自分で作るのか?販売権利を買うのか?

商材は、自分で作ったが良いの?販売権利を手に入れるの?

コンテンツ販売において、自分で商材を作るのか?

もしくは、既にあるものを手に入れて
時間を短縮させるのか?

この2つの選択があります。
どちらがいいという事はないのですが、
時間を短縮させて効率よくお金を稼ぐには、
販売権利を買ってしまうのが早いです。

自分で作る場合に掛かる時間

商材作成には、ノウハウを一から作成していかなければ
いけませんから

慣れた方でも、1週間は掛かりますし、
やったことがない方であれば、
1か月間は掛かるかもしれません。

商材の作り方は、ワードをPDFにするのが
最も一般的で入りやすいので、
PCを使って、コンテンツの作成をしていく事になります。

例えば、100ページの商材を作るとすれば、

1日3.3ページ作っていくとすれば、30日間で約100Pです。

しかしその前に、何の商材を作るのかを考えなければいけませんから、

自分の中にある知識や、興味のあることなどを

洗いざらい、脳の中を紙に書くなどして自分を
リサーチしていく必要があります。

そして、知識や興味のある事の中で
最も効率が良く、その知識を必要な人がどのくらい
市場にいるのかを調べていく必要があります。

やり方は、お悩み系サイトや、書店に出向き
悩んでいる人が多いのか?

その知識に関連する書籍はたくさんあるかどうか?

これをまずは調べます。

次に、ソーシャルメディアやブログを使い
知識をコンテンツに変えて出していき、

どれだけの人が寄ってくるのかを見ていく事になります。

そうして、寄ってきた方々と交流し
深いところまで悩みなどをアンケートで聞き出し
コンテンツを作成していきます。

そして、たまったコンテンツをまとめて商材にしていきます。

これで、商材の出来上がりです。

次に、コピーライティングの技術が必要になります。

ようは、セールスレターになります。

そして、販売サイトの知識も多少なりは必要になります。
あれこれやっているうちに、3か月はあっという間に立ちます。
しかし、3か月間かけて作った商材が売れるかどうかが分かりませんので、

広告をつかったりしていくのですが、広告費も発生しますし
中々売り上げに結びつかない事が多いです。

では、次に販売権利を購入した場合はどうなるのか?

結論は、
販売権利を購入してしまうと、自分で作る3か月は
わずか1日
出来てしまいますので、商材作成などに使う時間を

集客の方に力を入れることが可能になるのです。

あまりにもリスクの少ない起業法

まず、自分が経営者になって、お店を構えるとしたら
リアル店舗などでは300万は最低でも必要だと言われています。

しかし、webでは、販売権利の19800円くらいと、
サーバー代金年間15000円くらい
独自ドメインこれも年間6000円くらい、

合計5万円程度で、1年間、起業できてしまうのです。

おすすめは?

「私のおすすめは、自分でも作るべきですし
販売権利も買ったほうが良いです。」

自分の文章力やコンテンツ力を上げるために
3か月間かけて商材をはじめは作っていく事も大事です。

しかし、その間お金が入らないので、意欲がわかないのが
現状でしょう。

当時の私もそうでしたし
ただ、初めの方は、販売権利をさっさと購入して
ブログなどの主客方法を勉強し実践したほうが
成功は早いです。

まず、ブログやwebの集客は、なんといってもタイプに慣れて
記事を書けるようになる事以外何もありませんから

昨日もお伝えしましたが、

ソーシャルメディア商材セールスプロセスを作っていく例

ソーシャルメディア商材販売権利=19800円

ソーシャルメディアに関するブログを運営、記事数100記事

1記事2000文字×100記事=20万円

外注費 約22万
結果:100記事3か月後

1日のアクセス数300

1か月間の売上本数 12本

売り上げ12万円
例では、ソーシャルメディアにしておりますが、

テーマは何でも構いません。
では、明日は、

記事作成、自分で作るのか?他人に書いてもらうのか?
を解説します。
感謝します。