批判(怒る)をするのは本当に意味が無いので無限に褒める

こんにちは、村本です。今回は「批判(怒る)をするのは本当に意味が無いので無限に褒める」と言うことについてお話をします。

結論

結論:批判をすると自分が批判をする人間だと露呈してることになるよ。(自分は馬鹿ですと言ってるようなものです)」

今日のお話は以下の2つをお話ししますね。

  • 批判(怒る)するデメリット
  • 褒めるメリット

 

批判(怒る)するデメリット

1日に使える感情エネルギーは決まってる

感情エネルギーの存在があるのはご存知でしょうか?1日に使える感情のHPが決まっているので、他人を批判すると、そのエネルギーがなくなってしまい、自分の楽しいことに使うエネルギーがなくなってしまうのです。

自分の好きなことをするにしても、感情のエネルギーが少なからず必要です。その好きなことをする際もエネルギーが残ってないので、寝るしかなくなります。

どう考えても、人の批判をして怒るのは馬鹿馬鹿しいとしか言えないのです。

 

自分以外に対する思いは傲慢

批判する人は、要するに「自分がこうだから、お前もそうするべきだ」といった思いがものすごく強い。例えば、芸能人が不倫しました。とニュースがあれば、全力で「私は浮気は許せない」「俺も不倫は絶対ダメだと思うぞ!」と批判する人は言います。

でもそれは、自分では無いのです。あくまでもその人が勝手に、やった事なので、その人にはその人の不倫や浮気をする事で、学んでいるのです。

例えば、indigo la Endの川谷絵音さんは、一時期ベッキーさんと不倫をしたとして、有名になったのですが、私の個人的な意見としては、別にどうでも良くて、それよりも、川谷絵音さんの歌がとても素晴らしいので、大好きなのです。

また、ファンの中でも、川谷さんの歌は、自分の実体験を歌にしているので、説得力があるから、こんなにもファンがいると言ってる人が多いんですよ。

ですので、世間的には間違ってると思われてることでも、それよりも個人がそれを見た時に、どう思うか?が今の令和の時代ですので、自分以外に対して、思いを持ち批判するのは、本当に馬鹿らしいのです。

批判する本人は「正しいことを言った。」と満足をしているけれども、なんとも人の感情の複雑さを理解しない、薄っぺらい人間だと言うことを露呈してることに気づいていないんですよね・・確かに正しいですけどね(笑

褒めるメリット

さて、褒めるメリットの方が、無限にあるんですよね。特に1番のメリットがあるんです。それは

褒めると1日に使える感情エネルギーの限界値が増えていく

これなのです。人間は褒めると、愛の発言に切り替わるので、無限にエネルギーが湧いてきます。スピ系の話になりますが、そもそも、あの世界の神様は無限なのです。僕はこれをアメノミナカヌシ様と言ったり、宇宙エネルギーと言ってますが、無限なのです。

ですので、愛の言葉を発していると、その自分では無い何者かのエネルギーが助けてくれるのです。褒めるのは、まさに愛なのです。

例えば子育てがいい例です。

私には、中学生の13歳の娘がいます。褒めれば言うことを聞くし、怒れば親から隠れるようになります。娘は褒めて育てる私と、叱って育てるカミさんがいるので、バランスは取れていると思います。

まずは基本的に、部屋が散らかっていても、叱ったりはしませんが、私が片付けてお手本を見せていると、きれいな部屋がある事がすごく気持ちよくて心地よいと言うのを教えています。

これを、繰り返し繰り返し教えてきたので、みんなが集まり台所は、私が何を言わずとも、彼女は綺麗にしてくれるのです。

ですが、以前は実は違ったのです。

以前の私は、綺麗にしなきゃダメだと言う事で、叱っていたのですが、叱って教えても、一向に掃除をしてくれません。

でもここには、間違いがあって、私がしていなかったのです。ですので、まずは自分がお手本を見せて、娘がしてくれた時に、笑顔で感謝してると褒めるをやったところ、もうそれ以来汚くする事はなくなっていきました。

マーケティングでの褒めるメリット

これは、SNSや自分の媒体で、好きな人を褒めれば良いのです。では比較しますよ

A:毎日誰かを褒めているマーケッター
B:何やら批判的な意見や専門的な視点で正しいことを言ってるマーケッター

さて、どちらからサービスを受けたいでしょうか?

そうなんです。Bの人からサービスを受けると、自分も批判対象になるかもしれないし恐怖を感じませんでしたか?

逆にAの方を選択すると、おそらく自分のことも褒めて紹介してくれそうな気がしませんか?

この違いは広まるかそうでは無いかです。

  • 批判=そこで終わり(マーケティング失敗)
  • 褒める=広まる(マーケティング成功)

無名でこれからネットを使ってビジネスを始めた田中さんがいます。田中さんは、褒めることを目的としてTwitterを始めました。ある日気になるインフルエンサーのSEO商材を購入し、ブログを始めてみることにしました。

田中さんは、Twitterで毎日有益な人の呟きをリツイートしたり、呟いてみたり、ブログでもSEOを意識したり、人を褒めたりしてコンテンツを作っていきました。

最近は、拡散が早いので、すぐにSEO商材の開発者のインフルエンサーの目に止まります。インフルエンサーは、すぐに田中さんをリツイートして、ツイートの中に褒めるマーケティングを展開してる人と紹介しました。

その日から、田中さんの人生は少しづつ変化していくのです。

さてこの手法は、一体何なのか?これはみっちゃん先生の手法です。みっちゃん先生は斎藤一人さんのお弟子さんの一人で幸福な億万長者です。褒め道と言う本を書かれているので、一度見て欲しいのですが、

この日本には圧倒的に不足してる人材がいる。それは褒める人です。

つまり人を褒める側に徹すれば、無限に自分にリターンが返ってくるのです。

まとめ

あなたはまだ、批判したり、不倫が間違ってるとか、正しいとか言い続けますか?褒める練習を始めて、人生を楽しく生きていく方が、どれだけ楽しいかわかりませんよw

私は、褒めることをよくやります。なぜかと言うと

そこに人がいれば、その人の中に既に成功の道が決まっています。その道は誰も邪魔できません。でしたら、その人が何か行動を起こした時に、褒めてみてはいかがでしょうか?そうすればその人の行動に拍車がかかり、みるみるうちに成長していかれるし、見ているこっちも楽しい。

それでは今日の話は以上になります^^

感謝です。