1記事3000文字が普通になる為の3つの心構え

コンテンツマーケティング

こんにちは、永山です。最近はメルマガの記事などで毎日5000文字前後書いております。ブログの記事はそこまで力を入れておりませんが、力を入れるときは文字数が多くなることがあります。

文字数はあんまり検索エンジンとかには、関係ないように思いますが、最低でも2000文字はあったほうが検索には乗りやすいという風潮です。

本当かどうかはしりませんが、ルール的に2000文字以上は書こうとかよく聞きます。

まず、文字数に関していえば毎日3000文字というのは、さほど難しい事ではないと思います。その理由は?

1記事の文字数3000文字が難しくない理由

実際、今ここまでの文字数が270文字をすでに超えています。単純にあと10倍ほど書けばいいだけであり非常に簡単なのです。

さて、まずは難しくない理由を一つ目

 

1記事の文字数3000文字が難しくない理由1

思ったことを書くようにすることです。

そもそも、ブログなんて、日誌を書くための物だったはず。なのでコンテンツSEOとよく言われていますし、人のためになる事をまとめて書かなければいけないという、気持ちが壁になって、思ったことを口にできないとか、よく聞きます。

良いんですよ。日誌感覚で、書きながら自分が書く事への障壁を取り払えば、心で今思ったことがそのままタイプできるようになります。指と脳がつながっているかのようになる事が、ブログの記事を書く条件というか、これって書くしか方法がないんですよね。

書いているうちに、ある日なぜか?指が心で思った事をタイプできるようになります。

しゃべっているのと同じ感覚ですよ。

1記事の文字数3000文字が難しくない理由2

何かを発言したらその発言した事の解説が必要だから

実はなんですが、このブログの記事は3000文字書けるかどうかなんて目安を立てていません。なんとなくタイトルを決めてタイトル通りに書きなぐっているだけのいい加減な記事なのです。

まあ、見る人によってはためになるのかもしれませんがね・・そう願ってます。

で、何かを発言すると、必ずなんでその発言なん?というその理由を知りたくなるのが人間ですよ。知る権利が自然と働くんです。

だから、何かを発言したら、その発言に対しての、正当性を認めてもらうために、あらゆる角度で解説して、自分が発言したことが本当の事であることを、証明する事です。

パターンA

ネット初心者cocoちゃん
わたしさブログを書いてるんだけどみてよ!
イケメン永山
・・・

 

パターンB

ネット初心者cocoちゃん
わたしさブログを書いてるんだけどみてよ!
イケメン永山
・・・
ネット初心者cocoちゃん
永山さんってポメ好きだったよね?ポメラニアンのさコンテンツを配信するから見てほしくてwテヘ
イケメン永山
お!そういうことか!みるみるURLラインで送っといてよw

 

これ、普通の会話で見たらわかるように、みんなBだと思うんです。なんで見なきゃあかんのか?その解説があると、見ようって気になるんですよね。

ブログの文字数もこの何かを発言したら、発言に対しての解説があると、相手に文字や話を聞く理由を与えることが出来ますよね?

ようは、一石二鳥なんです。

文字数も増えるし、相手に見る理由や価値を提供できるという事です。

なので、自然と文字数が多くなってしまうのは、仕方のない事であってもしあなたが文字数増えないな~って場合は、発言に対しての理由や解説や事例など入れてみてください。

そうすれば、2倍も3倍も簡単に書けるようになりますよ。

1記事の文字数3000文字が難しくない理由3

自分のレベルを向上させたいから

これ、実は私熊本に住んでいまして、去年の3月にちょうど震災にあったんです。その時に家が結構すごい事になってしまって、家全体をリフォームしたりなんかで、ほんと大変でした。

自分のメルマガのファンとかからも応援の言葉などもたくさんいただき感謝としか言いようがないのです。

で、この時にですね。僕は言え居ながらPC一台で仕事しているわけで、大工さんとかいろいろ家に入ってきて、一生懸命に仕事してくれてるんです。

なんか、それみて俺も負けてられないってことで、ちょうど1年前から考え方がシフトして、俺の仕事は書くことだから、毎日3000文字くらい書かないとプロじゃねえなとか考えちゃった部分もありました。

もちろん、僕はぐうたらなので、毎日しないし、1記事1500文字とかで終わることもありますよ。

でも書くときは1記事1万文字とか、5000文字とかは普通に書いております。

実はこの記事を書く前に5100文字ほど、メルマガの記事を書いてきましたし、本当によく書けるようになったもんだって、自分の事を少しばかり尊敬してしまいます。

やっぱ、震災とか何か不幸なことが起きたときに、人間って変わるんじゃないかって思います。

背水の陣?とかそういうもんでしょうかね

 

1記事3000文字が普通になる為の3つの心構え

さて、本題です。

心構えと、先ほどの理由は似てるのですがね。心構えは、

 

自分はたいしたことはないという心構え

これね。一番初めに持ってきたのは一番大事だったからです(笑

ほら、いっぱいいるでしょ?何かを発言して毎日いっぱいいっぱいの人例えば、飲んだくれておれは偉いとか言ってる会社の役員の人、偉そうにしてると、えらいことをしないといけなくなるから本当に大変です。

いつも、えらいそうなそぶりをしなきゃいけない。という私もこの記事のタイトルに3000文字っていちゃったから、もうふうふう言いながら、文字数を増やしている感が漂い始めています(苦笑

ハアハア

でね?

