販売権利が稼げる理由を解説(真似すると毎月57万の不労所得が発生)

こんばんは、村本です。

今日は、販売権利が稼げる理由を解説します。

販売権利が稼げる理由を解説

まず、私も定期的に販売権利を付けた製品を開発しており

販売権利に興味のあるお客様へ向けて、製品を案内することで

稼げております。
販売権利というのは、既にある製品の販売代理店を募集することや

web上では、販売サイトと商材のセットを販売する事だったりします。
一番の魅力は、販売権利を手に入れるとその場で、スグに販売開始

出来て、自社媒体などに製品を案内し、稼ぐことが出来る事です。
例えば、19800円で、ソーシャルメディアの商材と販売サイトのセットの

販売権利を受け取り、販売価格を9800円で販売したとすれば、

2個売るだけで、買取金額をペイできます。
3個から、まるまる利益です。
ソーシャルメディアの商材なので、ソーシャルメディアに関する

記事や無料レポートを量産し、集客していけば、おのずと

9800円の商材が自然と売れていきます。

例:ソーシャルメディア商材セールスプロセス

ソーシャルメディア商材販売権利=19800円

ソーシャルメディアに関するブログを運営、記事数100記事

1記事2000文字×100記事=20万円

外注費:約22万

100記事3か月後:

1日のアクセス数300

1か月間の売上本数 12本

売り上げ 12万円
4か月目にやること:

引き続き記事を外注する

1日300アクセスのノウハウを作り9800円で販売開始

アフィリエイトマーケティングで報酬を50%に設定

1日3本売れたとして、15000円の利益

1日300アクセスのノウハウの1か月の売り上げ=45万円
ソーシャルメディアに関する記事を後は量産し、1日のアクセスを上げていけば

必然で、商材も売れていきます。
100記事まで、記事をライターに書いてもらうから

広告費として20万円が必要になりますが、1日のアクセス数が上がり商材が売れ出すと同時に

2か月後に24万円、ここで広告費がペイ
後は、毎月不労収入が発生
今回は、ソーシャルメディアに関して解説していますが、他の物でも

全然かまわないのです。

ではほかの物という事で、マーケティング系の販売権利も受け取ったろします。
同じように、

例:マーケティング商材セールスプロセス

マーケティング商材販売権利=19800円

マーケティングに関するブログを運営、記事数100記事

1記事2000文字×100記事=20万円

外注費:約22万

100記事3か月後:

1日のアクセス数300

1か月間の売上本数 12本

売り上げ 12万円
4か月目にやること:

引き続き記事を外注する

1日300アクセスのノウハウを作り9800円で販売開始

アフィリエイトマーケティングで報酬を50%に設定

1日3本売れたとして、15000円の利益

1日300アクセスのノウハウの1か月の売り上げ=45万円

いかがでしょうか?

何か難しい要素があったでしょうか?

明日は、今日紹介した方法を一から解説いたしますね。
感謝します。

村本直