セールスレター:ヘッドラインに必ず入れるべき要素(売り上げ促進)

コンテンツマーケティング

ヘッドラインに入れるべき要素を簡単に話していきます。

答えは

  1. ペルソナの設定
  2. 数字
  3. 約束
  4. 簡単さ手軽さ
  5. あなたという文字

です。ヘッドライン一言で言えば理念であり、未来像です。お客様にこうなってほしい未来が理念

と思ってもらって構いません。

例えば、


40歳超えて中々体系のコントロールが難しくなってきた女性のあなたに朗報です。

「1日5分開いた時間」に出来る道具の要らない「簡単」なストレッチで1か月あたり、10名のモニター平均ウエスト「ー5cm」を達成した、最新の医療学を取り入れた科学的な方法を自宅で完全再現!次はあなたの番です。

重要:今回の方法で加圧スーツやサプリメントや高額なライ〇ップから卒業し好きな時にあなた自身の体系をコントロールできなければ、全額を返金します。


こんな感じです。

今ぱっと考えましたが、このヘッドラインだと売れますので、真似して良いですよ

ヘッドラインの要素解説

下線の箇所を解説しています。

  • ポイント1:40歳、これは見ての通り対象者を40代にしています。
  • ポイント2:対象者を女性にしています。
  • ポイント3:加圧スーツ・サプリメント・ライ〇ップなどで失敗した人を絞っています。
  • ポイント4:1日5分という文字を使う事で手軽さを演出しています。
  • ポイント5:簡単という事で、さらに手軽さを演出しワクワク感を追加しています。
  • ポイント6:10名のモニターが平均ー5cmという事で、自分でもできるのではないか?という気持ちにさせる効果が期待できます。
  • ポイント7:最新の医療学を取り入れた科学的な方法を自宅で完全再現!、論理的な人でも買うようにリードを広げています。レターの文中にデータや図があると、説得力が増します。
  • ポイント8:次はあなたの番です!約束しているのです。

今でこそ、あまりこういったテクニック的な事を表現してレターを書くことは少なくなりましたが、実際にヘッドラインに売れる要素を加えて書き続けることで、続きを見てもらいやすくなる可能性が上がっていきます。

あなたが今販売しているレターを見直して簡単に気持ちで見直して書き直したり付け加えてみてください。楽しいはずです。