情報商材の売り方だけをまとめてみる 後編

情報商材の売り方だけを、前編後編で書いています。今日は後編になります。

情報商材の売り方の結論

  1. 情報商材を売るためのサイト
  2. 情報商材を売る為の決済準備
  3. 情報商材販売サイトに、アクセスを流す際に売り込みをする文章
  4. 情報商材の決済が終えた後に、情報商材を案内するやり方

までが、情報商材の売り方 だとこの記事では考えます。

今日の記事は、3番と4番について書いていきますね。

まだ、情報商材の売り方の前編 を見ていない場合は以下から先にご覧になってください。面白い決済の場所などわずか10分で作っている実際の作業を見る事ができますよ。

情報商材の売り方だけをまとめてみる 前編

2018.11.02

情報商材販売サイトに、アクセスを流す際に売り込みをする文章

情報商材を売るための販売サイトと 情報商材を売るための決済準備が終わった後に、次にやることは、集客なのですが、何にしても、文章を書いて、人を集めないと販売サイトに気づかせる事ができませんね

販売サイトへ誘導する文章は、

  • ASPのアフィリエイターが書いた文章で販売サイトに誘導
  • 自社メディアで紹介する文章で販売サイトに誘導
  • メルマガやステップメール、ライン@で販売サイトに誘導
  • などなど

というような誘導方法がありますね。

ASPのアフィリエイターが書いた文章で販売サイトに誘導

インフォトップやインフォカートには、沢山のアフィリエイターがいます。そのアフィリエイターがあなたの情報商材を売る時に成約率の高い方法があります。

それは、情報商材をレビューをするというやり方です。実際に、アフィリエイターが情報商材を身銭を切って手に入れて、中身を確認して効果を体験し、そのままレビューする方法

例外的に、アフィリエイト報酬が目的で、なんでもいいので、誇大な表現で紹介する方

様々いらっしゃいます。

成約率が高いアフィリエイターさんの特徴は、

  1. コツコツとコンテンツを自社メディアで伝え続けてSEO対策ができている
  2. DRMを駆使してリストの獲得やライン友達の獲得を促している
  3. アフィリエイター自身がカリスマでファンが多数存在している
  4. オリジナルの情報商材購入特典を付けている
  5. 怪しげな雰囲気があまりない
  6. などなど

長く稼いでいる人は、このような素晴らしい特徴を兼ね備えていらっしゃいます。

この特徴をできるだけ多く持っているアフィリエイターが月間数百万円単位で稼いでいる印象です。

情報商材レビューだけをしても稼げないのですが、上記の要素が多くなる程、レバレッジが掛かっています。それは、人間の心理に基づいて行動しているからです。

人間の心理に基づいて行動するとは?

非常に簡単に話しますが、

  • 「普段からコツコツと為になる情報を配信している人が紹介する情報商材ならば買って見るか」
  • 「この人の推薦した情報商材を購入したら人生がよくなったので、この人が紹介する情報商材が全部買うに決まっている」
  • 「この人が無料で配っているレポートで月に10万円も稼げるようになったので、紹介している製品ならば絶対に買っておく」

ようは、

  1. このアフィリエイターのような人生に自分もなりたいと思う熱狂的なファンを如何に獲得しているのか?
  2. リストは離れて行くのが当たり前なので、離れて行く分、新規見込み客リストを獲得できる、血めぐりのような循環ができている

この2点を深く理解して行動しているアフィリエイターが、情報商材を長くアフィリエイトする事に成功しています。

コツコツとコンテンツを自社メディアで伝え続けてSEO対策ができている

ワードプレスでSEOライティングを駆使して為になる文章を毎日コツコツ書いている事で、1日のアクセス数が500以上安定して入ってきていると考えています。

実際、人が来ないことには、何も始まらないので、一番大切な集客の部分をプロ意識を持って取り組んでいるから、これが可能だし、初めの方はサラリーマンなどの雇われだったけど、ある日からアフィリエイター1本でやっているという方が多いです。

他にも、 youtube、Facebook、Twitter、インスタ、などで集客に成功しています。

DRMを駆使してリストの獲得やライン友達の獲得を促している

情報商材の売り方で大事なのは、DRMーダイレクトレスポンスマーケティングを実践することです。ネットではリストマーケティングと別の名前で呼ばれますが、基本は一緒です。

