情報商材の売り方は2つだけ

こんにちは、村本です。情報商材の売り方は2つしかありません。

結論:情報商材の売り方は、オープンに販売する低価格製品とコミュニティーの中で販売する高額製品のたった2つだけ

  • 低価格でいつも買える製品
  • コミュニティー内でしか買えない高額製品

 

低価格でいつも買える製品

この二つです。具体的な価格は、低価格は1万円以下の製品です高額な製品は1万円以上になります。成功者の戦略を少しお伝えしますが、これは2種類です。

  1. マスを広めるやり方
  2. ターゲットを絞ったやり方

マスを広めるやり方

マスを広めるやり方は、例えばあなたが心理カウンセラーだったとしても、心理カウンセラーのなんとかです。と名乗ってしまわないことです。なぜかと言うと、心理カウンセラーのなんとかです。と言ってしまうと、全てのことを、心理カウンセラーの視点で作っていくことになるので、範囲が狭まります。

では、どうしたらいいのか?例えばこうです。「私は人の幸福やお金を増やす方法を様々な視点で研究し続けている人です。特に心の部分で補助していく仕事をしています」このような感じですと、幸福の話や、お金の話、心の話を、人間全体的な話ができますので、マスを広げることが可能です。よくあるのは、YouTubeを使ってマーケティングを展開している人が使っている手法ですね

ターゲットを絞ったやり方

マスを広げて入ってきた人に対して、今度は絞っていきます。例:「お金をTwitterを使いメルマガと連動させて儲けたい人はいませんか?」と、そして興味がある人にだけ、リードマグネットを配ります。リードマグネットを請求してくれた人にだけ、Twitterとメルマガの連動方法を95%ほど無料でギブしていきます。残りの5%は有料にして、1万円以上で販売していく流れになります。

今回は、Twitterとメルマガでしたが、特になんでも構わないのです。

もう一度言いますが、

マーケティングは2つです。

  1. マスを広めるやり方
  2. ターゲットを絞ったやり方

これを、見事にやっていくと、血液の流れのように循環し、集客に成功します。

コミュニティー内でしか買えない高額製品

もう既に。答えを言いましたが、もう一度お答えしますね。マスを広めて入ってきた人に対して、今度は、ニッチな製品がありますが、あなたは興味がありませんか?

と、投げかけるだけになります。コミュニティー化する段階で役に立つのが、やはりメールマーケティングです。そして、もう一つは無料〜低価格なオンラインサロンも有効です。

  • 俺についてこいタイプの人は、メルマガ
  • みんなでやっていこうぜタイプの人は、オンラインサロン

これは、あなたに合わせてコミュニティーを作ってください。例えばマスを広める為のマーケティングとしては、YouTubeが活用されていますが、登録者が1万人突破したら、比較的入りやすいオンラインサロンを開催すれば100名以上は入ってくると思います。

時間はかかりますが、育てがいはあります。

私も、YouTubeが1万人超えたら、楽しそうなのでやってみたい次第です。

結論:情報商材の売り方は、オープンに販売する低価格製品とコミュニティーの中で販売する高額製品のたった2つだけ