ネットの仕組みとスピと地球のルールで着実に豊かになる方法(topページ)

Earth is a planet of action

地球は行動の星

むらもとすなお

この地球で自分の好きなように思考を現実に変える事が出来ます。この地球は物質的な世界です。現実を好きなように好転するには、軽く風のようにふわふわと行動していきましょう。

地球は行動の星

  • まずは、そのままでいいんだよ。と自分に言う
  • 風の時代はインナーチャイルドを癒さなくてもOK
  • 心地よい場所で行動をする
  • 毎日のように種まきをし明らかに稲を刈る
  • 確信を感じてください。

まずは、そのままでいいんだよ。と自分に言う

そのままの自分でいいよ。ようするにこれは、自分の基礎を固めて揺るがないようになることなんです。そもそもとして、実は生まれた時の自分のままで完璧なんです。

だけど、人間が勝手に作ったルールの中で生きていかなきゃいけないので、義務教育や我慢や社会的な物のなかで、本来の自分を壊しながら私たちは生きてきたんです。

だけど、もう令和になってそうじゃないことは、みんなうすうす感じているし、わかりだしています。

土の時代の世界は、昭和の世界ですね。高度成長期で生まれてきたときに、星の形をしていようが、台形の形をしていようが、丸型だろうが、取り換えが聞くように、みんな無理やり、四角にされてきましたね。

そのため、親が社会適合させるために、星型だったあなたに対し、宿題をしなさい。勉強しなさい。眉間にしわを寄せて、残念そうな顔をして、四角になるように叱られてきたんです。

そうやって、大人になってまじめに生きてきた、40代とか、50代とかのそういう世代って感情がなくなってしまったり、いつも悲壮感や虚しさを感じて生きる意欲が無くなってしまってる人も多いんです。

ですから、星型のあなたに言いたいのは、星型でいいんです。あなたは全く悪くなかった。ほんとうにね。

テストの点数を良くすることもない、学校も行きたくなきゃ行く必要もない、自宅で引きこもってる人も実は悪くないんです。

もうね。いい加減、土の時代のルールは取り払って、今は風の時代で地球全体が、浄化されて行ってます。

そういえば、スピリチュアルもなにも学んでいない人が、突然に、スピリチュアルのような事を発言したりしてます。

あれだけ、宿題しなさいって残念そうな顔をしていた親父も今はずいぶん変わりました。

今年の1月2日に実家に帰った時の会話です。

むらもととしお

すなお、西原(阿蘇のふもとの町)に家を建てたけん、俺が死んだあとはそこに住むとよかよ。好きなように俺も生きとるよ今は、お前の言うとおりだったな。一人で作ったんだよ。おおごつだった(大変だった)お前の好きなようにするとよかぞ

むらもとすなお

!!??

宿題をせずに残念そうな顔をしていた親父も今では、このとおりです。お正月は人生ゲームをするのが毎年のこうれいなのですが、土の時代の時の親父とは全く違う人間になっていました。

親父はネットもしないし相変わらず、マスメディアのテレビを見ています。でも、地球全体が次元上昇し、浄化され風の時代に自動で適合したのは、間違いないと思っています。この話だけではなく、あなたの周りでも、今まで絶対にスピ的な話をしなかった人もいきなり、そういう話をしていませんか?

いずれにしても、あなたは、そのままでいいんだよ。ありのままの自分に原点回帰してみてください。

風の時代はインナーチャイルドを癒さなくてもOK

本当に最近までの、心理的なカウンセリングのなかで、インナーチャイルドを癒す。というセッションをするのが当たり前のようになっていました。

ところで、インナーチャイルドというのは、読んで字の通り、内にいる子供のことです。幼少期のトラウマなどです。子供時代に本当は学校に行きたくなかったとか、私の親父のように、暴言や残念そうな顔を私にしてきたことで、大人になっても、自分は残念な存在なのであると、自分を定義してしまいどこにいても、人を信じれなかったり。

まあ、あなたも子供の時に親や何かしらで、心が傷ついた経験があると思います。時々それが襲ってきて、行動できなくなったりしますよね?

それが、 インナーチャイルド のせいだから、まずは子供の時の記憶にさかのぼり、そこを開放する。が、インナーチャイルドを癒す作業とされていました。

ただ、今の風の時代、まだ完全ではないけど土の時代の呪縛が解けてきたし、むらもとのおやじのように、別人になった人も結構いるみたいなんです。

ステップは簡単です。

今までの行動ステップ
  1. インナーチャイルドを癒す
  2. ありのままの自分に原点回帰
  3. そうなりたい未来に努力と根性で行動していく
今からの行動ステップ
  1. ありのままの自分に原点回帰、言霊は「 そのままでいいんだよ。 」を毎日自分自身に言い聞かせてあげる
  2. そうなりたい未来があると思うので、言霊は「そうなりつつある」と語尾につける。例:私は素晴らしいパートナーに出会いつつある

