先生が良いから生徒が良くなるは大きな間違い

常識と思われている事

世間を見渡していると、出来るだけ良い先生に自分の子供をお願いしたい人が多いです。ですが肝心の子供は本当のそれをしたく無かったり、親に気に入られたくて演じていたりします。

そして、良い先生のもとでよい人間が育っていく。

というのが、普通に考える人たちの思考のようです。

では、わたしの経験や話をしていきます。

学校の先生と師匠の違い

学校の先生は一般的なお勉強を教えるための仕事をしているだけで、たまたま先生と呼ばれている人たちのことを言います。

先生と呼ばれることで、なぜか自分は偉くなったように感じる人も少なからず多いようで、まるで何かを悟ったようにする先生もいます。勿論、全員がそうではありません。なぜこんな話をしているのかは、私が中学校だった時の教頭先生が、まさにそれだったからです。

学校の先生というのは、あくまでも、先生というジョブ名を与えられた本当の先生ではないというのを覚えておいてください。

では、本当の先生というのはいったいどういう人?

それは、叩き上げで自分の力で上に這い上がってきた人です。

貪欲に勉強をし、メンターを見つけて課題や言う事をまっすぐに聞いて、長年の年月をかけてマスターした人、もしくは、その途中の人を本当の先生だと僕は思っています。

彼らは、実践者であるがゆえに、知っている事も多く、生きる事に対してエネルギーがあふれています。様々な面で優れているのです。

雇われてお金をもらう先生

自分の力でお金を稼いできた先生

さて、どっちが臨機応変さがあり、人の痛みを知っているでしょうか?もうわかると思います。彼らは、常識が無い事も特徴の一つです。

常識の中で動いても成果はその形の中で終わりますが、非常識に行動しているので、成果も見たことが無いような金額を稼ぎだしたりします。

お金の面だけではなく、精神面も優れており、失敗しても「はい、つぎ」と失敗の中でしっかりと、何かを得てプラスに考えるのです。

執着もなければ、行動も軽く、素早く、軽やかで感謝も多いという印象を受けます。思っていたよりも腰が低かったり、楽しい人が多いように感じています。

何よりも、愛があります。

生徒と弟子の違い

たとえば、あなたがネットビジネスを頑張ろうと思ったとします。そして、次にそうなっている人を探すと思います。そして、実際にそういう人が居て、お金を支払って先生になって貰いました。ここで、分かれ道が出てきます。

A:一般人マインドセット
B:成功者マインドセット

どんな人でも、どちらにでも転じる事が可能です。

では、私のもとにやってきたクライアントの中で、成功していった人の多くは、どちらの人が多かったのか?というと、もちろんBのマインドセットで入ってきた方ばかりです。

一般人マインドセット

正直このような方は成功することはありません。学費を支払ったので、あとは先生が何とかしてくれと、思っている人間です。

学費を支払ったので、成功するためにやる事を事細かに教えるのが義務だと、責任を相手にゆだねる人間になります。

この人たちは、自分で考える脳があるのにも、面倒に感じて、すべて先生に投げてしまいます。よく見ますよね。塾に通いさえすればどうにかなる。

そんなのは、暗記で済んでしまう。学校の勉強だけになります。本当の世界は、暗記だけでうまく行くほど甘くありません。なぜなら、答えはその時により、人の感情で変化していくからです。

1+1=2だろ。なんで2じゃないんだ!と激怒する癖があるようです。

成功者マインドセット

このようなあなたは成功する確率が格段に上がります。なぜなら成功するかどうかは100%ではないと、既に知っているからです。何事もタイミングがありますので、うまいことその流れに自分の手を入れているのか?どうかを楽しみながら生きているからです。

最低限このマインドセットを持っている人は、師匠の言う事を聞きます。

「ブログをまずは100記事下手でも良いからやってみな」とそうすると、1か月で100記事書いてきて、書いた感想などを感謝の言葉とともに伝えてきます。

もちろん、たいていの場合は、アクセスがすぐにやってくるわけでは無いのですが、書くのがうまくなった、この機会を与えてくれてうれしかったという感想を述べてきます。

彼らは、どうすればうまく行きますか?とは聞きません。どうすれば確率を上げる事は出来ますか?と聞いてきます。

このようなニュアンスで質問してくる人には、私はこう伝えています。

「もうあなたは大丈夫。ありのままの自分に戻っているので、さらに自分らしく生きてください」

と、そうすると、あとは自分で、どうすればいいか?を頭を使い考えて、迷いがなく進んでいきます。たまに、こんな質問も来ます

「村本さん、今これをしているのですが、村本さんの意見も参考にしたいんです。」

こんな質問が来るときは、素直に回答して楽しむようにしています。

楽しめない感覚になるときは、たいてい、間違ってはいけないという、精神状態でわたしに責任を押し付けているのが感覚で分かってくるので、その後は、やめてもらっています。

教わる人には敬意を払う生徒視点と先生視点の話

答えを言ってしまえば、教えてもらう人に対しては、学校の先生のように扱ってはいけないという事です。

あるクライアントがいましたが、自分の人生においての責任が、ぜんぶ相手のせいにしている方がいました。しばらく様子を見て、天国言葉を教えていきました。

初めの段階では、信じられていませんでしたが、時間が経過するごとに少しづつ、ありがとうや、感謝などの言葉を使えるようになっていきました。

しかし、ある時にため口になってしまい、頭の中が?マークで思考が止まりました。まあ、これも私の修行だと悟りました。

しばらくして、私の言う事を何も聞かなくなり、ありがとうも言わなくなっていきました。そして、ある日、違うメンターを見つけたのでやめると連絡が入り、やめていきました。

