あなたのデジタルマーケティング戦略は、人工知能導入の準備ができているか

デジタルマーケティングをしばらくを続けてきた人の中には、顧客のライフサークルに見合ったキャンペーンのアイデアを使い切ってしまったと感じている方もいるでしょう。ウェブサイトは最適化したでしょうが、顧客はもう少し、よりエンゲージできる何かを求めています。

あなたはデジタルマーケティングを次のレベルに引き上げる手立てを必要としています。メールやウェブサイトを真にオムニチャネル化(実店舗やオンラインストアを始めとするあらゆる販売チャネルや流通チャネルを統合すること、そしてどの販売チャネルからも同じように商品を購入できる環境を実現すること)して、コンバージョンを上げることが必要です。

 

人工知能(AI)がマーケティングに必要なわけ

人工知能、機械学習、ビックデータ分析がB2B界に出回って久しいですね。それらはビジネスを助け、要となる決定を下し、戦略とワークフローを最適化させます。しかし、人工知能プラットフォームが顧客とよりエンゲージした個人的なつながりを築いて、指標を改善する助けになるかどうかを、私たちはどうやって知り得るでしょうか。

あなたのブランドのデジタルマーケティング戦略を次のレベルに引き上げるために、人工知能(AI)の介入を使えるかどうかを判断する際、考慮すべき要素をここに挙げてみましょう。これらをチェックリストとして、あなたのマーケティングプランが軌道に乗り、ステップアップへの準備が整っているかどうかを判断してみてください。

 

コンテンツ制作

 ウェブサイトやブランドのコンテンツを既に作成している場合には、その成果を全般的に考慮する必要があります。 あなたのオーディエンスや顧客が何を有用としているかを理解することは、より効果的なコンテンツを作成し、一人一人のユーザのためにそれをパーソナル化するための最良の方法の一つです。

コンテンツを作成する際には、SEOのためにコンテンツがタグ付けと、メタタグされ、機械学習/アルゴリズムがそれを理解して作業できるようにすることが大切です。Googleのスキーマフォーマットをチェックして、コンテンツのタグ付けを実際に強化してみてください。

 

向上させるための指標

 あなたがコンテンツを公開したり、オンラインで商品を販売したり、ウェブサイトでブランドのコンバージョンを生成している場合には、定期的に見るべき重要な指標があります。これらは開封率とクリックスルー率のような単純なものかもしれません。

あるいはコンバージョン経路のどの段階で多くのユーザがつまずいているかというような、より複雑なものかもしれません。 一般的に広告主からの収入が減少し続けている現在、サイト運営者は収益を上げるための新しい方法を検討する必要があります。それは顧客とのエンゲージメントから始まるのです。

eコマースについて言えば、顧客の保持や忠誠心を築き上げることは、しばしば中規模ビジネスにとっての大きな課題となっています。あなたのビジネスでどの指標が機能しているか、また改善したいことが分かっている場合には、人工知能(AI)や機械学習プラットフォームで販売/顧客の成功を担当している担当者と話し合って、そのソリューションがあなたのデジタルマーケティング戦略で、どう数値を獲得できるかを確認する好機だと言えます。 

 

セグメンテーション

あなたがかなりの量の購読視聴者を持っていて、一つのサイズでは全員に見合わないことに気付いているとします。そんな時、小さな個人的なタッチを電子メールに追加することは、個々の顧客との関係を構築するのに最適な方法です。

地域や性別、エンゲージメントレベルなどに基づいてセグメント(分類)を作成し、チャネルを通じて適切なユーザに適切なコンテンツを提供できるようにしましょう。 あなたがまだこれをやっていなくても、大丈夫。お好みの人工知能(AI)型マーケティングプラットフォームの顧客マネジャーから適切なガイダンスを受ければ、セグメンテーションを設定するのに時間はそれほどかかりません。

セグメンテーションは、顧客や購読者に関する質問に答えるための多少長い道のりかもしれませんが、最終的にはデジタルマーケティング戦略を強化するものなのです。

 

