スピリチュアルの目覚めとは

信念やライフスタイル

 

「スピリチュアルの目覚め」

最近、クライアントさんや、メールマガジンの読者様から、頻繁にお問い合わせ頂いている事なのですが、

「村本さん私も最近、神的な話や村本さんのおっしゃっているアメノミナカヌシ様やトイレ掃除、見えない物の力、こういった所が本当はあるんじゃないか?気になり出しているのです」

それは、はっきり言いますが、少し目覚め出しているのだと思います。まず目覚めていない人は、スピリチュアル。とパッと見ても、何も思わないので、スルーです。しかし、スピリチュアルと言う文字を見たり、聞いたりして、なんだか気になる場合は、そこに気づいているのです。

気づかなければいけない。と言う事ではないので、どちらでも構わないのです。

目覚める段階があるのでここに紹介しておきます。

#01:自分が何者なんだろうと、考え始めスピリチュアルに意識が向く

・やってる事が尽くうまくいかなくなる
・何を自分はやりたいんだろうか?
・そもそも何で生まれてきたんだろうか?

#02:自分に素直に生きる事を始める

・方向性が決まり好きな事で仕事を始める
・魂のままに動き始める(ワクワク・楽しい・面白い・嬉しい)
・主に起業を始める事が多い

#03:魂のまま行動する

・毎日健やかに生きている
・楽しく自由に仕事をしているだけなのにお金に困らなくなる
・いつの間にか動いている。それは誰が決めたわけじゃないのにやっている。

#04:目の前に起きる現象は全て自分のせいだと気づく

・結局は良いも悪いも自分の感じる事。全ては自分の創造した世界を現実にしているとわかる
・悪い事にも良い事にも感謝の対象だったと慶(よろこび)になる
・未来から時間が流れていて過去は幻想になり今を大切に噛み締めながら生きる

#05:運命と宿命

・生まれる前から予め宿命通りに、生かされている事を知る
・宿命を諦めて生きる事を選択する
・宿命に逆らい運命を自分で開いていくのかを選択する

要するに、宿命で神様と約束した通りに生きるのか
もしくは、運命を自分で切り開いて生きるのか?

宿命には逆らえないが、運命は変えられます。

つまり、人間として楽しく生きるのか、もしくはこの世界の哀しみを背負い自然と消滅するのか

ここに、良いも悪いもないし、正しい間違ってるもない。大事なことは、あなたがどうしたいか。どうも考えないか。

ステップ1を理解しないと、全てのステップは進めません。目覚めとは、今回紹介した段階を踏んでいく事を言います。