フェイスブックビジネスとは?SNSでのビジネス志望者に必見!

フェイスブックとは?

フェイスブック(Facebook)とは、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)のことです。

「FB」と省略されて書かれることもあります。これは世界最大のSNSで、世界中の人たちと実名で知り合い、連絡をとり、交流することのできるサービスです。

そのため、インターネット上でよくある本名ではなく「匿名」を使うということはありません。

実名でなくては、登録をすることができないのです。

しかし「実名を使って知らない人に自分のことが知られるのはいやだな…」という方も多いかと思います。そんな心配をすることなく安心して人との繋がりがもてるのがことSNSの良いところです。

 

 

フェイスブック始め方

まずは始め方についてお話します。まずはフェイスブック内で使う自分のアカウントを作成します。その際には自分のプロフィールを入力しなくてはなりません。名前、生年月日、連絡先、勤務先、自分のプロフィールにつかう写真など、項目がいくつかあります。

名前はもちろん実名で登録しなくてはなりません。そのため生年月日や学歴などもご本人のものを登録することになります。しかし、「自分の情報が知らない人に知られるのが不安」など、あまり人に見られたくない、知られたくないものがあるという方もいると思います。

 

公開範囲を決める。

その場合には、自分の情報の公開範囲を決めることができます。

「自分と友達になった人しか見ることのできなようにしたい」
「友達の友達までならいいかな?」
「いや、自分しか見れないようにしたい」

などといったもの、全てに対応しているため一人一人、自分の公開したい範囲で設定し、相手はその範囲内で見ることができます。

自分のアカウントを作ると、友達を検索しアプリ内でその人と友達になり繋がれることができる、その友達の近状を知ることができる、また、自分の近状をアップしみんなに知ってもらうことができる、など様々なことができるようになります。

自分の近状は、写真をつけて載せることができますし、動画を付けたり位置情報を載せることもできます。その際には、自分のアカウント作成時と同じようにどこまでの人たちが自分の投稿を見ることができるのか設定できるので安心です。

 

ビジネスとして使う場合は、Facebookページを作成

そして今注目されているのが、

「フェイスブックのビジネス活用」です。

Facebookページといい、先ほどの個人ページとは異なり、会社名、商品名でアカウント(ページ)を作成することができます。このページはいくつでも作成することが可能なため、各店舗ごとにページをつくることができます。各店舗ごとに作成することにより、各店舗ごとの特徴や場所をより正確に発信することができます。

 

ビジネスページを作る3つのメリット

このビジネスには、

・このSNSを通じて世界中の人に商品や会社について知ってもらうことができる。
・自分の投稿した商品などを気に入ってもらえばいいね!がもらえ、その数によりその商品がどれだけいいのか、数字で知ってもらうことができる。
・自分の投稿した内容にメッセージなどコメントをもらい、何が良くて何が悪いのか、声をきくことができる。

など、様々な利点があります。

 

良い物は拡散シェアされる。

例えば、○○企業のアカウントがあったとします。その企業で来月発売される商品について、写真や動画を付けて掲載します。するとその企業のアカウントと友達な人、又はその企業のアカウントをフォローしている人がその内容を読み、いいね!をしたり、その投稿をみんなに知ってもらうためにシェアをします。

するとその、いいね!やシェアをした人の友達がその企業の商品の内容を知ることがでるのです。またそれをいいと思った人がシェアをし、色々な人へと広がっていき、より多くの人にその商品について知ってもらうことができるのです。

いいね!が多ければ多いほど、その商品について良い印象を持っている人が多いということになります。数字でどれだけの人が良いと思っているのか分かった方が安心感も信頼感ももつことができます。

 

コメントをしっかり付けて対応したい

また、その記事について質問や感想などのコメントがきた場合には、そのコメントへの返事の仕方や内容、対応によりその企業がどのような企業なのか知ることができます。

そしてなんといっても、世界中の人と繋がることができるので他の国の人もその商品についての情報などを知ることができるのです。英語で文を書けば和訳をつけて掲載されるので、誰でも読むことができます。まさに人と人との繋がりでのビジネスです。

商品紹介など以外にも、社内の様子や会社の良い部分などを発信することで、その企業のイメージアップにも繋がります。その投稿した記事を見てその企業に興味をもちフォローをする人もいるでしょう。増えれば増えるほど、より多くの人に商品や企業を知ってもらえるチャンスがひろがります。

 

フェイスブック広告を出して広めることが出来る。

そしてFacebookページならではの特徴は、広告を掲載できることです。目的に応じて様々な形、内容の広告を掲載することができます。ターゲットを絞り広告をだすこともできます。(年齢、勤務先、趣味、地域など)これは他のサイトで掲載するよりも安く掲載することができます。

他にも、30人以上のいいね!があるFacebookページであれば誰でも無料で回覧することのできるページインサイトと呼ばれるものがあります。これは、どのようなアカウントの人がいいね!をくれたのか、どの投稿が一番反響をよんだのか、など様々な項目ごとに解析し知ることができます。

そのために、この商品がどの年代の人に注目されているのかなどが知ることができるなど、幅広く活用することができます。

 

まとめ

個人ページとFacebookページではどちらなりの特徴があり、様々な利点がありました。今ではほとんどの人が携帯をもち、SNSを利用しています。この2つページのそれぞれの利点を生かして自分の生活に役立つ使い方をぜひしてほしいです。しかし世界中の人たちが利用しているので、使用注意を守りながらより安全にマナーを守り活用してもらいたいです。