テンプレを通して学ぶ効果的なセールスレターの基本

セールスレターを書くときには商品やサービスが売れることを最終目標として掲げなければなりません。

自己満足で美しい文章を書けたとしても、それが売上につながらなかったら意味を成さないという自覚を持ちましょう。

そのための基本を学ぶのに役立つのがテンプレです。

これまで数多くの有能なセールスパーソンが作り上げてきたノウハウに基づいて作られているものを参考にして分析を行ってみると、どのような構成にすれば明らかになるでしょう。

誰もが書き悩むものだからこそ、世の中には多数のテンプレが流通しています。それを参考にしてどのような構成がアピール力につながるのかを解析するのが大切です。

 

セールスレターテンプレートの基本構成

構成として基本になるのが

キャッチコピーからスタートして

商品の魅力を伝え、

最後にクロージングコピーで締める

という流れです。

 

キャッチコピー

まずは内容を読んでもらわなければならないものの、消費者の立場に立って考えると自分にとって必要のない文章を読みたいわけがありません。

読もうという意識を持ってもらうために必要になるのがキャッチコピーであり、

一文程度あるいは短いフレーズで消費者を魅了できる工夫を施しましょう。

こうなってしまわないためにどうすればよいかといった問題に対する解決策の疑問を投げかけたり、こんな悩みにはこのような解決方法といった具体的な問題と解決策の提案をしたりするのが基本のキャッチコピーです。

必ずしも一文である必要はないものの、読むというイメージを持たせずに

消費者がさっと読める長さにまとめる

ことが大切になります。

それをストレスなく読んでみて、ちょっと気になるかもしれないと思わせられればキャッチコピーとして合格です。

消費者に内容を読ませるレターでは必ず用いられているのが魅力的なキャッチコピーです。

キャッチコピーがしっかりしていると本文が生きるようになります。

構成の基本として多くのレターに採用されている流れを知っておきましょう。

 

商品の魅力を伝え

まずは消費者に対して

  1. 不安を煽ったり
  2. 共感を促したりして
  3. 問題意識を高める

のが第一手になります。

問題があるという意識が高まると、それに対して何か対策を立てなければならないと感じるでしょう。

そこで解決策として商品のメリットを伝えて魅力を感じてもらうのが得策です。

 

不安を煽る

不安を煽るときには単刀直入に話をするのではなく、できるだけ外側からアプローチするのが重要になります。

消費者が最も気になっているところに直接触れてしまうと、余計なことに言及しないで欲しいと考えられて読むのをやめてしまう場合も少なくありません。

他人や自分を例として挙げて、このまま問題として放っておいてしまうと大変なことになるというスタンスで煽りをかけるのがうまい方法です。

そして、そのまま具体的な例として実際に商品やサービスを試してみたら効果が得られたという話の展開ができると良いでしょう。

ただし、消費者は疑い深いものであり、商品やサービスを利用してそんなにうまくいくはずがないと考えられてしまう可能性も否めません。

そのために、

データがやはり必要

そのときに重要になるのが根拠であり、科学的なサポートや専門家による意見、統計的な数字が載せられると証拠として役に立ちます。

確かにサポートする証拠があるからこそ、効果が得られたのだと納得してもらえる可能性が高まるからです。納得して受け入れてもらえると購入してみようという意欲が高まります。

商品やサービスの特徴を効果的に伝えてこの段階まで運びこむことを目標にしましょう。ここで魅力を感じてもらえるかどうかが購入につながるかどうかの分かれ目になります。

 

最後にクロージングコピーで締める

消費者が魅力を感じてくれたときに重要になるのがクロージングコピーです。

その商品やサービスがいくらで購入できて、どのようにすれば購入できるのかを示すのが基本になります。予め雛型を作っておくとどのような商品やサービスのセールスの際にも速やかに作成できるでしょう。

この際にはただ購入に関する情報を提供するというスタンスでは不十分であるという理解が欠かせません。

クロージングコピーは最後のアピールポイントであり、すぐに購入するのがお得であるという認識を促すことが重要になります。

他の方法に比べて安価であること、

効果保証で結果が出なかった場合には返金保証すること、

キャンペーンで今なら安く購入できることなどを主張できると消費者に購入を促せるでしょう。

ただ情報を与えるだけでなく、最後の一押しをするためにクロージングコピーが存在しています。

キャッチコピーに頭をひねり、長い本文を書いてくると力尽きてしまいがちですが、クロージングコピーでどれだけ購入することへの魅力を訴えかけられるかは最終的に重要になるポイントとして理解しておきましょう。

こういった流れでキャッチコピーから始まり、商品の魅力の伝達を経てクロージングコピーに至るテンプレは容易に手に入ります。

それをもとにして個々の部分で必要とされる内容を適切に盛り込んでいくと効果的なセールスが実現可能です。

ただし、構成がしっかりとしたからといって売り上げにつながるかどうかはわからない点にも留意しなければならないでしょう。セールスレターを書く上で欠かせないのが情報整理です。

セールスを行うのに焦りすぎて最初に情報整理ができていないセールスパーソンも少なくありません。

自分が理解できていないことは消費者に伝えられない

と考えておきましょう。

まずは自分が売り込む商品やサービスを十分に理解して頭の中でも書面でも整理を心がけるのが大切です。

その上で雛型にしたがって書き進めていくと、魅力を的確に伝えられるようになります。アピールポイントを正確に理解していないとキャッチコピーから失敗してしまいがちです。

まとめ

書き始める前に情報整理を行い、その結果を学んだ結果に反映させていくのが成功に繋がります。ビジネスパーソンとして効果的なセールスレターを書けるようになるための基本として実践していきましょう。

コンテンツ起業法メルマガ

記事を読んでくださってありがとうございました。無料のメールマガジンでも情報をお届けしております。ブログでは書けない情報なども書いております。またコンテンツ起業法という140ページの無料イーブックも付いてきますので、よろしければ受け取ってくださいね。