フェイスブック32個のできますリスト。

フェイスブック32個のできますリスト。

  1. 今現在オープンしているかどうかが初期画面でわかりますし、お店のホームページにもすぐにアクセスできるようになっています。
  2. 直近のイベントについてのお知らせや最新情報が一番上に掲載されることになりますので、見逃すことのできないお得な情報をチェックすることができます。
  3. コメントなどについても掲載した日付と時間が表示されますので、リアルタイムにコメントをすることでつながりを感じることができます。
  4. 文字と写真が同時に掲載できますので、説明不足になることなく、どんなところが注目度が高いのかがすぐにわかります。
  5. 新発売、先行販売、キャンペーン、限定販売などの情報もリアルタイムに更新されていきますので問い合わせをする手間と時間を省略することができます。
  6. 動画もアップすることができることから、イメージにあう動画や画像や文字だけでは説明が不足する場合でも対応することができます。
  7. ショーやイベントなども情報をアップすることができますので、会場の盛り上がりを余すところなく伝えることができます。
  8. これもおすすめの欄からは現在見ているフェイスブックと関連する企業や似ている企業にジャンプすることができるようになっており、自分の知らなかった世界を広げることができたり、同じような趣味や嗜好を持つ人たちとの交流につながるチャンスができます。
  9. ホーム画面が随時更新されていきますので、見るページをあちこち移動することなく、登録しておけば新しい情報を知ることができるようになっているところもフェイスブックのメリットです
  10. 基本データでは住所や連絡先のメールアドレスやホームページ、電話番号、営業時間と簡単な説明があり、事業内容などを知ることができます。
  11. 使用された写真はアルバムとして一覧で見られるようになっており、アップされた日付や時間もわかるようになっています。ホーム画面でアップされたものが自動的に登録されるようになっていますので余計な手間と時間がかかりません。
  12. 写真を一覧で見ることで掲載している相手方の嗜好や趣味を感覚的に知ることができます。
  13. いいねのコメントは有名ですが、いいねの欄もあり、話題にしている人や合計のいいね、新規のいいねがグラフで表示されるようになっており、注目度の高さをチェックすることができます。
  14. 宣伝効果についてはイベントや舞台などで直接反応を体感することやアンケートで回答を分析することでしか把握できないものでしたが、どれだけいいねがあったかどうかで自動的に比較することができるようになっています。
  15. もっと見るの欄では動画や投稿をチェックすることができますので、どんな反応がいつあったかどうかをすぐに確認することができます
  16. アカウントを作ってログインすれば、自分の名前でコメントを残すことができますし、作成者と直接やりとりすることができます。
  17. 作成方法はシンプルで地域ビジネスまたは場所、会社または団体、ブランドまたは製品、アーテイスト、バンドまたは著名人、芸能エンタメ、慈善活動またはコミュニテイと分かれていますので、それぞれの分類からカテゴリを選択して、名前をつけ規約に合意することでページを作成することができます。
  18. 個人用アカウントからページを管理することができますし、名前やメールアドレスについては公表することに同意しない限り公開されることはありませんので、好きな名前で登録をしてコメントを残すことができます。
  19. ホーム画面ではいいねのコメント数と現在チェックインしている人の数が自動カウント表示されますので、今どれくらいの人が同じ画面を見ているのかがわかります。
  20. 相手方が企業の場合にはホーム画面に住所と地図が掲載されますので、ほかの画面で地図を探さなくてもルート情報を手に入れることができます。
  21. 同じアカウントを使い、ほかの支店からも投稿することができますので、世界中の情報を知ることができます。
  22. ビジネスの場合にはイベント情報も掲載することができますので、その画面をみればどんなイベントが開催されるのかをチェックできるようになります。
  23. ビジター投稿では星付きで感想をコメントすることができますし、掲載された意見やクレームに回答することができます。
  24. 総合得点ではファン数、エンゲージメント合計、総合得点がカウントされるようになっており、大企業が上位にランクインしています。
  25. どれだけ写真や掲載する情報に細かく気を配り、センス良くアピールするかが重要になっているのです。
  26. コンテンツについてもどれだけ多くの種類をアップできるかが、見ている人たちの好みにあうかどうかにかかってくることになります。
  27. スポンサー契約をしているアーテイストやスポーツ選手の活躍についても写真を掲載したり、コメントをアップしたりすることで注目度をアップさせることができます。
  28. 企業によってはイベントの参加についてもホーム画面を利用してクリックするだけで参加申し込みの画面に飛ばすことができますし、同じ方法でプレゼントの応募にも利用できます。
  29. 応募のクリックと応募にかかる注意点などについてのクリックを別にすることで、必要な情報を必要とする人だけにチェックしてもらうことができます。
  30. 応募者から見れば、はがきや切手を用意することなく、気軽に応募することができますし、当選した場合でもメールで連絡をもらうことができますので、自分の都合のよいときにチェックすることができて便利です。
  31. 言語を問わずアクセスしてコメントを残すことができますので、事業を国内だけでなく世界的なものに拡大していくことができます。現在の情報だけでなく、過去にさかのぼってチェックしていくのも経過や動向が把握できるので便利です。株主優待制度やIRに関してもホーム画面を利用することで詳細を知らせることができるので便利です。
  32. ちょっと困っているのだけれどどうしていいのかわからないという質問をしてもすぐに回答をしてもらえるというメリットがあります。