【販売権利】記事作成、自分で作るのか?他人に書いてもらうのか?

こんばんは、村本です。

最近は、販売権利に関してのコンテンツを書いております。

これまでの記事
https://mailtui.top/category/contents-business/resalelight/hanbaikenri/

元々、リセールライトを中心として
webマーケティングを実践していますので販売権利に
関しては、得意な分野です。

さて、思い出してほしいのですが、以下

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ソーシャルメディア商材セールスプロセスを作っていく例
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ソーシャルメディア商材販売権利=19800円

ソーシャルメディアに関するブログを運営、記事数100記事

1記事2000文字×100記事=20万円

外注費 約22万

結果:100記事3か月後から

1日のアクセス数300

1か月間の売上本数 12本

売り上げ12万円

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

という物があります。

では、1日300アクセスくらいのブログにしていくためには、
ワードプレスで記事を投稿し続けていく必要があります。

今日は、その記事をどうしていくのかを解説

■自分で書いていく?

自分で書く場合は、

ネタ

これを、集める必要がありますので、

お客様の悩み、書籍、web教材、他社のブログ
個人のブログ、お悩み系サイト

ネタを集めていくには、
こういった物を、リサーチしていく事です。

そして、書いていくテーマが決まりましたら

初めに、

結論を書きます。

「記事を見る事でこういった悩みが解決する」
「記事を見る事で、こういったメリットがある」
「この記事はこういった記事でこういった人が見て」

という事を書きます。ようするにタイトルです。

次に、

目次を書いていきます。

ようは、見出しです。

見出し2→見出し3

これを、書いていきます。

タイトル:web検索のように書籍も一発で読みたいページ開く方法

見出し2:紙の媒体は検索できないとあきらめる

見出し3:検索できないから感覚で訓練

見出し4:指に紙の厚さを覚えさせる

見出し3:実はこういった便利ぐっつを厚紙で作れる

見出し4:その辺の雑貨屋でこれを買おう

まとめ:

このように、先に見出しを決めておくと、
ただ、文章を入れていくだけになります。

これで、たいていは自分で記事を書けるようになるので、
あとは、3か月間頑張れば、そこまで意識しないでも、文字数
2000文字ほどのコンテンツを書くことは苦ではないです。

文字数2000文字というのは、最近のコンテンツSEOの視点から
2000文字以上がいいよという事を一般的に言われています。

■他人に書いてもらう?

他人への依頼は、1文字最低でも1円で書いてもらう事です。

クラウドワークスなどの外注サイトで募集を書けるのですが、
感謝が多く、実力のある人を選択するようにしてください。

記事は命とも言えますので、過去の実績を見せてもらい
相手に伝わる文章であるのか?

この辺をしっかりと見ていきます。

では、感謝が多く実力のある人というのは
どういうひとか?

■感謝が多い

まずは、あなたが募集をすることになります。

そして、いろんな人が応募してきますので、
ちょっとしたやり取りをやっていきます。

真剣に自分のビジネスを伝えてください。

自分がこういったビジネスを手掛けていて、
こういったことをお客様に伝えて幸せにしていきたい。

そして、対応を待ち、

天国言葉と地獄言葉が含まれているかを見ます。

地獄言葉

恐れている、不平不満、グチ・泣き言、文句・悪口、心配事、ゆるせない

天国言葉

ありがとう、ついてる、感謝、うれしい、たのしい、幸せ、ゆるす、愛してる

もし、相手の対応の中に、地獄言葉が入っていれば、やめたほうが良いです。

出来るだけ、この天国言葉に関する言葉が入っている方を選択してください。

たぶん、こんなユニークな事を言うメルマガの人は私くらいしか
あんまりいないと思いますが、実際そうだったので仕方がありません。

特に、仕事が遅く、なにかしらのトラブルがあったときは、
初めの対応で、他の募集者の文句を言ってたりすることが多かったです。

■仕事ができる

早い

やすい(妥当)

うまい

この、3つの力を持っている人を選んでください。

過去の実績をまずは見て、天国言葉と地獄言葉をみて、
クリアーした人を3人ほど選びます。

彼ら3人に、10記事ずつ書いてもらいます。

その中で、上記の、

早い

やすい(妥当)

うまい

が、一番良かった人に、記事を全て任せていきましょう。

この人には、あなたの売り上げが上がるにつれて、
やすいを、安いままではなく、ちゃんと対価を支払うように
感謝して払いましょう。

■おすすめは?

やはり、これはどっちもになります。

自分で書いて、自分の言葉をちゃんとお客さんに伝えることで
始めて、気持ちが伝わりますし、感情がこもります。

まるで、魔法です。

ですが、自分には労力的な限界などもどうしても
人間ですので、出てきます。

そんなときに、他人にお願いして書き続けてもらいましょう。

■楽はあの世に行く時で良い

楽して、お金を稼げるのは確かです。
ですが、味気のない人生になってしまうのです。

自分で、自分の腕を磨き、何もなくても
自分の知識や技術があれば、たとえ破産しても
3か月で前の収入に戻れるくらいにまで実力を
上げたほうが良いです。

文章は、なくならないので、文章の仕事は
くいっぱくれがないのです。

他の人より少し上手なだけでかまいません。

それで、確実に飯が食える時代は、ずっとづついております。

肝心なのは、

「自分の思ったことを自分で文章などで表現する事」

ようするに、世界に一つだけのものです。

では、明日は、セールスレターをどうするのか?

に関して書いていきます。

感謝します。

村本直

追伸

今日は、このメルマガを書くのに40分でした。

そういえば、ブログでもメルマガでも、管理画面に
直接書かないほうが良いです。

ワードプレスは書いても良いです。

というのは、まちがって、ブラウザの×ボタンを押したりして
せっかく書いたコンテンツが消えてしまう事もあるのです。

メモ帳やワードに書く癖を付けたほうが良いですよ。

僕も何度も、失敗して5000文字くらいのコンテンツを消したこともあるし
あの時は、かなりへこみました。

最近になってやっとメモ帳に
初めに書くようになりました。

コンテンツ起業法メルマガ

記事を読んでくださってありがとうございました。無料のメールマガジンでも情報をお届けしております。ブログでは書けない情報なども書いております。またコンテンツ起業法という140ページの無料イーブックも付いてきますので、よろしければ受け取ってくださいね。