商材を力技でさっさと作るべきそうすると・・・

コンテンツマーケティング

商材を力技でさっさと作るべき

結論:自分の商材(商品、サービス)があると知識の吸収が数倍になる。

  1. 商材が無い、ある人の見え方
  2. 商材があるので道が開ける
  3. 商材があるのでまた一つまた一つと商材が出来る

 

商材が無い、ある人の見え方

  • 商材が無い人:何を始めれば良いのか、何を学べば良いのかが分らない。
  • 商材がある人:どうしたらこの商材が売れるのかを学習すれば良いとわかっているから、そこから冒険が始まる。

 

商材があるので道が開ける

  • 商材があるので、ブログも頑張れるし、工夫も出来る。
  • 商材があるので、メルマガも楽しくなって行くし、自動化の仕組みが出来上がっていく
  • 商材があるので、仕組み化が成功すると何もしないのに毎日お金が入り出す

 

商材があるのでまた一つまた一つと商材が出来る

商材を売る方法の中に、ダイレクトレスポンスマーケティングという、一番効率が良い、主に、メルマガやステップメールを使ったマーケティングがあります。DRMと呼びます。

DRMをある程度マスターすると企業にDRMをコンサルティングして毎月お金儲けも出来ます。

DRMの手法の中に、

フロントエンド、アップセル、ダウンセル、バックエンド、クロスセルというセールスのやり方を学ぶことになると思います。

簡単に言えば、マクドナルドで、ハンバーガのみを注文すると、「セットがお買い得ですよ」と、一言掛けられる言葉です。

ハンバーガーだけだと120円くらいしかお金が儲からないのですが、セットになると550円の儲けが生まれます。

たった一言の「セットがお買い得ですよ」という気遣い。これをインターネットでDRMを用いてやるのです。

ですから、ネットで商材が一つだけだとあまり儲からないわけです。

フロントエンドを買ったお客様に対して、すぐにフロントエンドの関連製品をアップセルとして案内する。そして、購入後しばらくして、バックエンドを案内するわけです。

以下のようなイメージです。

ブログで毎月5万円を稼ぐためのはじめの一歩

売れるブログライティング術

(何を作ろうかな、お客様はこの後何を求めて、何が必要だろうか?)

と、()の中は、マーケッターである僕たちが考えていく事です。このようにして、商材を1個作ると、次々に何をお客様に提供すると喜んでもらえるんだろうか?

自然と商材は増えていくわけです。

ですから、今日のタイトルでもあるように、

「商材を力技でさっさと作るべき」

楽しく作れる人

難しく考えて作れない人

まあまあ楽に作れる人

1か月かかる人

あなたはどのタイプかわかりませんが、力技でとりあえず、1つ作ってみてください。納得いかなければ、継ぎ足したり、削除したりして、良いものを作ってみてください。

コツは楽しくです。

ではまた~

 

感謝

 

追伸

結論:自分の商材(商品、サービス)があると知識の吸収が数倍になる。

これを、話忘れておりました。

要するに、何かをすると、それを補ったり、集客したり、DRMをもっと学びたくなったり、

「勝手にやることが天から降ってきます」

あとは、そのやることを、苦労や努力でこなすのではなくて、顔を晴れてと書きまして、顔晴る(がんばる)れば良いのです。

充足感を味わえて爽快な気持ちになれますよ。そんな製品は大体成功して売れますので、はい^^