とりあえず、リードマグネットとフロントエンドを作りませんか?

こんにちは、村本です。

リードマグネットとフロントエンドを作っていますか?ネットでマネタイズをしたい場合は、すぐでもセールスファネルを作ってください。

 

むかしから、

セールスプロセスを作ろうセールスファネルを構築しようということを、ずっと行ってきましたが

セールスファネル
  • リードマグネット
  • フロントエンド
  • アップセル
  • バックエンド
  • これらを、稼働させる仕組み
  • 等々

結構やることが多いんですよね。で、作業を始めてみると

 

  1. 分からないことが出てきた
  2. 検索する
  3. 分からない事を見つけようとするが他に魅力的な稼ぐ方法が見つかる
  4. 分からない事を調べていたことを忘れて魅力的だと感じてしまった方向に行ってしまう

という、パターンが結構ありますよね?

むかし、僕はそうだったので、このパターンに陥って、本来やるべき調べ物ができないで、堂々巡りになっている状況をよくわかっています。

だけど、本来やるべきことっていうのは、ぼくらで言えば、セールスファネルをいち早く作る事ですよ。

ネットで稼ぐの基礎はDRMですから。

DRMを実践するうえで、セールスファネルが大事であってその中に、フロントエンドなどがあります。

で、集客が出来ればいいのですが、それは、また別の事であります。

根本はDRMをネットで実践していくという事はずーっと相変わらずやっているわけです。

もうね、DRMの教材を買ったのが11年前だろうかその時からずーっとやってます。手法はいっぱいあるし時代の流れは速いしだけども、ずーっと変わらないのは、DRMであり、

ネットで大きく稼いでいる人はこれをやっぱりやっている形は変わっていますね。

メルマガといえば、まぐまぐでした

でも、まぐまぐの代理登録が有料審査制になった時独自配信がいいぞ。

という事でまぐまぐ以外のメルマガスタンドASPがはやりましたでも、これって、独自配信じゃなくてレンタルしている事に変わりがない事をみんなわかりだして、独自のサーバーにCGIを導入して配信をやったりしましたね。

そして、つぎは、ステップメールのASPでしたね。

メルマガスタンドと検索するとメルマガを配信できるスタンドとステップメールを配信できるスタンドというのが、

みんな、なんだこれは?

となった時代もありました。

その時代は、ステップメールを使ったやり方を解説したステップメール教材が業界を騒がせたんですよね

ぼくは当時、このステップメール教材の作成者の方に自宅にまで来てくれてアドバイスをいただきとてもお世話になりました。

この恩はずっとわすれません。

同じ時期に900ページの無料レポートを配布して神ががった文章を書いていたNさんにも、とてもお世話になりました。

このお二方に、ステップメールを教えて頂きすばらしさを教わりました。

あれから、10年か11年かな結構立っていますが、この人たちのお弟子さんとか関係者が今のネット業界を動かしているように思えます。

そうそう、WさんやKさんという大御所の方もいますが、この方々にも教材を通して大変お世話になりました。多分数百万は払って勉強させてもらいました。

この人たちがみんな言っているのは、DRMだったのですが、

ずーっと、これをやっています。

最近、もう一度この人たちの教材を見直すことがあったのですが昔よりも、腑に落ちて心に入ってきます。

話がそれたのですが、形の話に戻ります。そして、時代は流れて2016年ごろですかね
line@が流行りだしましたね。

神田正則さんのセミナーでメルマガは終わるので、line@が来るとそういった発言がありました。

そして、この業界の人たちもみんなline@を始めました。そして、line@のステップメール版が出てきました。

でも、結局は時代は変わり形は変わっているのですが、ネットで稼いでいる人(少ない労力で自由な人生を歩んでいる人)

は、

皆といってもいいほど、DRMをやっています。

人気のユーチューバーは朝から晩まで働いています。

ヒカキンさんも1日中パソコンの前で企画を考えて、編集したりやっているみたいです。人気の方もやはり、編集に最低でも2時間か3時間は使ってやっています。

なので、少ない労力で稼いでいくには、人気ユーチューバーになるのではなくて、やはり、DRMなのです。

  • YouTubeはあくまでも集客の一つにすぎません。
  • Facebookもそう
  • Twitterもそうです
  • ブログだってそうです。

でもすべては、DRMを使わないと、いつまでたってもラットレースから抜け出せないのです。

だからこそ、DRMを再現できるセールスファネルの初めの段階

リードマグネット→フロントエンド

 

まずは、これを、作ったほうが自由な人生には、かなり早いです。

まとめ

何もわかっていない人がうすぺっらい事でぎゃーぎゃいったり、騒いだりやるんですが、ぼくらのやることは、あくまでもDRMだと考えています。

なんで、僕がユーチューブをやったりFacebookをやったり、いろいろやっているのは、すべて、DRMにつながってくるからです。

DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)とは、100年以上前からあるマーケティング手法です。その手法は時代の流れと共に変化しております。

例えばネットビジネス初期のころは「メルマガのリストを集めてお客さんと対話して商売をしていく」という事でした。

現代もその風潮は一緒ですが、「フェイスブックでリストを集めて、line@で友達を集めて、Twitterでフォロアーを増やして、ユーチューブでチャンネル登録者を増やして」という感じで、形は変わってはいるのですが、興味のある人を集めて対話してほしい製品を作っていくというやり方は全く相変わらずです。

やはり、効果が高いのは、プッシュ型の媒体で対話しながらお客様の悩みを聞き、製品を作って販売する事。

SNSもスマホやタブレットに通知が行くので、ある意味ではプッシュ型ではあるのですが、今もなお、メルマガやステップメール、line@がモロにプッシュ型なので最強だと考えています。