無料レポートスタンドの歴史を見ればわかる事!お勧めのスタンドの紹介

無料レポートスタンドに登録して結果の出るジャンルがあります。それは稼ぐ系と恋愛系、アダルト系です。ほかのジャンルの場合は、あまり効果が期待できませんのでこの3つのうち当てはまる方だけ活用することをお勧めします。その理由は無料レポートスタンドの歴史を見てくことで理解できます。

無料レポートスタンドの歴史

これは、個人的な意見なので一概には言えませんが、私なりに約10年間見てきた感想です。まずは無料レポートスタンドの歴史を見ていきます。私の記憶によると、非常にあいまいなのですが、ネットでアフィリエイトを開始したのが9年前です。

その時に、インターネットビジネスという小さな市場で、メルマガの発行が盛んになり、神田正則さんのDRMや本田健さんの無料小冊子戦略を合体させたマーケティング方法を誰でも実践できるようにノウハウが販売されだしました。

2008年ごろだったと思います。

当時、日給8万円という商材で有名になったオズさん、1億7800万の売り上げというメガヒットで知っている人もいらっしゃるかもしれません。オズさんの商材の内容を大まかにいうと、繰り返しの技術のノウハウです。

繰り返しの技術とは

  • 繰り返し行動して
  • 繰り返し無料レポートを紹介し、
  • 繰り返しどうなったかを証拠を見せながら報告し、
  • 繰り返し有料の商材を売る

という、繰り返しの方法です。

商材内容は、完全動画解説で作り込まれた商材29800円でした。このノウハウは動画、PDFで完全図解で分かりやすく、初心者が中級者になり、そして上級者になる事が出来るノウハウとして瞬く間に広がり、

お客さんたちは、商材内容で進められているライブドアブログを使い、上から無料レポートのお知らせをするためのポップアップ広告が降ってくるブログばかりでした(笑

とにかく、どこを見回しても上からポップアップ広告が降ってくるブログばかりでオズさんのノウハウがどれだけ浸透していたのか一目瞭然でした。

この商材で主に進められていた無料レポートスタンドは、まぐぞうとメルぞうだったと思います。日給8万円が販売された時期は、2006年の6月か7月ごろだったと思います。間違っているかもしれません。

そして、まぐぞうが開設された時期は2005年の11月~2006年の2月ごろにできたと思います。メルぞうは2006年の6月~8月頃にできました。

日給8万円商材の影響で、まぐぞうとめるぞうが大きくなり、日給8万円で成功した方々の商材の内容にも、同じく無料レポートスタンドの活用方法が書かれていました。つまりはこうです。

無料レポートスタンドは
稼ぐ系の成功者達の紹介とその商材を購入してきた人々の活動で大きくなってきた

ということになります。

無料レポートスタンドで稼ぐ系以外で、恋愛系やアダルト系が人気なのは、インターネットで最も人気があるジャンルが、皆隠したがる、アダルト系だからです。

これは人の本能の部分なので致し方ありません。

さて、歴史を読み解いて、稼ぐ系や恋愛系アダルト系がのレポートが効果があることが分かっていただけましたでしょうか?もしこの3つのジャンルのビジネスをやっているのでしたらこれから下を読み進めてください。きっと役に立ちます。

 

無料レポートスタンド一覧

ネット上に、沢山の無料レポートスタンドがあります。有料会員で使えるもの、無料で使える物、審査が厳しい、審査が甘い、審査がないスタンドによって様々です。

メルぞう

muryosuta1
  • 審査あり
  • 審査は厳しい
  • 有料

日本で1位、2位を争うレポートスタンドなので、無料レポート戦略を行う場合は、ぜひ新規無料登録をしておくべきです。1か月後からは課金が始まりますが、それなりの効果は期待できそうです。

以前、無料レポート紹介メルマガという企画を行った際、1日1通無料レポートを紹介するという企画をやりました。その時に協賛ポイントで1500人のメルマガリストが増えましたのでユーザー数は多いと言えます。

 

まぐぞう

muryosuta2
  • 審査あり
  • 審査は厳しい
  • 登録無料
  • 登録審査あり

まぐぞうは、登録審査があります。審査基準は、一言でいうと自分が管理しているメルマガ情報とまぐぞうに新規登録する際に書く情報が一致している必要がある。という事です。あとは不適切な物。これも通りません。不適切というのはまぐぞう独自の基準なのですが、おそらく法に触れないものや誹謗中傷こういった事を不適切だと判断しているだと思います。

また、審査に落ちても連絡が来ますので、直接「○○を○○に書き換えましたがいかがでしょうか?」というような聞き方をする事で回答してもらえます。土日祝日は休みのようですので、平日に審査したほうが良いと思います。

スゴワザ

muryosuta3
  • 審査なし
  • 有料

以前までは、無料ですべて使えましたが、現在年間費8200円で100個までレポートを登録することが出来ます。

ほかにもありますが、とりあえずこの3つでよいと思います。この3つでよい理由は、実際にリストがたまる無料レポートサイトだからです。ほかにも多数ありますが、この3つほどはあまり効果が期待できないからです。

 

まとめ

無料レポート戦略行う場合は、必ず3つのサイトには登録しておきましょう。まぐぞう以外は有料になるのですが、人はお金を払う事で本気になれますしやらざる負えない状況に、自分を持って行ったほうが行動力が上がり結果を出しやすくなります。ほかにも無料で使える無料レポートサービスが多数あるのですが、無料で使えるがゆえに審査もゆるく、平気で人の文句を言うような、利益化できないリストなども混ざる恐れもあります。

無料レポートスタンドの歴史を見てわかってもらえたと思いますが、稼ぐ系のリスト獲得にはもってこいです。ぜひご活用ください。

 

無料レポートの作り方!クオリティーを高くする簡単作成方法

コンテンツ起業法メルマガ

記事を読んでくださってありがとうございました。無料のメールマガジンでも情報をお届けしております。ブログでは書けない情報なども書いております。またコンテンツ起業法という140ページの無料イーブックも付いてきますので、よろしければ受け取ってくださいね。