この人の特徴は、自分で考えようとする傾向がなかったので、私が代わりに考える事に致しました。「こういうのをしたらいいよ。」と何回も伝えても、首を横に振り、「う~ん」と私のアイディアを裁判するのが得意のようでした。

(おそらく、そうやって生きてこられたんだろうな~と感じました。まだまだ、この人は学びの時なんだな。と正直思い。付き合って行く事にしました。)

「う~ん」ではなくて、「なるほど!」とか「ありがとう」が本来は初めに出てくるべき言葉なのです。

理由は、自分の代わりに自分の人生が良くなるためのアイディアを命の時間を使って代わりに考えてくれている事が、実は感謝の対象というのを、この方は知らないのか?はたまたすぐに忘れてしまうようでした。

一言で言えば、あまり感謝が無いという事です。

上記の黄色マーカーの、基礎的な事を理解できない人間を入れてしまった、私の責任なので、最後まで尽くさせてもらい遊ぶことにしました。

逆視点から言えば、人に尽くす機会を神が与えているという見方もあります。

ただ、すこしばかり、自己犠牲になっていたので、むこうからやめると言ってくださったときには感謝しかありませんでした。

そうです。私の修行はそこで完了したと神様から声が聞こえた感じです。いくらメンター料を頂いていても、もう二度とこういう人はお断りだと思う機会を得る事が出来てうれしかったです。


さて、上記の文章の中には、教わる人間には敬意を払うべき話と、敬意のない人間を入れてしまった場合は、どうするべきか?の話を書きました。あなたがどちら側に居るのかわかりませんが、参考になればと思います。

アドバイス:違和感が少しでもある場合は初期の段階でやめてもらいましょう

師匠の方は良い生徒をネットからやってくるのを待っていればよい

さて、あなたが師匠・コーチなどの仕事をしている場合は、ゆったりとPCチェアーや座椅子に座り、毎日おいしいコーヒーを飲んでください。

できれば、あなたの住んでいる場所の個人経営のコーヒー専門店で、その経営者と仲良くなって、すこしだけ、ぜいたくな豆を買ってきて、それを自分で挽いて、うまいコーヒーを淹れてください。

その時間を、特別な時間として毎日設けてください。

理由ですか?それは簡単、瞑想と同じ効果を作れるからです。私の個人的感想ですよ。まずいと効果は激減します。

紅茶でも構いませんし、あなたの好きな飲み物を飲む時でOKです。ただし、あなたの起床した時間から5時間以内のゴールデンタイムが良いでしょう。お酒は午後にしてくださいね

師匠業務を営んでいるあなたにお勧めしたいのは、毎日理想の自分を実践しニヤニヤすることです。そうなっていない段階からそうなっている状態をコーヒーを使い実践したらよいです。

あなたが理想の収入になった時には、おそらく今使っている豆よりも、良い豆をチョイスするはずです。だったら今から少しばかり良い豆をチョイスしたらいいんです。

まだ、クライアントがいない状態であっても、クライアントがいるという前提で、おいしいコーヒーを飲みながら、あなたが笑顔で楽しみながらPCの前のコンデンサーマイクに自分の声を吹き込んで、相手の生活の一部になっているように想像、妄想してみてください。

相手の声は、良く聞こえるように、性能の良い数万円ほどのスピーカーから聞こえてくるように設定しておけば良いのです。

そんな気持ちで、マインドセットの話やビジネスの話、人生観の話、体験談をブログやYouTubeで発信していくだけで、正直続ける事を約束できれば、成果は大きく期待できます。成功の確率が上がるのです。

あなたの事が必要な人間が、あなたがどこにいるのかを探しているのです。

周波数を感謝に合わせる(自分の好きなように)

ありのままの自分で生きてください。ありのままのあなたは実はすでに成功しているのです。義務教育やこれまでのトラウマが邪魔をしているだけ。

本当のあなたは、すでに成功しているのですから、人の為になるコンテンツを、そこに周波数を合わせて発信していくと、あなたに似た感性の人間が、あなたを見つけ出します。

あなたが貧乏そうな記事を書きなぐっていると、そんな人が寄ってきますし、あなたが丹精込めて記事を書いていると、その情熱や魂を感じて、あなたの事が大好きな人が勝手に寄ってくるのです。

「あなたに教わりたいです」

そういわれるようになります。

紙に書いてください。

真ん中に、自分を書く

次に、周りに、なりたくない状況をいくつも書く

そうすると、やりたいことが見つかります。

次に、真ん中に、自分を書く

次に、そうなっている自分を書く、好きなだけ書いて良い

なりたい自分をいつも見る場所に貼っておく

毎日、おいしいコーヒーを片手に、そのなりたい自分を見ながら、コンテンツメイキングをされてみてください。

コンテンツメイキングというのは、楽しみながら化粧をするかのように、コンテンツを作るという事です。その楽しさや、癒しは必ず、まだ見ぬ、あなたの事が必要な人間に届きます。

インターネット回線は、電磁波です。

4次元や5次元などの見えない世界に、この電波は届きます。ですから、

なぜだかわからないけど、願いが届き、引き寄せが現実化しやすい、今のこの時期に、遅い早いはありません。あなたの直感を信じて、失敗しても良いですから、楽しみながら、今世、冒険を楽しみましょうね

Originally posted on 2022年4月10日 @ 7:32 AM