ネットの仕組みとスピと地球のルールで着実に豊かになる方法(topページ)

Getting a list in WordPress

WordPressでリストを獲得

むらもとすなお

ワードプレスではSEO対策をしてCTAやカラムの右上にオプトインページへの誘導をする。これだけになります。

目次

目次
  • 使っているワードプレスのテーマによりお勧めのSEOプラグインが違う
  • 基本的なSEOをやる
  • CTAにオプトインページの案内をする
  • カラムにもオプトインページへの案内を入れる

使っているワードプレスのテーマによりお勧めのSEOプラグインが違う

使っているテーマによって公式でお勧めしてあるSEOプラグインが違うので見ておいた方がいいです。例えば私が使っているテーマは、ストーク19です。ほかにもスワローとSANGOを別のサイトで使っていますが、そのテーマに合わせるようにしています。

STORK19

ストーク19では、相性の悪いSEOのプラグインは、なさそうです。

SANGO

SANGOではAll in One SEO Packが相性が悪いと書かれています。

基本的なSEOをやる

  1. SEOに正解はないある程度でよい
    • SEOに正解はありませんので、基礎的な事だけ実践していくだけでOKです。
  2. 爬虫類脳を少し刺激するタイトル作り
    • 数字を入れて、速攻、楽、今すぐ、簡単にをイメージして書く
  3. アイキャッチ画像を入れる
    • アイキャッチ画像を作ると、画像下の文章が見られます。
  4. 記事の書き初めに要点を書く
    • 初めの方に、この記事をざっくりいうと、目次等を加えて、結論もあると訪問者に親切で良いです。
  5. 文字数は多いほうが良いと思う
    • SEOに正解はないのですが、文字数は1500文字以上がよさそうです。その都度規約が変化します。
  6. 見出しでしっかりと区切る
    • 見出しごとに、しっかりと区切った方が、訪問者が安心して読めます。「よし、このパートは読み終えた」と達成感になります。
  7. 小学生でもわかる文章で書く
    • 小学校5年生でもわかるように書いてください。難しいことでもわかるように書くと、親切です。
  8. 絵・写真、インフォグラフィックを入れる
    • 視覚を刺激して、楽しませると、文字も呼んでくれる可能性があります。訪問者の目を休める効果もあるし楽しいです
  9. 動画も入れる
    • 文字解説だけでは足りないな?と思ったときは、動画も作って解説も入れましょう。滞在時間がその分伸びます。滞在時間が伸びるとその記事は、SEO的に評価されるということです。
  10. あなたの考えを入れる
    • 自分の経験、感想、意見、考えを自分の書いた記事に入れてください。例えばSEO対策方法と検索すると、たくさんの記事がヒットします。ですから、同じ記事を書いている人たちと差別化できるということです。なぜならあなたは世界に1人しかいませんよね?
  11. 読み手目線で書く
    • 書き方のコツとしては、画面の向こうに人がいると思って書くとよいです。自分はわかっているのは当たり前なので、自分がわかるように書いたとしても、それを相手が読んでわかることはないので、客観的にいつも自分を見てください。
  12. 推敲をする(愛情)
    • 最後に、記事を俯瞰して見返して、推敲(愛情)してください。

CTAにオプトインページの案内をする

この画像は、このブログ記事のCTAです。このように、オプトインページに案内するようにします。クリックするとリスト取りページに誘導するようなイメージです。

ワードプレスのテーマにより、CTAの作り方が違いますので、お使いのテーマの公式サイトでCTAの作り方を学んでみてください。わかりやすく書いてあることが多いです。

SANGO

SANGOは、カスタマイズが自分でできます。

外観→ウィジェット→記事コンテンツ後広告(モバイル)・記事コンテンツ後広告(PC)の箇所に好きなウィジェットを入れてCTAを作る形です。

少し難しいかもしれませんが、コンテンツブロックでCTAを作り、表示させるのがきれいな見栄えで作れます。

カラムにもオプトインページへの案内を入れる

この画像のカラムの箇所のように、オプトインページに案内するようにします。クリックするとリスト取りページに誘導するようなイメージです。ワードプレスのウィジェットで作る事ができます。テーマにより作り方が多少変わりますが、ほとんど一緒です。

おわりに

ワードプレスでリストを獲得する方法は、CTAとカラムにオプトインへの案内を初めに作り、記事を書く際にSEO対策を少しだけ意識しながら書いていくというだけです。

やはり、いつの時代にも通用するやり方として、訪問者に※ためになる記事を書くことです。この記事の「基本的なSEOをやる」を記事を書く際に思い出していただき、目を通すだけであとは、あなたの脳が「こうしたらいいかな」と自然とやってくれると思いますので、参考にしてください。

※ためになるの定義は人それぞれです。私の場合は、楽しい、面白い、ためになった。とかそんなことを意識しています。