フラッシュシーズン3.第17話 走って君のもとへ Grant Gustin – Running Home to You

主人公のバリーとアイリスがしばらく、距離を置いていたけど、バリーがこの曲を歌いながら、最後にアイリスにプロポーズするシーンは、ものすごく感動した。

実際のワンシーンはこちら

この歌の歌詞が良すぎる

Can’t say how the days will unfold,
Can’t change what the future may hold.
But, I want you in it,
Every hour, every minute.

この先の日々がどのように広がっているのかはわからない
将来待ち受けているかもしれないことは変えられない
でも、きみにはそこにいてほしい
いつも、どんなときも

This world can race by far too fast.
Hard to see while it’s all flying past.
But, it’s clear now,
When you’re standing here now.
I am meant to be wherever you are next to me.

この世界はあまりにも早く、競うように変わりゆく
目まぐるしく変わる時の中で、確かなことを見つけるのは難しい
でも、今きみが僕の目の前にいて、
わかるんだ
君がどこにいても僕の隣りにいることが運命なんだって

All I want to do,
Is come running home to you,
Come running home to you.
And all my life I promise to,
Keep running home to you,
Keep running home,
To you.

きみのいる家に走って帰ってくること
走って帰ってくること
それだけが、望みなんだ
全てをかけて約束する
君のいる場所へと帰り続ける
走り続けるよ
君のもとへ

And I could see it,
Right from the start,
Right from the start.
That you would be,
Be my light in the dark,
Light in the dark.
Oh, you gave me no other choice,
But to love you.

わかっていたんだ
はじめから
そう、はじめから
あなただってことが
暗闇の中で僕の光となって
闇を明るく照らす
きみは僕に選択肢の余地なんてくれないんだ
きみを愛するという事以外

All I want to do,
Is come running home to you,
Come running home to you.
And all my life I promise to,
Keep running home to you,
Keep running home?
Home to you .

きみのいる家に走って帰ってくること
走って帰ってくること
それだけが、望みなんだ
全てをかけて約束する
君のいる家へと帰り続ける
家に帰り続ける
君のいる家へ

Can’t say how the days will unfold,
Can’t change what the future may hold.
But, I want you in it,
Every hour, every minute.

この先の日々がどのように広がっているのかはわからない
将来待ち受けているかもしれないことは変えられない
でも、きみにはそこにいてほしい
いつも、どんなときも

引用元 Music is by my side http://music-is-by-my-side.seesaa.net/article/452353131.html

 

きみのいる家に走って帰ってくること
走って帰ってくること
それだけが、望みなんだ

この歌詞が好きすぎた。

 

ちなみに、スーパーガール版がこっち

女性の声で聴くのも、また違う味わいがある。感動してしまう。泣きながらブログを更新するおっさんw

コンテンツ起業法メルマガ

記事を読んでくださってありがとうございました。無料のメールマガジンでも情報をお届けしております。ブログでは書けない情報なども書いております。またコンテンツ起業法という140ページの無料イーブックも付いてきますので、よろしければ受け取ってくださいね。