何にもしなくていいんだよ。

 

資本主義社会はくそだ

僕たちは、そもそも、生まれて来たとき、

そう赤ちゃんの時なんだ

めちゃくちゃ自信満々で生まれて来たんだ

 

けれども、親や学校、社会に飼い慣らされて

自分の意見がいえなくなったんだ

 

実は、赤ちゃんの時のまま

大人になった方が

幸せな人間になるんだ

 

実際、赤ちゃんがそのまま

大きくなったような人は

今の世界、自由に人生を楽しんでいる

 

例えば、以下のようなルールで生きている人

 

ルール:人の意見を一切聞くな

 

第1章で俺が言いたいのは、ここなんだ

天才たちを思い返せば良いと思う

 

天才たちは、一切周りのことなど

気にせずに、自分のやりたいことを

ただ、淡々と黙々とやってるだけだ

 

未来のことなんて全く関係なく

今、それを思いっきりやってるだけだ

 

だから、そこに人は魅力を感じる

 

しかし現実を見ると

資本主義社会にやられている。

 

精神をやられてしまっている

赤ちゃんの時に最強だった僕たちは

 

飼い慣らされた挙句に

才能のスキルを封印されてしまい

生きるのが辛くなってしまった。

 

そして、コロナがやって来て

世界が変化し

 

今、まさにどうしていいのか?

第二波がくるのか?

 

給付金をもらったけど

そこを尽きたらどうしたらいいんだろうな。

 

結局、まだそう感じてしまう場合は

洗脳が溶けてないようだ

 

そんなあなたに言えることは、

 

「なんにもしなくて良いんだよ」

 

無理に、どうにかせんといかん。で動いたところで

自分の実力はたかがしれていると思う。

 

悩む時点で、実力がないのが

自分自身で良くわかっているはずだ。

 

そこで、思い出して欲しい

 

人の意見を一切聞くな

 

そして、自分の心の声に従って欲しい

 

今、何もしたくないとそう感じる場合は、

「何もしないとどうなるのか?」を学習中だと言うことを

覚えて欲しい

 

なぜ、何もしたくないのかは

これまで自分のやり方で

 

頑張った

努力した

根性

 

で、やって来たけれどもうまく行っていない

自分の人生に疑問が出て来ているだけ

 

それは正しい

今がまさに目覚めるチャンスなんだ

 

>>特設ページに戻る