アスメル機能一覧

リストマーケティング

どうも、今回はアスメルの機能一覧を参考アスメル機能説明サイト
を見ながら、自分でログインして解説していきます。

アスメル機能一覧

  1. メルマガとして使うことが出来る(一括配信機能)
  2. ステップメールとして使うことが出来る
  3. お問い合わせフォームやアンケートフォームが簡単作成できる
  4. ステップメールでもメルマガでも配信時間を自由に設定できる
  5. ステップメールのシナリオ回数を最大365まで設定できる
  6. 名前差し込み機能が付いている
  7. 一発解除機能もついている
  8. シナリオ数を無制限に登録できる
  9. 他社の広告が一切入らない
  10. フォームを作成し登録があった際に連絡が来る
  11. メルマガやステップメール、アンケートフォーム等に登録した人のリストをCSVで出力可能
  12. 個別に登録者を削除可能
  13. 代理登録機能が付いている
  14. フォームをブログやサイトに貼り付けることが可能
  15. メールアドレスや名前の検索ができる
  16. ブラックリスト設定も出来てしまう
  17. 携帯電話向けの配信も可能
  18. シナリオをリピートしてループさせることが可能
  19. シナリオ終了時、その他のシナリオへ自動で読者を代理登録しシナリオを進めることが出来る
  20. HTMLメルマガも出来てしまう。

メルマガとして使うことが出来る(一括配信機能)

そのままなのですが、スポット配信機能を活用することでメルマガとして使うことが出来ます。

mailmagsyo2

ステップメールとして使うことが出来る

アスメルのメイン機能です。シナリオを登録し自動でメールが配信されるという設定になります。講座、教育、売込みなどを自動でやってくれる便利なものです。

mailmagsyo3

お問い合わせフォームやアンケートフォームが簡単作成できる

ステップメールでもメルマガでも配信時間を自由に設定できる

↓メルマガの場合(スポット配信)は以下の画像のような確認画面の際に具体的な配信時間を予約投稿可能。

mailmagsyo4

↓ステップメールを設定する際は以下の画面で登録から何日後の何時に配信という設定が可能です。mailmagsyo5

ステップメールのシナリオ回数を最大365まで設定できる

↓配信回数の設定でご覧のように365回先まで設定可能、数字が366まであるのは、登録時の自動返信メールが、1回目配信とカウントされているので、数字的には366で0が含まれていないためである。mailmagsyo6

名前差し込み機能が付いている

↓###name###と記入することで、相手にメルマガやステップメールが配信される際に、名前の差し込みが可能、名前を差し込むことでブログとはまた違ったダイレクトなメッセージになります。mailmagsyo7

一括配信解除URL機能も付いている

↓以下のURLをメルマガやステップメールの本文の中に、差し込むことで一括配信解除URLという機能がある。読者にとって非常に便利な機能mailmagsyo8

シナリオ数を無制限に登録できる

シナリオを無制限に登録できるので、幾らでもステップメールマーケティングが可能になります。

他社の広告が一切入らない

例えば、まぐまぐの無料版などは、ヘッダーあたりにまぐまぐの広告が入ってしまいます。広告が文中に入ると購読率も下がりますし良いことは一切ないので、広告が入らないのは第一条件でもあります。

フォームを作成し登録があった際に連絡が来る

シナリオを作成しフォームから誰かしらが登録すると、「登録がありましたよ」と連絡をしてくれます。【StepMail申込】●●と言う感じです。

mailmagsyo10

メルマガやステップメール、アンケートフォーム等に登録した人のリストをCSVで出力可能

↓購読者を一括でCSVファイルでDL出来ますので、非常に便利です。顧客をまとめたり見込み客をまとめたりできるので、マーケティングでは欠かせません。
mailmagsyo11

個別に登録者を削除可能

例えば、直接読者様から配信解除してほしいとのメールが来ることがあったり、極端なクレームを言ってくるお客様もいるのはいます。そんな時にこの機能を使い個別に削除可能です。mailmagsyo12

代理登録機能が付いている

これは、メールマーケティングでは、なくてはならない機能の一つです。代理でメールに登録することを代理登録と言います。基本的には必ず代理で登録するという事をオプトインページなどには記載しておくことです。

決してスパム目的では使ってはいけません。mailmagsyo12

 

フォームをブログやサイトに貼り付けることが可能

実際にどんな感じなのかをご連ください。

 

このような、フォームが簡単にコピペで設置することが可能です。なんとアスメルはワードプレス専用のHTML記号もあります。

mailmagsyo13

 

メールアドレスや名前の検索ができる

これも非常に便利な機能です。どんな時に使うのかというと、お客様からメールアドレスの変更依頼があった場合です。既存のアドレスを検索して、新しいアドレスに変更する際私はいつもこれを活用しています。

mailmagsyo14

ブラックリスト設定も出来てしまう

メルマガやステップメールをやっていれば、必ずアンチな人が出てくるのは仕方のないことです。アンチは何を言っても、ファンになってもらう事はないのでブラックリストに登録し出来るだけコンタクトを控えることが最優先です。メールアドレス、ドメイン、IPアドレスのいずれかを登録禁止にすることが出来ます。

mailmagsyo15

携帯電話向けの配信も可能

例えば、モバイルサイトにHTMLタグを貼りつけて登録フォームの設置もできますし、ドコモi-mode、au、softbank等の3キャリアに対応したメルマガやステップメールの配信も可能なのです。

シナリオをリピートしてループさせることが可能

例えば、1年間分の日刊メルマガ的なステップメール365通をあらかじめ用意してたとしましょう。私ならば、名言集などが365日間は配信しやすしので名言集などにしておきます。12月31日で365通完結しますが、1月1日にまた、1回目からの配信をループさせることが出来ます。

 

シナリオ終了時、その他のシナリオへ自動で読者を代理登録しシナリオを進めることが出来る

例えば、ブログ講座、メルマガ講座、ステップメール講座、コンテンツの作成の仕方講座なるものを作っているとします。ブログ講座に登録した人へ自動で、メルマガ講座の1回目から配信されるように設定もできますし、メルマガ講座が終わった人へ、ステップメール講座へ移動、ステップメール講座から、コンテンツ作成講座へ移動。というように、自動で代理登録し教育していく事も可能なのです。

HTMLメルマガも出来てしまう。

私はあまりこれはやりませんが、ホームページのようなメルマガを配信したい人はHTMLメルマガで決まりです。

 

まとめ

他にも機能がありますが、この20個の機能を活用すれば、メールマーケティングは十分に実践可能です。よってアスメルだけで十分だという事が言えます。おまけなのですが、アスメルにはプラチナプランがあります。月額が5,400円(税込)という事になるのですが、個別IPアドレスの設定をして、専用サーバを使えるようになるので、メルマガ到達率が格段に上がります。

通常プランでなれましたら、プラチナプランも検討をお勧めします。