実践!無料レポートを作成ワーク付き

さっそく、無料レポートを作っていくための基本的な実践書を書いていきます。

思いを伝えなきゃ意味がない

思いを伝えるためには、自分らしいレポートを作らなければいけません。自分がどういう人なのか?これを表現するいい方法があります。

お客様から寄せられる質問集をまとめる、お客様が製品を購入する前、購入後の変化を示したビフォーアフター集、簡単な実践集等々、実際に自分のビジネスに読み手が入り込んでいるかのようなレポートのほうが自分らしさが伝わりやすいです。

 

意識として、

書き手が女性の経営者で、美容系の製品を扱っている場合は、「美」「癒し」「素直さ」「パッション」「女性」などの雰囲気が出る様に意識したり、ビジネス系の起業をやっている方がレポートを作る場合は」「濃い青」「スピード」「誠実」「ポジティブ」このような感じを意識して書くことも大切です。

あまり、難しいことではなく、自分を分析してキーワードを4つ~6つ探し出し、それらのキーワードを見ながら、無料レポートの中身に入れ込んでいく事が自分らしさを演出するための方法です。

さて、早速ですが以下からノウハウを出していきますので、実践していってくださいね。

 ワーク 

 自分のキーワードを記入されてください。

「   」「   」「   」「   」「   」

 

 

レイアウトに気を配り読ませる7つの工夫とは

レイアウト次第で、同じ文章であっても読みたくなる心境にさせることが可能です。ただただ文字を並べたレポートでは、中身がよほどいいものではない限り、読まれません。

以下から書く7つの工夫を入れることで、自分の書いたレポートを気に入ってもらったり愛着がわいたり、何度も読みたくなる無料レポートに仕上げていくことが出来ます。

 

ネットで配布する無料レポートに限っては、横書きで書くこと

まず、一般書籍との違いは、オンラインであるかオフラインであるかの違いがあります。オンラインの風潮として殆どの無料レポートは横書きで書かれています。

また、ブログ、メール、SNSなどもネット上の文章の大半は横書きという事なのです。

無料レポートをよく見る方は、当たり前に横書きに慣れていますし、これから読む方もインターネットを使って無料レポートを請求している時点で、横書きの文章で既に慣れている。という傾向が強いわけです。また、画像解説等が多い場合は、横書きのほうが解説しやすいのです。

 

フォントや文字サイズ・色に気を配る

フォントは、基本的には明朝体、ゴシック体、メイリオになります。この3つを混ぜながら書いていくのが、わかりやすいレポートになる条件でもあります。また横書きの場合は、メイリオが見やすいです。

ただ、メイリオやゴシックは見た目がきれいな分、目が疲れてしまいますので、読ませたい箇所は明朝体で書くことをお勧めします。

文字サイズは強調したい部分や、見出しを大きく見せることです。

 

一文が短く改行を

無料レポートは1文をなるべく短く、書いていく事をお勧めします。その理由は長い文章を一気に読んでもらう為でもありますし、見やすさを演出するために改行も使っていきましょう。

あまり、文字自体が寄りすぎていると目の疲れでもう読みたくなくなるからです。

 

イラストや画像を入れる

こまめにイラストや画像を入れてください。これは

  • ページにアクセントが出る
  • イラストがあると、「あのイラストのページだったな」と思い出させやすくなります。
  • 文章ではイメージしにくい箇所に画像を入れて表現する
  • 人間の喜怒哀楽の部分をイラストで入れるとわかりやすい
  • 全て読んだ後も、イラストがあったことで印象が残っている

このような、5つの効果などが期待できます。

イラストや画像などは、素材サイトで入手できますし、ワードでしたらクリップアートで十分に活用できます。画像やイラストは、必ずしも無料レポートの内容と一致していなくていいので、目的としては文章の間に挟む休憩の場所というような感覚で使いましょう。

 

目次

目次はやはり入れておいてください。入れておくことでパッとどこを読みたいか?どんなことが書いてあるかが、理解できますので、わかりやすさをこれも演出できるのです。

 

表紙のデザイン

表紙は非常に大事な部分ですので、無料レポートと関係あるデザインにすることが大事です。例えば美容系でしたら、ピンクやフルーツ、コスメでしたら化粧品、ビジネスでしたらスーツを着た男性など内容に応じて、表紙をデザインしていくと読み手に与える印象になります。