  • リストを獲得して
  • リストに教育して
  • リストに販売する

この流れをしっかりと作り込んだステップメールで書いている事と流れが自然です。

ダイレクトレスポンスマーケティングセールスファネルに関しては、以下の記事を見ていただければ、わかります。

楽するためには、あなたの好きな事でDRMをやっていくだけ

2018.04.23

 

アフィリエイター自身がカリスマでファンが多数存在している

アフィリエイトも商売なので、理念を設定しているアフィリエイターさんがやっぱり稼いでいます。

例を挙げると、ブログのヘッドラインに、海の画像と自分の写真を貼り付けて、アフィリエイトで自由になりました。自由になる方法を知りたい場合は、僕の作ったレポートを見てください。

レポートを見る為には、メルマガに登録するか、ライン友達になることで、レポートが送られてきます。

そして、レポートの内容が、ものすごい場合は、そこでブランディングが確立されます。

 ブログのアイキャッチトップページやヘッドラインイメージ画像

オリジナルの情報商材購入特典を付けている

基本的に、売れているアフィリエイターのやり方として、自分の紹介している情報商材にはオリジナルな特典を付けていらっしゃいます。自分で買って実践して、足りない部分や、補いたい部分などを特典にしていたり、スカイプやラインなどで直接購入しゃと電話して、話して、アドバイスをしたりしているのです。

また、オリジナル特典を売るページを作っていますね。

特典だからなんでも良い、というわけではありません。お客様は馬鹿じゃないので、自分の問題を解決したいのだから、特典が欲しいわけではないし、手法が知りたいわけでもありません。

あくまでも、問題を解決したいのですから、、、

なので、アフィリエイターが自分で作成した特典に関して、専用のページを、ワードプレスのランディングページや、固定ページなどを作って、基本的には、メルマガやステップメールから誘導して、その特典ページに誘導して、欲しいと思わせてアフィリエイトに成功している傾向があると考えています。

怪しげな雰囲気があまりない

売れていないアフィリエイターの特徴なのですが、目立つ場所に沢山のアフィリエイトバナー広告を貼っています。売れ筋の情報商材のバナー広告をベタベタ貼っているので、なんだか胡散臭さとか、怪しさが溢れかえっています。

売れている方は、そういったバナー広告をあまり貼っておらず、あくまでも、自分のレポートの紹介やメルマガやライン登録への誘導、コンテンツを紹介することに力を入れているのです。

以上が、稼いでいるアフィリエイターの解説なのですが、

稼いでいる情報商材アフィリエイターに振り向いてもらう方法は?

それは、僕ら情報商材の販売者側も、同じようにためになるコンテンツを提供する事だったり、毎日の積み重ねで、コツコツと、人が喜ぶ事をやっていると、

自分に似た人が、「あなたの製品をアフィリエイトしたい」という気持ちになってレビューサイトを専門に作ってくださったり購入特典をあなたの情報商材の内容に特化して、作ってくれたりします。

やはり、最近では、人間性を見て信頼が置けるかどうかを判断している傾向にあると考えます。

さて、以下からは、

情報商材の売り方の、自社メディアで売るという事なのです。

これを見ると、稼いでいるアフィリエイターさんが寄ってくるようになりますし、自分で誰にも頼らずに、販売をしていけるようになるので、ココは脳内労働をしていき、それに加えてあなた自身が、楽しくコンテンツを書いていく事を、3日坊主にならずに続けていく事が大切です。

自社メディアで紹介する文章で販売サイトに誘導

情報商材の売り方で、自分で販売して販売サイトに誘導する方法なのですが、先ほどのアフィリエイターと同じように、やはりワードプレスを使って、自社メディアの構築をする事をお勧めします。

もしあなたが、顔出しOKで文章を書く事が苦手でしたら、話すスキルを編集するスキルを上げていき、来てくれる方に喜んでもらう方法で、YouTubeがあります。

そして、自社メディアでは、あなたの作った情報商材に関して関係する記事を、片っ端から書いていくような感覚でいてください。

例えば、情報起業で毎月30万円を手堅く稼いでいく方法 という商材を販売開始した場合は、

情報商材に関する全て、自分のブログを見れば分かるという感じで、大百科を作ると、ブログのファンが増えていきます。ココでよくある質問なのですが、

ムラモト
簡単に言えば、自分のメディアを作ってそこでSEO対策をはじめとした集客をして、文章が苦手ならYouTubeもあるのでガンガンやってあなたの情報商材に集客していこう。という事です。

有料と無料の境目はなんですか?

