ドメイン名を購入する前に考慮すべき6つのヒント

コンテンツマーケティング

これからドメイン名を購入する場合は、単なるウェブサイトのアドレスではないことを念頭に置いてください。ドメインネームは、ビジネスのブランド名として機能します。ドメイン名を購入する前に、しっかりと下調べをして、クライアントや顧客のニーズを満たすことができる名前を選ぶようにしましょう。そのために、以下の6項目を参考にしてみてください。

1. 競合他社のWebサイトをチェックする

まず最初に、競合他社のウェブサイトやブログのブランド名を確認しましょう。その際、自分のビジネスに関連する名前を選ぶようにしましょう。例えば、バイクや自転車を販売しているのであれば、ドメインにはバイクや自転車という言葉が入っているはずです。

それに、希望する名前が利用可能かどうかをツールで調べてみるといいでしょう。利用できない場合は、希望の名前に少し変更を加えることができます。

2. タイプしやすく、覚えやすいものを

ウェブアドレスは、入力しやすく、発音しやすく、覚えやすいものを選ぶことが大切です。そのため、ドメイン名には、変な綴りやハイフン、数字などを含めるべきではありません。聞いた瞬間に入力できないような名前は、難しいドメイン名とみなされます。例えば、”katz4life “という言葉は、”catsrock “という言葉よりも覚えにくいですよね。

同様に、「ambiance」や「ambience」など、似たような綴りを含む言葉も避けた方が良いでしょう。

3. より短い名前を選ぶ

お客様が簡単に覚えられるようなドメイン名を選ぶようにしましょう。そのためには、短いものを選ぶのがよいでしょう。ドメイン名に複数の単語が含まれていると、人々はすべての単語を頭に入れておかなければなりません。すでに使われていないワンワードの名前を思いつくのは難しいですが、数分の検索で見つけることができます。

4. 新しい拡張機能を考える

今日、商業用ドメイン名(.com)の平均的な長さは15文字(多少の差はありますが)です。複数の単語に分かれていても、かなりの文字数になります。過去20年の間に、ドメインの拡張子の数は増加しました。今では、約300の拡張子があります。

必ずしも.comの拡張子にする必要はありません。別の拡張子を探せば、覚えやすいドメインを購入することができます。

5. ソーシャルメディアプラットフォームをチェックする

希望のドメイン名を取得する前に、そのドメイン名がソーシャルメディアのアカウントでハンドルネームとして使用できるかどうかを確認しましょう。ソーシャルメディアのハンドル名とドメイン名を同じにすることは、ブランドのプロモーションに最適なアイデアです。また、ソーシャルメディア上で訪問者があなたのブランドを知ることも容易になるでしょう。

6. 商標登録を避ける

ドメイン名に商標が含まれていないことを確認してください。例えば、ドメイン名に「Nike」や「Facebook」といった単語を含めることはできません。このようなことをすると、これらの企業から訴訟を起こされる可能性があります。

要するに、希望するドメイン名を決める前に、これら6つのヒントを考慮することをお勧めします。これらのヒントが、あなたが最良の選択をする助けになることを願っています。