オプトインページ作成方法!難しくない普遍的な6つポイント

どうも、村本です。オプトインページというのは、要するに

  1. 自分のビジネスに興味のある人を 
  2. 無料の物を提供して、
  3. 提供する代わりにメールアドレスを教えてもらい
  4. 関係を築いていくための初めのページです。

短期的な付き合いというのは、基本的に僕は考えておりませんので、今回は4番では、関係を築くとさせてもらっています。ネットリテラシーの低い人を狙ったプロダクトローンチで 人を騙すような事をする人は、短期的に稼ごうと考えていますので、以下の様なタイトルでオプトインページを作っていますね。

  • 1日3分のいいね!で月間900万稼ぐ
  • 3日毎に200万入金
  • 仮想通貨で1億稼ぐなど

このような、感じでネットリテラシーの低い方には、魅力的な文章で、オプトインページを作成しています。

慣れている人やこの業界が長い人ならば、簡単に本物は見分けがつきますが、騙された人から色眼鏡で真面目にやっている人も詐欺扱いされたりすることもあり大変です。

なので、オプトインページというのは、せっかく来てくれた訪問者とあなたとの初めてのページですから、あなたの思いや獲得したいペルソナの設定をしっかりと行っていく事が、良質なお客さんを獲得しあなたもストレスなくビジネスをやっていけるカギとなります。

 

オプトインページとは

非常に簡単に言ってしまうと

「獲得したいメールリストを取るページ」となります。よって名前も様々です。

  • ランディングページ
  • オプトインページ
  • リスト取りページ

ランディングページの名前の由来は、着陸という意味からです。誰かしらが検索からクリックしたり、メルマガの中からURLをクリックしたり、ある意味ブログの記事もランディングページという意味です。

広告などで誘導することが多いので、ランディングページと呼ばれています。

村本
これはさ、webマーケッターの方はよく使う言葉だね
ネット初心者cocoちゃん
ふ~んw

 

オプトインページの名前の由来は、(opt-in)これは、加入や参加といった意味で、オプトインページの文章を読んで無料レポートに興味があるから、あなたの講座に参加したいという意味でよく使われます。

これは、ステップメールを使ったマーケティングをやっている人が良く使う言葉です。

村本
これはさ、ステップメールライターの方がよく使う言葉だな~まさに村本がそうだよ
ネット初心者cocoちゃん
そっかwじゃあ、私もこれにしようかな♪

 

リスト取りページの名前の由来は、とにかくメールリストを取るためにパワフルな無料レポートを提供する、良いものを作れば誰かしらが分かってくれて多くリストが取れるであろう的な考え、もうわかると思いますが、これは

無料レポートを作成してリストを集めているメルマガアフィリエイターや無料レポート作成が得意な人が使いやすい言葉です。

村本
これはね、メルマガアフィリエイターの方がよく使う言葉だな~少し前はこの言葉の方が好きだったかもwebで仕事を始めたばかりの人は、まずはリストを獲得して行く事が大事だしこの言い方もお勧めだな
ネット初心者cocoちゃん
そうなのねwどれがいいの?

 

呼び方いろいろありますが、特にこれが良いというのはなく、自分が言いやすい物、好きな言い方でいえばいいです。

こうやって改めてみると、僕はやはりオプトインページが言いやすいと思いました。あなたはどれでしょうか?

 

オプトインページの役割

オプトインページの役割は、一番は

「ペルソナを獲得する事」

これ以外ありません。

非常に簡単に言えば、ダイエットの商材を販売している場合は、ダイエットの無料レポートを作成してオプトインページで無料で配るわけです。

そうすれば、ダイエットしたい人のメールリストが獲得できます。

本当にシンプルで何も難しい事はありません。

それでは次ですが、

 

オプトインページで大事なペルソナって?

先ほど、ダイエット商材の場合は、ダイエットの無料レポートを配布すればよい。というのを言いましたが、これでは、年齢も性別も、対象も大まかすぎて

誰でもOK

という印象になります。一見誰でもOKは、最強でいいじゃないか?と思うと思いますが、ラーメン屋ではないので、誰でもOKではないのです。

ラーメンは、ラーメン好きなら誰でもOKなんですが、よくよくラーメン屋を見ていくと、

店内が清潔であっさりした味わいの鯛塩ラーメンの場合、女性の店員や、女性の作り手、カフェ風な店内にすると、20代~40代の若い女性から清楚な女性が来店する可能性が高まります。

僕のようなおっさんは、非常に入りにくいので、おそらくおっさんたちはこの店には来ないでしょう

では、ダイエット商材(売りたいもの)が誰向けに作られているのか?なんです。

  1. 男なのか?女なのか?
  2. 年齢層は?
  3. 経営者向けなのか?サラリーマン向けなのか?夜勤の人向けなのか?飲食店で働いている人向け?
  4. 何キロくらいの人向けの商材なのか?
  5. そもそもそのお客さんにあなたは同情できるのか?