メタタグ 

オンラインストアやeコマースプラットフォームを使用しているブランドの場合は特に、在庫商品をタグ付けして記述することがとても大切です。なぜなら、機械には製品のイメージをスキャンして、利用可能なサイズ、構造、寸法、在庫、色を顧客に伝えることはまだできないからです。

明確なタグ付けで、機械学習プラットフォームに何が起こっているのかを理解させ、パーソナライズされた製品、コンテンツ、ブランドをすべての顧客に推奨することを容易にすることができます。

メディアとパブリッシングについては、タグ化は人工知能(AI)プラットフォームが自然言語処理(NLP)を使ってコンテンツをよりよく理解するのに役立ちます。これによって、あなたは機械が学ぶことのできる、特定の部分についてのコンテキストを提供しているわけです。

たとえばメディアや出版のタグでは、記事の主題、タイムライン、政治的立場、人気、地理的関連性など多くの要因に応じて異なる場合があります。このように、業界全体にわたってメタタグは強力なデジタルマーケティング戦略の不可欠な基盤なのです。

 

マーケティングの自動化:ユーザ追跡とルールを基本にしたトリガー

 上記のすべてをすでに実行していて、すでに顧客の活動や行動に基づいて顧客に自動化された電子メールを送っているのなら、たいへん結構です。あなたは既にかなりのプロです。それでもより最適化するために、以下のキャンペーンからいくつか助けを見いだすことができるかもしれません。

放棄されたカートのキャンペーン、顧客との再エンゲージメントのためのキャンペーン、支払いが遅れている顧客への催促状など、あらゆるキャンペーンから学び、よりよい結果を得ることを繰り返すのは、これまでのルールベースのトリガーでは不可能なことです。しかし、人工知能(AI)プラットフォームならば可能です。

AIプラットフォームには、動的コンテンツを追加することができます。動的コンテンツは、決定した要因に応じて変化するコンテンツです。これらの要素には、ユーザの所在地、ユーザがあなたのウェブサイトで行った活動、Facebookで好かれたページ、共有したリンクなど、あらゆるものがあります。リストは無限です。

もしあなたがオンラインの出版業ならば、読者が好むコンテンツに応じて顧客の電子メールをパーソナル化し、彼らの関心領域に基づいて読む本を推奨することもできます。eコマースプラットフォームでは、電子メールとウェブサイトのパーソナル化は、顧客が購入を計画しているものを検索して絞り込む際に、より多くの選択肢を顧客に提供するのに役立ちます。これは、あなたの在庫商品を紹介して売上を増やすのに最適な方法です。

 

AIプラットフォームは、デジタルマーケティング戦略にどんな影響を与えるか?

 オンサイトとメールマーケティングで人工知能(AI)プラットフォームを実装した企業では、これまでにエンゲージメントレベルの劇的な変化を経験し、コンテンツ制作とマーケティング活動を拡大することができています。オンライン出版社のYellowhammer Newsは、Boomtrainのマーケティングソリューションを使用して、電子メール加入者ベースの10万のコンテンツをパーソナル化(https://boomtrain.com/yellowhammer/)することができました。

旅行会社であるCheap Caribbeanは、Boomtrainの人工知能(AI)プラットフォームの使用で投資の1.8倍の利益(https://boomtrain.com/boomtrain-cheapcaribbean/)を上げました。オンラインのラップトップバッグ、およびタブレットケースの会社Brenthavenは、歓迎電子メールだけで収益を54%増加(https://boomtrain.com/brenthaven-increased-email-revenue/)させました。これらはすべて人工知能(AI)プラットフォームが、適切な計画と実行によって、デジタルマーケティング戦略に驚異を与えた事象です。

 

 

参考記事
https://boomtrain.com/digital-marketing-strategy-ai/

コンテンツ起業法メルマガ

記事を読んでくださってありがとうございました。無料のメールマガジンでも情報をお届けしております。ブログでは書けない情報なども書いております。またコンテンツ起業法という140ページの無料イーブックも付いてきますので、よろしければ受け取ってくださいね。