何もしたくないのは、あなたに才能がないからではないよ

 

「俺は向いてない」

そう思い、自分に才能がない、、

と勝手に決めてしまったじゃないだろうか?

 

普通は、好きな事や楽しい事を

黙々とやってれば、才能が開花されて

好きな事で仕事ができるようになる

 

と、

今まではそうだった

 

でも、良く考えていくと

実力のある人に対して、

すごいと思い、劣等感を持ったとする

 

そうなると、

「あ〜この人が凄すぎるので俺がやったって無駄やん」

となるだろう。

 

でも、これってつまり

その天才の実力がわかるって事。

 

お正月の格付けランキングと言う番組がある

ダウンタウンとガクトが出てくる。

 

ものすごい高いワインと二千円くらいのワインを

試飲して、どっちが本物か?

 

3万円のバイオリンと

1億円(現在は7億円とかのもある)のストラディバリウス

どっちが本当のバイオリンか?

 

そんなのがある。

素人からすると、

 

3万円のバイオリンと

ストラディバリウスの違いは

 

全くわからないし

スナオの感覚としては、3万円の方が

音が良いと感じてしまった

 

でも、才能のある人間は、

この違いを判断できる

 

また、バイオリンを奏でるプロがいたとして

自分よりも、ものすごい実力があった

 

だったら、俺がバイオリニストである必要はないや〜

と、そう思いその日からバイオリンをやめた。

 

割とある話です。

 

でもこれって、

その、天才と自分の違いがわかる才能があるって事だ

 

そう、才能があるが故に、

「俺は向いてない」

 

と、思ってしまったんだ、、、

勘違いしないで欲しいが

 

それは、才能だ

だから、あなたが似たようなことで

 

才能がないからもうダメだって

思った場合は、少し待った方がいい

 

本当は、その分野で

輝きたかったはず

輝かなくても、小さくでもいいので

 

笑顔で毎日を楽しく行きたかったはずだ

 

だから、気づいたらチャンス遅くはない

何もしたくない。今はそれでゆっくりとすればいい

 

でも、もし今日の話が少しでも

何やら、「お」と思ったのなら

 

毎日続けれるレベルまで落として

行動をやってみて欲しい

 

そうすれば、1年後全く違う景色が見えるんだから

では以上です

ありがとうございました