というように、いろいろな部分を見つめていくのです。5番目を太文字にしておりますが、これが一番大事な個所です。というのは、まず商売は悩みを解決することが商売ですから、お客様に同情できないと手取足取り教えようと思えないからになります。

これは、親切心、愛情といった感情です。

この感情が引きおこることで、

「俺はこの人を心底サポートしたい」

これを思えないと商売しちゃダメです。なので、自分がそう思える人を徹底的にリサーチして、そのような人を絞っていく事。

これが、僕が長年この業界で生きている秘訣なのかもしれませんが、曖昧にしない事を非常にお勧めします。

 

オプトインページで大事なことはわかりやすさ

応今でこそ、ワードプレスなどでスタイリッシュなオプトインページが好まれますが、今と昔の変化はいったいなんだと思いますか?

それは、わかりやすさと文字離れです。

いったい何を言いたいのかを、パッと見で視覚的にわかりやすくなっているのが最近のオプトインページのイメージです。ですが、

今も昔も変わらない普遍的な分かりやすさでいえば、

難しくない普遍的な6つポイント

  • 白黒赤文字
  • 無料イーブックのデカすぎない画像
  • 無料イーブックの名前
  • 紹介文章
  • 登録フォーム
  • 請求するメリットを5個

これだけでいいのです。非常に簡単でしょ?簡単なので、クリックした瞬間に全てがわかるものが好ましいのです。

↓今も昔も変わらない普遍的な分かりやすさのOPページの例

http://biken123.com/cb/

スクロールもできますが、パッと開いきスクロールもしなくてもすべてが書かれていることが分かるかと思います。このページはかなり効果があったので、真似して作ってもらえれば今でも広告効果は非常に期待できます。

今風のスタイリッシュなデザインではなくてもこのような手作りくさい感じで作ってもらえればOKです。

↓一様、今風なワードプレスで作ったものもあります。

https://mailtui.top/lp/kon/

 

どちらのサイトもわかりやすく何を請求できるのかを簡単に書いてあります。

あともう一個の注意点として、スマホやipadなどのタブレットに必ず対応したサイトを作ることです。

 

まとめ

風潮は、今風にしたほうが良いとか、スタイリッシュが良いとか、あるんですが、それは商売だから

「うちのテンプレが良い」

「今風にしたほうが良い」

「デザインを強調しないとダメ」

とかね。いうのですよ(笑

ですが一言だけ

私がこの上記2点の簡単なオプトインページで今もやっているし、今も昔もこの方法で利益を上げている事だけは知っておいてくださいね。

もう一度伝えておきますね。

村本
ペルソナの設定と、手作りくさいのと

  • 白黒赤文字
  • 無料イーブックのデカすぎない画像
  • 無料イーブックの名前
  • 紹介文章
  • 登録フォーム
  • 請求するメリットを5個

十分この、6つでOKですよ。簡単でしょう?^^

 

オプトインページの作り方2018年版

オプトインページ というキーワードで検索からアクセスが多かったので、追加で最近のオプトインページの作り方を紹介しようと思います。

検索エンジンに上位に書かれている記事とか、ほとんどお金出して実践もしていないライターがリライトで書いてあるのばっかりで、書いてもらってある記事が多いです。

この記事はこのブログの管理人が実践している事を書いているので、かなり信憑性があるし、まあ信じてほしい感じです。

最近のオプトインページの作り方は、シンプルに作っていく事が大事です。

実際にコレを見てもらったほうが良いです。

 

 

  1. ヘッドライン
  2. サブヘッド
  3. 無料イーブックの紹介
  4. フォーム
  5. 注意点

怪しくないように、しかもシンプルにわかりやすく作っていく事

昔のように、どうしてでもオプトインさせようとする風潮でやると返ってリストは取れないので、入る人は入るくらいで勝負してください。

やはり、日頃からブログの記事を充実させて、信頼関係が出来上がった人しかオプトインしにくくなっているので、記事の充実化を先に図ったほうが早いです。

コンテンツ起業法メルマガ

記事を読んでくださってありがとうございました。無料のメールマガジンでも情報をお届けしております。ブログでは書けない情報なども書いております。またコンテンツ起業法という140ページの無料イーブックも付いてきますので、よろしければ受け取ってくださいね。