15年以上ネットビジネスをやってきた村本とは?

sales funnelを知る・計画を練る

むらもとすなお

横文字で難しいですが、ネットで経済自由のための自動化の仕組みを作りたいあなたは時には歯を食いしばる事も大事かもしれませんね(笑)紙とペンを準備してもらうと嬉しいです。

目次:sales funnelを知る・計画を練る
  1. セールスファネルを理解する
  2. 自分の人生を振り返りマネタイズできる物を探す
  3. 対象者は誰なのかを明確にする
  4. 対象者は何を解決したいのか?
  5. セールスファネルを早速構築する
  6. マネタイズのコースや教材を作る

1:セールスファネルを理解する

例一覧

2:自分の人生を振り返りマネタイズできる物を探す

lect on your life and look for things you can monetize.

質問1:なんでも願いが叶うとしたら?3つ以上書きましょう。

  1. :
  2. :
  3. :

お金持ちになる。車を買う、家を買う、彼女を作る等々自由に書いてOKです。


質問2:自分と他人も巻き込みながら楽しくなる方法をあなたなりに教えてください。

  1. :
  2. :
  3. :

例:ファンと一緒にゲーム実況をして、自分が配信者になり、広告収入で飯を食っている等々


質問3:既にそうなっている人をネットや本で探してみてください。

  1. :
  2. :
  3. :

YouTube、ブログ、SNSそうなってる人を探し、チャンネルやメルマガ、Line@に登録してみよう


質問4:もし可能なら、その人にメンターになってもらいながら、マネしてみてください

  1. :
  2. :
  3. :

尊敬できる人の教材を買ってみる。教材の名前を書いてください。メンターの名前を書いて、何を真似するのかを書いてみてください。


質問5:自分が情報発信する側に周り楽しさゆえに疲れない状況か?を未来の自分と話し合ってください。

今のあなたから未来のあなたへの質問:

質問を書いてみる

未来のあなたから今のあなたへの助言:

助言を書いてみる

未来の自分からの回答例:「うん大丈夫よ。それお前好きだよ。本心で言ってるし、想像してみてごらんよ。なあ?毎日楽しいやろ?だからお前はそれやるべきなんだよ^^」

バカみたいな話かもしれませんが、ここに書いた質問に回答すると、自分が何者であり何をしたいのかが、明確にわかるようになるので、ぜひ紙に書いてみてくださいね。


3.対象者は誰なのかを明確にする

自分の事が明確になったあなたはほぼこの時点で成功者の仲間入りだと思ってもらっても過言ではないです。

  1. 相手は何歳?
  2. どんな性格?
  3. 年収はどのくらい稼いでいる?
  4. 既婚?未婚?
  5. 何を重じているのか?軽んじているのか?
  6. SNSでフォローしている人はどんな人か?

4.対象者は何を解決したいのか?

質問形式よりも、相手の話を聞くという形で進める事がポイント

できれば、顧客さんが良いですが、いない場合は、見込み客を見つけて質問をしてください。

ただ、質問と言う形だと、本音を言わないので、一緒に、酒を酌み交わしたり、ぶっちゃげ話をすると後々の売り上げがかなり上がります。

会う事が出来ない場合は、スカイプで会話でも構いません。経験談を少し話しますが、仲が良くなって行くと、深いところまで話せます。

5.セールスファネルを早速構築する

まずは質問ですが、あなたはセールスファネルを持っていますか?持っている場合は、一度ここまでに解説した事をもう一度実践してください。そして今お持ちのファネルで本当に良かったのか?を自分に質問してください。

もし、即答でOkが来ない場合は、面倒ではありますが、もう一度、作る事をお勧めします。

また、まだ持っていない場合は、以下の質問に答えてください。

リードマグネットには何を持ってきますか?

即効性のある物が好まれます。1日5分でー5kg

フロントエンドには何を当てはめますか?

リードマグネットに関連する何かをあてはめましょう。

アップセルには何を当てはめますか?

フロントエンドを強化するもの補う物をあてはめましょう。

バックエンドは何を持ってきますか?

たとえば、コンサルティングやコーチング、フロントエンドに間接的に関連しているものをチョイスしましょう。

6.マネタイズのコースや教材を作る

  1. リードマグネット
  2. フロントエンド
  3. アップセル
  4. バックエンド

これらに何を埋めるのかを決定しましたら、早速それぞれの作業に取り組んでみてください。

提供するコンテンツは、PDFなどのイーブック、Wordpressでコース風に、音声ファイルでポットキャスト風に、ブログの記事風にテキストを見せてもOK

いずれも、PW付き、限定性を持たせてダウンロードサイトなどで案内しましょう。

sales funnelを知る・計画を練る は、以上になります。次はオンラインコース作成になります。