喜ばれたコンテンツの作り方

コンテンツマーケティング

喜ばれたコンテンツの作り方について解説をします。

結論:簡潔に書いた・話すと喜ばれた

喜ばれたコンテンツの作り方(経験の話)
  • 結論をすぐに話す
  • 結論について3つで解説をする
  • 答えを話す。
  • それぞれに、自分の念を込める(過去の自分の経験や感情を程よくいれる)

 

喜ばれたコンテンツの作り方(経験の話)

結論をすぐに話す

タイトルの下にすぐにわかりやすく結論を持ってきた方が良い。理由は簡単で、時間を奪われたくないと、みんなおもっているからだ。ですから、以下のような装飾やボックスを使って結論をさっさと話した方が、親切です。

結論:ほにゃらら

 

結論について3つで解説をする

3つが一番良いのですが、多くても5つ。まで、ぱっと見で記事で何が書いてあるのかを箇条書きで解説を入れるだけ。

今日の記事参照

 

答えを話す。

結論

3~5つの見出し

答え

という感じで、書けばいいだけです。答えは、結論とほとんど同じで構いません。

 

それぞれに、自分の念を込める(過去の自分の経験や感情を程よくいれる)

本文の中に、自分の経験や感情を「少し」入れると良いです。ほとんどの方や過去の僕もやってしまっている事なのですが、以下の通りです。


良くあるダメな例

  • タイトルの答えや結論が見つかりにくい
  • だらだらと話す。
  • 答えが、やっと最後にある
  • 途中文章が長い

何が言いたいのかが要するにわからない。というか本人もわかってない?


ようするに、感情ばっかりになっているのです。私がすぐに閉じてしまうのは、よくあるスピ系の女性ユーチューバーさんです。感情ばっかりで話すので、すごくわかりずらかったです。

感情を表現するのは絶対に大事です。ですが、そればかりになると、本当に意味が分からなくなります。そう、過去の僕もそうです。

 

まとめ:答え

結論:簡潔に書いた・話すと喜ばれた

結論を最後に書きましたが、答えも一緒です。私が過去に作ったコンテンツの中、有料・無料とわず、喜ばれたのは

  • 短く
  • 分かりやすく
  • 簡単に
  • 要点だけ
  • 答えをすぐに
  • それでいて念(感情)を入れる

 

これが出来ると、喜ばれました。

吉野家の、うまい!やすい!はやい!+念

+念は、吉野家にあるのかは、わかりませんが、個人のお店で定食屋なんか行くと、うまい・やすい・はやいは、もちろんのこと、「あらいらっしゃい^^!」と大将と女将さんが迎えてくれると、うれしいですよね?

ここなんですよね。僕らのやることは(笑

では以上です。感謝

 

追伸

今日の記事は、わりと、答えの通りに出来ているように思いますが、どうでしょうか?楽しかったら幸いです。