絶望が希望になりコロナの今だから出来るオフライン経営者の行動とは

 

  • 昔は村本も絶望していた時期があった
  • 絶望から希望に変わる
  • コツコツ13年以上やってきた
  • コロナの今の時期にコツコツやるべき事とは?

 

と言うお話を動画でしておりますが、記事でも少し書いておきますね。

昔は村本も絶望していた時期があった

料理人として18歳〜27歳までコツコツ頑張っていたけど、報われない闇の9年間があった。最終的には給料14万7000円くらいの料理長でした。

毎日のランチメニュー、夜のコースメニュー、お弁当の仕入れ、粗利、配達は私の車で、、それで給料は14万円だったので、非常に理不尽な思いをしていたのを思い出します。

1日12時間〜16時間働いていましたし、会社に寝泊りすることもありました。

周りの友達や先輩の中で、起業する人がいましたが、倒産する人、カツカツでギリギリで経営してる人ばかりで、絶望していました。

絶望から希望に変わる

ネットの方に意識が変わり、いろいろな小さな成功をしてきましたが、性分はコツコツなので、13年以上コツコツとやってきました。

何個もブログを潰してきましたし、最高で5万人の読者まで増えたメルマガも全部一度リセットしてやり直して、1500名くらいの読者数で今は落ち着いています。(要は、読まれるメルマガにしたと言うことです。)

コツコツ13年以上やってきた

コツコツ13年以上やってきて、それなりに楽しんできました、家族もいますし、非常にありがたいです。

コロナの今の時期にコツコツやるべき事とは?

残酷かもしれませんが、この時期は自宅で自粛しているので、経済は回りません。どんなに頑張ってもお金の不安から抜け出せないでしょう。

しかし、安心して欲しいのです。今こそです!

お金はただの数字です。借金を抱えようが、倒産してブラックリストに乗ろうが、ずーっとコロナの暗黒時代が続くのはあり得ません。

開けた時に、レバレッジがかかるために、今は自宅でできること

美容院の方でしたら、自宅で自分でできる髪の染め方とか、飲食店の方でしたら、うちのお店の味の再現方法とか、簡単な気持ちで、YouTubeを始めたり、Facebookで配信したり、メルマガでもいいし、ライン@でもいい。インスタでも

自分のできることで、今みんな苦しいんです。悲しんでいるんです。その人たちに元気を与えるために情報発信をしてあげてください。

そうすれば、このコロナの時期が開けた際に、どーっとお客様が笑顔で戻ってきますので

お金の不安でそこを尽きてどうにもならないかもしれせん。国の保証はしっかりともらってください。できるだけ負担がなくなるように立ち回ってください。

やれることはやりましょう。

でも、また稼げばいいだけ、安心して生きてください。物理的に周りのものがなくなっても、あなたの「心」だけは潰れないでください。私も情報発信を通してですが、「心を明るくする配信はやめません」

あなたのできること、あなたにしかできないこと、たくさんあります。素直になる時期がきただけです。

感謝です^^