特に表紙は第一印象なのでデザインはしっかりと作り込みましょう。もし自分で作れない場合は、プロに依頼して見るのも一つの手ですね。

 

ヘッダーデザイン・フッターデザイン

これも、表紙と同様に大事な部分です。表紙に合わせたデザインでヘッダーとフッダーを作り込みましょう。また、ページ番号はフッダーの真ん中あたり等のわかりやすい場所に、ヘッダーにはブログへの誘導やお知らせなどを載せておくことです。

出来ればアイコンなどをおいて置き、そのアイコンをクリックするとブログに飛んだり、フェイスブック、ツイッターに飛ぶというような設定にしておくとURLの長い半角英数字が目に入らないのでお勧めです。

 

 ワーク 

以下をチェックしておきましょう。
ネットで配布する無料レポートに限っては、横書きで書くこと
フォントや文字サイズ・色に気を配る
一文が短く改行を入れたか?
イラストや画像を入れているか?
目次を入れたか?
表紙のデザインをこだわっているか?
ヘッダー・フッターデザインにアイコンなどを入れたか?

 

 

文章の基本的な4つの気を付けたいポイント

無料レポートは一対一の物である事を忘れないようにされてください。そのため3つの気を付けるポイントがあります。

  • 専門用語を使わず分かりやすい文章か?
  • ですます調で書いているか?
  • 話しかけているか?
  • ひらがなでかきましょう。

 

専門用語を使わず分かりやすい文章か?

まず、書き手が専門家であればあるほど、専門用語になりやすい傾向にあります。病院の先生、職人、学者などは、専門用語が標準語なので、なかなか難しいのです。例えば私の父親は大工なのですが、様々な専門用語があります。

筋交い、かなもん、ごぶいた、一間、?さっぱりわかりません(汗

この中で、一間というのがあるのですが、これはイッケンと呼びます。一間は長さの事で、6尺といって、1尺当たりの長さが、30.3センチ、一間は6尺→182センチという事なのです。これをいきなり、素人に

一間、一尺と言ったら、その文章を見たとたんに、先を読むのをやめてしまうのです。

では、わかりやすい文章というのはどんなものなのか?まずは専門用語を使わない事と、小学校高学年でもわかるような文章です。子供じみた文章というわけではなく、あくまでもわかりやすい、親切丁寧な文章という事になります。

 

ですます調で書いているか?

です。ます。というのは僕のブログの記事のような、相手に語り掛けているような文章の事なのです。目の前に一人の人間がいる様な感覚で書いていく事が語り掛ける文章となります。

また、コツとしてブログでは、あまり多用しない「あなた」という言葉を無料レポートでは使うべきです。あなたと使う事で、実際に読んでいる人は、自分に話しかけられているような気持になるのです。やってはいけないのは、「だ。である。」これを使わないようにしてください

あとは、文章のおわりに、「ね」「よ」なども効果的ですよ。

親近感を意識して書いていきましょうね

 

話しかけているか?

簡単に言うと、疑問文・会話文の事です。「●●していませんでしょうか?」「●●ですよね?」このような、文章に書き換えれる場所は書き換えたほうがいいのです。方法としては自分の書いたレポートを声に出して読み、会話になっているかを確認することが一番確実な方法です。

 

難しい漢字をひらがなにしましょう。

日本人ならひらがなを読めない人は、ほとんどいません。難しい漢字などはひらがなに変えてしまいましょう。全部ひらがなですと、わかりずらいのでやめたほうがいいのですが、何故よりも、なぜ、が良いですし、更にをさらに、といように、普段日本語としてつかっているような箇所はひらがなに変換したほうが、読み手にやわらかさ、やさしさ、という印象をあたえますので、結果的に読まれるという事につながるのです。

 

 ワーク 

以下をチェックしておきましょう。
専門用語を使わず分かりやすい文章か?
ですます調で書いているか?
話しかけているか?
難しい漢字をひらがなにしましょう。

 

まとめ

レイアウトの7つの工夫、そして文章の基本的な4つポイント、この合計11個の項目を意識して書いていくと、内容の素晴らしいレポートになります。ぜひぜひ実践されて、これからあなたの元にやってくるお客様への第一印象を覚えてもらいましょうね

今日は、文字数が3600文字ありました。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

無料レポートの作り方!クオリティーを高くする簡単作成方法