コンテンツ販売:「人生を良くする」ものが難しいのは良くない。

コンテンツマーケティング

コンテンツ販売:「人生を良くする」ものが難しいのは良くない。

人生を良くするものは?

  1. 簡単に使えるべき
  2. 人生を良くする物にする
  3. 読んですぐ実践できる
  4. 学習しやすい

結論:欲しい物であり、ワクワクする感情を感じてもらう

今日の記事は2000文字ですので、3分~5分くらいで読めると思います。時間をありがとうございます。

 

人生を良くするものは?

コンテンツ販売で間違ってはダメな事があります。それは簡単にする事なのです。私の尊敬している、斎藤一人さんは言います

  • 「簡単じゃないと続かないし、成功できないよ。」
  • 「レモンを与えられてソーダと砂糖を混ぜておいしくなるよね。成功するための種は与えられてるので、それをどうするかが、あきんどの仕事だよ」

どういうことなのか?

つまり、コンテンツ販売では、元々あるわかりにくい事を、わかりやすく翻訳して提供すると成功し続けることができる。儲け続けることが可能だ

こう、解釈しています。

 

#1:簡単に使えるべき

例えば、今はたくさんの書籍がありますし、沢山のブログなどあります。わからない事を検索して、調べてわかるに変えれば気持ちがすっきりしますし、人生が良くなったと感じます。

つまり、私たちは、わかりにくい手法や話を、簡潔にわかりやすく書いていく必要がありますし、話をしていく必要があります。

そうなると、読み手、閲覧者にとって有益だと、ブログやYouTubeを使ってもらえるのです。

 

#2:人生を良くする物にする

あなたの作ったブログの記事や、動画は、読者のためになる物にしておくことです。ジャンルによって、ペルソナ(ざっくり言えば対象者の事です)にとってためになると思ってもらう事です。

為になるとは?いろんな意味が含まれます。

例えば、ある有名な格闘家のYouTubeチャンネルがあるのですが、ため口をしたらキレるのか?という企画をしたり

パソコンのCPUやグラフィックボードのベンチマークがわかりやすく一目で比較してあるブログだったり、人によりためになるは違うのです。

ですから、あなたの狙っている、求めている、読んでほしい、見てほしい人が、どんな事が好みなのかを理解しておくことです。

そうすれば、手に取るように時代の流れでその時の流行が出てきますが、自分のペルソナと、流行やいろいろな要素が混ざり合い、化学反応を起こしたときに、

「あ~これやれば喜んでもらえそうだな」

という、頭の上の※アンテナを伸ばしておくことなのです。
アンテナを伸ばす:学習、対話、楽しむ、遊ぶ、リラックス、安心

あなたの提供するものは、相手にとって人生を良くする物に出来ているのかは、感覚でわかるようになって行きます。

 

#3:読んですぐ実践できる

コンテンツを作る者として私たちが出来ることは、

読者さんに対して

  • 読みやすい
  • 実践しやすい
  • 勇気がわいた
  • 笑ってしまった
  • 感動した
  • 等々

常に気に掛けることです。

しかし、そればかりを気にして、何もしないのは現実は変わっていきませんから、間違っても仕方ないし、別にいいや~と、自分を許しながら行動していくと、どんどん間違えなくなっていきます。

まずは、自分を大事にしてください。

そして、出来るようになってきたときには、相手に愛情をもってコンテンツを作ってください。

偉そうに見える必要もないし、頭がよく見える必要はありません。

自分がどう思われるかよりも、相手に良い人生になってほしいと思いながらコンテンツを作ることが一番のコツになります。

愛情がわかないならば、理想の女性や、男性、または愛情の持てる我が子を思い浮かべてコンテンツ作成に勤しんでください。

猫でも構いません、犬でも、あなたにとって愛情が持てる物でお願いします。

良いものが出来ますよ(笑

 

#4:学習しやすい

コンテンツは、文章、動画、音声など、全てにおいて、テンポよく淡々と伝えていく事です。

このブログで何度もお伝えしていますし、クライアントさんやお弟子さん、自分自身に言い聞かせているのですが、

  1. タイトル
  2. 結論
  3. 話す事を3つ~5つ
  4. 見出し:話す事1つめ
  5. 見出し:話す事2つめ
  6. 見出し:話す事3つめ
  7. 結論orまとめ

 

この流れで伝えるのが、一番伝わりやすいです。極端に言えば、短い必要があります。

「あそこのカレーはうまい」でも良いわけです。

ですが、これでは面白くはないので、なぜうまいのかを、上記のひな型に乗せて書いていくわけです。

最後の7番目に、自分の感情を入れると、あなたの人柄が伝わりますから、親近感や信頼関係、信用につながっていくわけです。

一番大事なのは、初めに結論を持ってくることです。

もったいぶると今後のコンテンツもまた、もったいぶらされるのか?と感じますから離れていきます。

 

結論:欲しい物であり、ワクワクする感情を感じてもらう

ここまでの解説にあるように、今回の話を実践していくと、自然と相手にとって欲しい情報、物になり、それを感じてもらう事で、ワクワクに繋がります。

後半でお伝えしたひな形を簡単な気持ちで使い始めてください。おそらく人によりますが、簡単に伝えたいことが、わかりやすく伝わりますし、あなたの喜怒哀楽も相手に伝わります。

続けることでしか、信頼関係や信用は生まれないので、引き続き楽しんでコンテンツを作ってみてくださいね。

 

ではまた~

感謝