実は、これはありません。というか100%ブログでコンテンツとして出してもらって構いません。

そして、お客様は何を買うのかというと、ブログの記事と同じ事をもっとわかりやすく書かれている、ステップバイステップの実践情報商材と、あなたという人間を買う事になります。

買ってくれた人に対して、誠実に対応していく事が大切です。ただし、あまり安い製品にサポートを付けるとインターネットビジネスで自由になるために、情報商材を作って情報起業をした初めの目的と変わっていってしまいますので、ご注意ください。

その代わり、その安い製品に、200%のコンテンツを詰め込んで、小学生4年生でも実践できるくらいまで落とし込んで

ゲーム感覚で実践したら成功できたと。言われるくらいの物を作る事ができれば、そこから自由が始まります。

具体的にいうと、

  • フロントエンドの価格:一万円以内でサポートなしだけど200%出し切っていく事
  • バックエンドの価格:5万円以上で手厚いサポート付きでサポートに200%を出し切ってスカイプ音声などでやっていく事

になります。これで、お客様はを買って実践してお金を稼げるようになれば、人生に直面している、問題を解決してあなたに感謝するという流れになります。

メルマガやステップメール、ライン@で販売サイトに誘導

自社メディアの構築ができていくると、次にやることは、リストを獲得する事です。無料レポートや無料講座などを提供して、相手のメールアドレスか、ライン友達になってもらう事です。

そして、入って来たリストに、書いたい気持ちにさせるまで、売り込みを我慢していくことも大切です。ただ製品自体が安い場合は、そのまま入って来た瞬間に、うちの製品は、こういうものがあります。と伝えてしまっても問題ないです。

情報商材の決済が終えた後に、情報商材を案内するやり方

最後になりますが、情報商材を購入してくれた後は、ダウンロードサイトや、会員サイトなどを作って購入者様専用サイトを準備する必要があります。

最近は、ダウンロードサイトもワードプレスで作られている事が多く、ワードプレスでは、記事自体に、パスワードを設けることができますので、非常に簡単に作る事が可能です。

以前は、PDFファイルで提供するのが当たり前だったのですが、スマホの復旧によって、専用サイトでコンテンツを提供するのが、当たり前になって来ています。

スマホで、そのまま専用サイト内を自由に学びたい場所に行き、実践していくというような、使いやすいダウンロードサイトの構築が大事です。

では、さっそくなのですが、簡単なやり方なのですが、ワードプレスには、記事自体にパスワードを設定する機能があります。

画像のように、簡単に記事にパスワードをつける事ができますので、初心者の方は初めは、このように記事自体に、PWを設けて、その記事の中に、コンテンツを作り込んでいく事で簡単にDLサイトの出来上がりです。

そのほかにも、ワードプレスのプラグインを導入して、専用サイトを作っていく方法もありますので、以下の記事をあわせてご覧になると、DLサイトの構築は問題なく作っていく事が可能です。

 

【保存版】「Simple Membership」を使って簡単に会員サイトを構築!Xサーバーで解説

2017.08.27

まとめ

いかがでしたでしょうか?今日の記事は、情報商材の売り方だけをまとめてみる 後編

  1. 情報商材販売サイトに、アクセスを流す際に売り込みをする文章
  2. 情報商材の決済が終えた後に、情報商材を案内するやり方

この2つをお伝えさせて頂きました。

売り方と一つとっても、様々なノウハウがありますので、一つ一つやってみてください。

何かわからない事がありましたら、お気軽にお問い合わせなどをされて下さい。

最後まで見てくれて感謝しております。

それではまた

コンテンツ起業法メルマガ

記事を読んでくださってありがとうございました。無料のメールマガジンでも情報をお届けしております。ブログでは書けない情報なども書いております。またコンテンツ起業法という140ページの無料イーブックも付いてきますので、よろしければ受け取ってくださいね。