの文字数も、たぶん5万文字はあったと思います。とりあえず、まずは申込ボタンを押してから、あとからレターを読むというような感じで、

後で分かったんですが、これは、DRMとコピーライティングやなどの、文章のスキルを使って、マーケティングをしていることが分かったんです。

購入した商材に、DRMや、ステップメールの仕組みが書かれていて、すごく腑におちたんですね。

 

DRMの教材を買いまくり人生

そのあとは、DRM系の商材を買いあさって、勉強して、

その時は、僕はダイエット商材を販売していたので、早速この仕組みを導入したら、日本3番目かな?

具体的にはわからないですが、1か月の売り上げは最高で300万以上売れたこともあったし、そのくらいまで、ダイエットの商材をインターネットで売ることが出来たんですよ。

ダイエット商材は、冊子版とDL版を用意していたので、忙しかったですよ。

毎日郵便局に顔を出して、冊子を郵便してもらってました。常連さんでした。一番困ったのが、郵便局の人に、

仕事は何をやってるんですか?と言われたときでした。まあ、正直に情報販売ですと、伝えていたんですがね。(笑

夢にも思わなかったですよ。こんな人生になるなんて、

こういう経験から、この時から、DRMさえやっていれば、どんなビジネスでもうまくいく事が分かったんです。

そして、気づきました。

「あれ?おれってば、人間関係もなんも構築してないし、お金も自由になってきたしアングラな人生だな。」

結局は、邪魔なものを一切排除して、やるべきことをやったらそうなってしまうんですよ。

結果的に、それがアングラに見えるんです。

なんて、アングラな人生は素晴らしいんだろうなって、当時からずっと思ってますし、

いまは、こうやって、アングラ起業と題して、ずっとやってますしね(笑

今日はここまでにしますね。

 

感謝しております。

 

村本直

 

 

追伸:20万円のサービスを1か月に10個売ったんです。

そういえばですね。

このDRMを用いて、20万円のコピーライティングのサービスを月に10本申し込みを受けて、8件断ったという経験があるんですよね。

勿体ないんですがね。物理的に書き手が2名しか居なかったので、仕方なかったのですが、

20万円の製品でも、このように売ることが出来るんです。

この方法知りたいですよね?

 

大丈夫ですよ。コンテンツは準備していますので、

明後日あたりに、その方法を紹介したいと思います。

 

以下は、アングラ起業のカリキュラムページです。どのページにでも飛べる便利なページです!

アングラ起業法