webマーケティングに欠かせない!コピーライティングの基礎

顧客獲得を目指してセールスを行っていく方法としてwebの活用が広まってきました。

情報技術によって社会基盤ができている現代社会においてはインターネットを利用したマーケティングは企業にとって欠かせないものとなっています。

その基本となるのが記事の作成であり、効果的にアピールポイントを伝えられるライティング能力が求められているのが現状です。

セールスを効果的に行える様になるための基礎としてコピーライティングに着目してみましょう。その基礎的な技術を身につけるだけでも効果的にアピールポイントを伝えられるようになります。

 

コピーライティングを行う上で基本となるのはキャッチコピー

コピーライティングを行う上で基本となるのはキャッチコピーです。効果的にアピールを行うための記事の基本構成として、まずはタイトルに相当するキャッチコピーを提示する必要があります。短くて印象に残る表現を使用するのが基本であり、意外性があると高い効果が期待できるでしょう。

キャッチコピーの良し悪しがそれに続く本文を読むかどうかの判断を決める重要な観点であるという理解が必要です。特にwebを用いている場合には情報収集をしている顧客には無数の情報が存在しています。

どれを読むかという判断をする際にはまずはタイトルを見るのが当然であり、キャッチコピーが魅力的であってようやく本文に到達してもらえるのです。最も重要な点はキャッチコピーであると理解しておきましょう。

記事構成の基本として続くのは本文です。

本文の書き方として重要になるのが冒頭であり、キャッチコピーを受けて読者に対して興味付けを行わなければなりません。

読み始めてみてつまらないと思われてしまえば最後まで読んでもらえないのは必然であり、最初の一段落が記事を読んでもらえるかの分かれ目になると理解しておきましょう。

明確な問題提起

重要なポイントとして抑えておきたいのは明確な問題提起を行うことです。

最初から商品やサービスなどのアピールをしてしまうとただの広告だと考えられてしまいます。まずはその商品やサービスについて正確な分析を行い、それによって解決できる問題を考えるのが大切です。問題としてできる限り多くの人にとって身近なものを選び出されば理想的になります。

問題提起を行って、どのようにしたら解決が可能なのかという疑問を持たせるのが導入に相当する本文の重要な要素です。

導入の問題提起で興味付けに成功したら、先へと読み進めていってもらうための動機づけを繰り返していかなければなりません。アピールしたい商品やサービスのアピールポイントを明記することで、商品購入やサービス利用にどのようなメリットがあるのかを明らかにしましょう。

問題が切実なものであるほど、アピールできるメリットは多くなるはずです。

一つの視点にこだわらず、読者の立場を分けて考えて様々な人にとってメリットがあると主張できるとより多くの顧客層を獲得できます。

もともとターゲットが絞られている場合にはその点に注力して記載を行うのも賢明な考え方です。この際に重要になるのは情報の提供に際して主観を優先しないことであり、客観的なデータをできるだけ多く盛り込むようにしましょう。

提起された問題に対して数値的に改善を示せるデータが有ればそれを表やグラフなどにしてわかりやすく伝えるのが効果的です。

利用者の声

また、利用者の声を反映させるのも良い方法であり、これまでに商品やサービスを利用してくれた人からの感想が手に入るならその掲載を行いましょう。

寄稿された内容をそのまま掲載するのも嘘偽りのない点が明らかで良い方法ですが、その寄稿内容の中のアピールポイントを明確にするために吹き出しなどをつけて重要な点を明確にする工夫も大切になります。

ただ商品やサービスのメリットを伝えるだけの記事に比べると、利用者の声があるのは読者にとって共感を与えられる可能性が高いでしょう。共感は利用に関する安心と信頼を生み出すものであり、利用する意欲を高めるための重要な要素になるのです。

最後に必要になるのが結辞

本文でメリットを正確に伝えてアピールを完了したら、最後に必要になるのが結辞です。キャッチコピーで勝ち取った興味関心に対して明確な答えはこの商品やサービスであると簡潔にまとめて伝えるパラグラフを作りましょう。

分かりやすい申込リンク

そして、実際に利用するためにはどうしたら良いかを示すことが大切です。単刀直入に言えばリンクを作って商品購入やサービス利用を速やかに申し込めるページへ誘導できるようにしましょう。

そのリンクをクリックする以前に価格についての情報を与えるのも良い方法になります。

希少性を持たせる

特にキャンペーン実施といった情報を提供して、今ならすぐに申し込めて通常よりも安価に利用できると伝えると、興味を持った読者の購買意欲を高められるでしょう。

期間限定で行われているキャンペーンだと知るとたった今、決断を行って購入をしなければならないという印象を持ってもらえます。

少し悩んでいた読者もこの機会だからと考えて申し込みをしてくれる可能性が高まるのです。たとえそのキャンペーンが期日を過ぎても再び行われるものであっても構いません。期限を設けてすぐにでも申し込まなければならないという印象をつけることが大切になります。

 

まとめ

webを活用してセールスをする上では、こういった形で商品やサービスへの興味付けから購入への誘導に至るまでを首尾一貫して行わなければなりません。

キャッチコピーによって読み始めてもらえるようにするのが大前提であり、その後に本文を読み進めていく中で読者の興味を引き続けていく必要があります。

問題提起と解決方法の提案はその基本的な流れとして覚えておきましょう。その解決方法こそが商品やサービスのアピールポイントであり、それを受けて必然として商品やサービスの利用に導いていくのが重要になります。

こういった構成で記事を作成するのがコピーライティングの基本であり、効果的に購買意欲をかきたてる方法です。