たいしたことないからって、思ってると、偉ぶる必要がなくなるから自由気ままに思ったことを言えるようになるんですよ。

その結果文字数も増えてきちゃうんです。

 

天上天下優雅独尊の心構え

これ非常に深い言葉です。ヤンキーとかが特攻服にこの天上天下唯我独尊ってかいてるんですが、あれじゃないですよ(笑
これなんなのかっていうとですね。

釈迦様が『天上天下唯我独尊』天にも地にも我より偉いやつは
いないんだ。

生まれてから七歩あるいて、上を指して『天上天下唯我独尊』とおっしゃったそうです。

1回だけ言ったそうです。

これ、一回だけ自分でいって、心でそう思ってるそう心で決めている状態にしていると、褒めてほしい褒められたいという気持ちがなくなってしまうんです。

だって、自分より偉い人がいないのだから、褒められなくてもよくなるのです。

でね。

褒められたいと思うと、本当に大変なんです。ものすごい努力が必要になるんです。「俺は文章だけで物が売れるんだ」っていうと、これほんと大変なんですよ。なので、永山はこれをこうしたんです
「誤字脱字でもへたくそでも文章だけで飯が食えるよ」と、こうすると、非常に敷居が低くなって行動しやすくなるんですよ。

で、わかってくれる人だけついてくればいいと思ってりゃいいしそうやって、褒められんでも良いし売れんでも売れてもどっちでも良いから、とにかく永山は、
「読み手に幸せになってほしいな」
「読み手にたのしんでほしい!」
という、親の教育なのか、なんなのかわからないけど、相手のために何かやってあげようって思いながら一定の人物の顔を思い浮かべて書いてるうちになぜだか、文章が書けるようになって、売込みの仕方もわかるようになったし、ステップメールも数時間で書こうと思えばかけるし1日1万文字のブログの記事も更新という、自分にとってはすごい事もこなしてしまいました。

これ、別にだれからも褒めてもらわなくていいんです。

自分で、自分をほめればいいだけです。

自己満足の世界かもしれませんが、

『天上天下唯我独尊』
これを自分の中に思い、人のために書いたり、逆にあの頃のような悔しい気持ちを思い出して、励みにしてもいいしマインドセット的な話が多いけど、マインドセットなしでは、どうあがいても、こんなに5年も10年もたった一人でやってません

 

批判されても別にいいじゃんという心構え

さて、もう3000文字を書き終えて、この箇所を書かなくてもよさそうになってきてるんで話しません

・・・

というのは冗談で、まあ本心は本心かもしれませんがね(笑

アハハ

これもね結構大事ですよ。批判されても別にいいじゃんという心構えです。アンチは必ず出てくるのがもうこの世のルールで諦めるのが一番です。

諦めるっていう感じね。明らかに眺めると書いて、諦めると本来は呼ぶんですよね。

そういう人もいるし、ファンもいるんだし、だったらそういう批判的な方の意見は、一切聞かないで、ファンが何を考えて、何に悩んでいるのかの人生の時間を使ったほうが、どう考えてもお金につながります。

アンチは何を言っても何をあがいても、あなたの製品を買ってくれませんから

それより、一人でも多くの顧客や、見込み客のために、自分が一体何を通してためになるコンテンツを出していけるのかを全身全霊込めて文章を書いたほうが、効率的です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?考え方次第で文字数は増えます。考え方を軽んじる人が結構多いような気がしますが、考え方って非常に大事な事であって、仕事もお客様の悩みなどを解決するためにするから、スキルばっかり向上しても、人のために何が出来るんだろうかっていう部分が欠落した人の記事ってつまんないし売れない。

よく、起業して飛躍的に精神面が向上するひといるでしょ?あれって自分が会社の社長になって、自己責任の重さや何一つ人のせいではなくて、全部自分のせいだったという事に気づいた人が、心もお金もエネルギーが増えているんですよね。

ブログって、個人が書こうが、ブログという一つのある意味、自分の世界で市場なわけであって、あなたの責任が問われる場所でもある

それと同時に、何をやっても自由というメリットもある。

あれ?なんか文字数と関係ない話になってるのでそろそろ切りますがね。このように自由に文章を書く、初めに3000文字って言ってたけど結果的に4000文字以上でこのブログの記事を終わりたいと思います^^

 

感謝します。