ステップメール販売終了後のリストの管理の仕方

今回でステップメールの書き方はとりあえずは、完結になります。

まず、ステップメールが稼働し終わるという事は、

  • 購入者の顧客リスト
  • 製品を買わなかった見込み客リスト

この2つに振り分けることが出来ます。

購入者の顧客リスト

ステップメールで製品を案内して購入してくださった大事なお客様ですので、製品販売終了後のアフターメールを準備しておくことが一般的です。

  • 1通目:製品は受け取りましたか?
  • 2通目~可能な限り:行動の指導をする(製品のコンテンツを紹介し行動を促す事)
  • 行動の指導が終わった後:その他製品があれば案内する
  • 終了後:顧客メルマガや通常メルマガに移行する。

 

1通目:製品は受け取りましたか?

これは、そのままなのですが、製品を受け取ってくださったかを案内することです。迷惑メール等に振り分けられてしまう場合もありますので、何度かメールを送ったほうが賢明です。

 

2通目~可能な限り:行動の指導をする(製品のコンテンツを紹介し行動を促す事)

2通目以降は、製品のボリュウムや伝える内容などで変わってきますので、2通目からは、あなたの製品の内容次第で送る配信数を決めてください。

わかりやすいように、今日は1~10ページまでの解説、準備編です。というような、出だしの文章で書きだし、あとは、あなたの商材の解説や、行動するときのコツ、ポイント、マインド的な部分をできるだけ事細かに書いていく事です。

例文:

こんにちは、商材のDLはいつでもこちらからできますのでどうぞ、
→DLサイト
ID)●●●
pw)●●●

さて、今日は1ページ~10ページまでの準備編を解説していきますが、まずは心構えという、理論的な方はあまりすきではないかもしれませんが、この辺は大事ですので、解説していきますね。

・・・・

↑上記のような感じで、商材の内容をできるだけ、わかりやすく、簡単にお客様が行動できるように解説してあげてください

 

行動の指導が終わった後:その他製品があれば案内する

商材の内容を解説し終わった後、何かしら関連する製品の案内があれば、案内したほうが良いです。ただし他人の製品のアフィリエイトなどは、私はお勧めしません。というのは、起業というのは、3原則に基づいて実践していく必要があるからなのです。

この話は、何度も、メルマガやブログで解説していますが、もう一度書きます。

起業の3原則

  1. 情熱の持てる市場に参入して
  2. 市場と対話し製品を開発し売り続ける
  3. 一生付き合う

アフィリエイトをやってしまうと、他の個人経営者や起業家にお客様リストを共有するような形になるので、ライバルを自分から多く作ってしまう事になるのです。

ですので、自社製品で何かしらの関連する製品を案内することが大事です。

 

終了後:顧客メルマガや通常メルマガに移行する。

全て案内した後も継続的に生中継的なメルマガに代理登録して今の自分を見せ続ける事が大事です。

これは私のメルマガを見ている方はわかると思いますが、もう何年か忘れましたが、継続的に製品を毎月のように開発して、自分の実践したことをまとめて、商材にして、9800円~39800円の間で販売し続けています。

この辺は、また別の記事や、コンテンツにして、解説しますが、これだけは覚えておいてください。

お客様を大事に大事に、自分の彼女を大事にするような感覚や、自分の子供を愛する気持ちと似たような気持で、ずっと温かく見守っていきましょう。

尊敬される親というのは、背中を見せて真似したいなら真似すればいいお前の好きにしなさい。というような、包み込むような人格者だと思います。

私たちも、お客様の1個先の見えない霧の中を前に進み、躓き、けがするかもしれませんが、希望の光が見えたときに、その光や、ケガしないようにコンテンツを作り、提供し続けることが起業になります。

冒険を共にやっていく、仲間なのです。

顧客メルマガに登録し、通常メルマガにも登録してください。顧客メルマガに登録したお客様方は、特別な案内があるときには、真っ先にメールを配信しましょう。

お買い得感、お客だけにしか案内しない製品などを準備していく事です。

 

製品を買わなかった見込み客リスト

製品を購入しなかったリストに対しても、顧客リストと同じように大事にしたほうが良いです。通常メルマガに移行し生中継的な案内を継続的にしていき、何かしら製品の案内があるときには、案内して、好きな製品をチョイスしてもらい、気に入れば買っていただくようにします。

もちろん、買わない方もいるのですが、無償で提供していくコンテンツを継続的に数か月数年という長いスタンスで見せていく事で、いつの日か顧客になってくださる場合もあります。

せっかくの出会い、一期一会なのですから、製品を買わないでも、メールマガジンという自社メディアの中の一員になってもらい(読者)人生を良くしてもらうという偽善者ではないけれども、提供し続けることで、例えばブログランキングに参加した時に、応援のポチとかアンケート等を作ったときに参加してくれることもあるかもしれません

一度でも興味を持ってくださった方へは、相手が解除するまでメールを送り続ける事です。

まとめ

ステップメールが稼働し終わった後、それで終わりでは、非常にもったいないですし、お客様を見捨てることになるのです。お客様は一度でもあなたの無料イーブックやステップメールを購読してくれたのだから、時間を使ってくれてありがとうございます。という精神でメルマガを配信し続けましょう。

コンテンツ起業法メルマガ

記事を読んでくださってありがとうございました。無料のメールマガジンでも情報をお届けしております。ブログでは書けない情報なども書いております。またコンテンツ起業法という140ページの無料イーブックも付いてきますので、よろしければ受け取ってくださいね。