内面の感情ばかりをみるんじゃなくて、外部要因を利用して

感情を大事にしよう。感情で動こう

ただ、感情っていうのは、何も考えなければ、何もやらんければ生まれないですよね。

例えば、何もしなければ、楽しくもないわけです。そんな時に、楽しい事ないかな〜と考えて動画をぼーっと見たり、本を読んだりしてると

何かに出会うわけだ

人間関係でも同じで、暇だから友達と遊んだり、話したり、会社で仕事をして嫌な事にあったり、楽しいことにあったりした時に、

何かに出会うだけだ

要は、僕らは、何かをして、感情が生まれるわけなんだ。だから、自分と向き合って感情を探る作業は、その前に、何かに出会ってきた過去の自分と話す事であって、

向き合っても、何も生まれないんだよ。

生まれたとしても過去の残骸に出会えるわけだ。

ただね。

今を楽しく波動上げて、毎日動いていると、いろんなコンテンツに出会える。そしてそのコンテンツと、過去の経験や感情と向き合っていると、

新しいもんが生まれたり、出会ったりする。

要は、行動しましょうって事です。良くも悪くも、

■内面の感情ばかりをみるんじゃなくて、外部要因を利用して

自分の感情を刺激して、楽しく生きてれば、次々にコンテンツが生まれていくという寸法です。

「悩んでいる暇はない。」命=時間だよ?

次々に、経験して行けば、そんな悩んでいたことなんて、吹き飛んでいき、過去に流れていく。何も心配しないでも、今を楽しく、未来を考えずに、1秒1秒味わって生きていけばいい。

そうすれば、行動が癖になって楽しくなっていくよ。

動いてみて、すっきりするから

感謝です。