3回目:コンサルティングのサービス内容参考例

3回目:コンサルティングのサービス内容参考例

コンサルティングやコーチングには松竹梅の3つのパターンを用意すると良いと思います。画像は実際の私のサービスである。村本コーチングの内容です。

実際のページはこちらです。

村本コーチング

シルバーは、過去に作った商材のアクセス権利と、毎月僕の配信している有料のコンテンツ、メンターの教えが受け取れます。

ゴールドは、シルバーの内容にプラス入会月からの商材配布です。私は特殊体質で毎月商材を作成しているので、その15000円〜39800円の価格設定の商材を受け取ることが可能にしている

プレミアムは、ゴールドの内容にプラス、個人のメディアチェックやスカイプ相談、JVもお互い納得すればすることも可能と言うことにしている。他にもプレミアムは入会時に39万円のメンターの教えや、メルマガノウハウなど合わせて50万円相当の商材を受け取れます。

コンサルティングサービスは、基本的には、サブスクリプションか、年間一括支払いに対応したら良いと思います。ここだけの話、コンサルのアップセルとして、サブスクリプションで参加した顧客に対し、年間一括案内を案内して、2ヶ月分が無料になったり、何か強力な特典を準備してアップセルで案内できることも参考になさると良いと思います。

村本のコンサルティングやコーチングに参加される人の特徴として、やはり私のこの特殊体質を伝承されたい人が多いようです。

あなたの特技「も」強みにする良いと思います。

なぜ、「も」なのか?は、基本的に行動はクライアントに委ねるからです。ガチガチのコンサルタントの場合は、相手のスクリプトに直接テコ入れをするのですが、会わないコンサルティングになると、基本的には相手中心の考えのもと、進めていくからです。

宿題:

1:あなたの強みはなんだろうか?
answer:

2:会わないコンサルタントとして覚悟は決まったか?
answer:

3:毎月提供できるコンテンツ製品は何を提供できるのか?
answer:

4:その毎月の製品は作成が億劫では無いか?楽しいの?
answer:答えをあえて書くが、億劫でも無いし楽しい。(楽しく無いものを毎月の製品にしてはいけません)

まとめサイト

コロナ自粛中から進めて行く 人に会わないコンサルティングへ移行