ヒント:正しい→楽しい 〇

そもそもとして、過去の世界はせかいで、それが正しかったから仕方なかっただけでした。ですから、過去の世界を許す。そして、みんなはそれに気づきだしています。

親も社会もそれが正しいと思っていた。だけど、それは間違っていた。みんな知らなかったので、許す。

チャイルドを癒すパートが許すで浄化されていきます。

個人レベルで、許す修業が現在、見えない世界で行われていますね。思い当たりませんか?(笑

心地よい場所で行動をする

しなければいけない× → したい〇

  • A:ワードプレスとYouTubeがいいよ。そしてなんとなく、ワードプレスとYouTubeを始めてみました。そうすると、楽しくて毎日管理画面に行き何を書こうかな~とわくわくしてしまいます。
  • B: ワードプレスとYouTubeがいいよ。そしてなんとなく、ワードプレスとYouTubeを始めてみました。そうすると、楽しくて毎日管理画面に行き何を書こうかな~とならずに、しなければいけないになります。

人により、場所が違います。

Twitterがあう人もいます。フェイスブックがあう人もいます。インスタグラムかもしれませんし、アメブロがもしれません。ライブドアかもしれません。

自分にとって何があうのか?

それは、行動することでしかわかりません。

  • 「だってあの有名なインフルエンサーがワードプレスがいいって言ってたから間違いない」
  • 「mentorがワードプレスがいいって言ったので、しなければいけない」

どうやら違うようです。

個人が合致する場所にいくと、見えないオーラ、つまり振動数や周波数の高さを感じます。

弟子の斎藤さんに、ワードプレスがいいよ。といっても、アメブロしかやっていません(笑)

弟子のえびさんに、ワードプレスもやりなよ。といっても、ゲーム実況しかやっていません。たまにワードプレスもやってくれます。(笑)

「村本さんFC2ブログの方が良いですw」「おお!なんだかこのブログ振動数高いね(笑」

そうすればいいし、思ったように、直感で動くだけでいいのです。

ただ、それをやって、心地よくない場合は、やめて良いのです。

あなたにとっての心地よいプラットフォームはどこですか?いろいろ軽くやってみて「ここだ!」って場所を見つけてみてください。いいじゃないですか、間違ってもさっさと、次々です。執着を捨てましょう。でも「ここだ!」が見つかったら仕事には執着して楽しんで行動です。

毎日のように種まきをし明らかに稲を刈る

行動を種まきと思うと楽しくなる

弟子のエビさんにとってのたねまきは、毎日のゲーム実況です。

弟子の斎藤さんにとってのたねまきは、毎日のアメブロ記事と最近はnoteのようです。

ほかのお弟子さんも人により種まきの仕方は違いますが、成功していった卒業したかたも、毎日のように種まきをしていました。

今日まいた種が、来年の今日稲がなるとします。そうなると、明日の場合は、来年の明日なります。つまり、365回種をまくと、タイムラグで、来年365回の稲がなることになります。

では、悪い種と良い種どっちをまくと、来年たのしい稲がなると思いますか?いうまでもなく、良い種になります。悪い種をまけば必ず、悪い稲がなるようにできているのが、この地球なのです。

地球は、土の蔵とよばれているのですが、無限のエネルギーがあるのです。

この無限の世界の中に、あなたという、種をまき続ければ、今世は、ずっと幸福で生きていけることになります。

ですが私たちは人間です。常に良い種が負けるとは限りません。時には悪い種をまいてしまうこともあります。そんな時は、明らかに眺めて、悪い種を「不平不満口泣き言、悪口文句」を言わずに感謝しながら。

学ばせてもらってありがとうございます。といって淡々と刈り取ってください。そうすると、運気が下がることはありません

確信を感じてください。

加速の法則という不思議な魔法

お金の話になりますが、毎月収入の10%をためれるとします。月収30万円の人は、毎月3万円で年間に36万円です。20万円の人は年間24万円です。

1000万円を貯めたいと思った場合は、人により何か月掛かるかが変わってきますが、

貯めた

という現実を毎月繰り返して行く事で「確信」に変化します。これを、行動のたまものと呼びます。この世界には加速の法則という特殊な法則があります。

例えば、月収20万円の人が、年間24万円貯める事が出来た場合」翌年になぜか、年間100万貯めている現象が引きおこることがあるのです。

それはなぜなのか?「確信」という感情を使い、思考でどうすればいいのか?という脳が働き、加速するのです。私たちには無限の力がります。せっかくなので、使っていきましょう。

例:痛みが伴う

ある、ストリートギターで生活している人がいます。

1000円の日もあれば、100円の時もあり、1万円の時もあります。その日暮らしで生活もぎりぎりなのです。ですがこの彼は、雇われていた時よりも、ずいぶん幸せなのです。

彼の指は固いのです。固くないとギターの弦をうまくひけないからです。

人は、その道で歩んでいこう。そう思ったときに、痛みが伴います。ですが、痛みに我慢していくと、その部分が強くなり適応していきます。

はじめは、必ず痛みが生じますが、それは仕方のないことです。

例えば、ブログでめしくうぞ!と思えば、脳に汗をかきまくり非常に疲れる毎日が1か月間続くでしょう。

ですが、1年、3年、10年とやっていくと、何の痛みも感じなくなり、楽しみに変わっていくのです。

すべてのことに共通しますので、初めの段階で、痛みが全くない場合は、逆におかしいと思ってください。たまに前世からの記憶でいたくない場合もありますが、それでも物理的に痛かったり、辛かったりしますが、それは、必要な痛みであると認識されてください。