人工知能(AI)がデジタルコマースを変える3つの分野

2015年に中国のeコマース市場は、中国消費者の中で最も急成長したオンライン活動と名付けられたショッピングで、約5,620億ドル(約63兆9,500億円)の売上高(http://www.adweek.com/digital/top-global-e-commerce-markets-and-trends-infographic/)を上げたと言われています。eコマースの台頭は今さら驚くことではありませんが、この分野でのグローバルな達成と一貫した成長は、世界経済で今や最も重要なトレンドの一つとなっています。

このことをさらに顕著にしているのが、旧式の店舗からオンラインコマースへの急速な移行が、依然として技術によって大きく左右されているという事実です。具体的には、オンラインでの商品検索の限界があります。これは実店舗の店員との会話とよく比較され、オンラインでは欲しいものを見つけにくい、便利さからは程遠いと見なされることがよくあります。eコマースは、伝統的な購買体験を大きく崩すことに成功したグローバル現象ですが、この点ではまだ完全な可能性を実現しているとは言えません。

この意味で、人工知能(AI)の出現は明るいニュースと言えます。数兆ドル(数百兆円)規模のグローバルなeコマース業界において、このような技術が潜在的に及ぼす影響は、平均的な消費者のライフスタイルと、数え切れないほどの業種にわたる共通の媒体へまで発展していきます。この影響はどこで正確に感じられるでしょうか。以下は、人工知能(AI)の実装がeコマースを最適な形へ導くことが感じられる3つの分野です。

 

検索エンジンの不備

上記のようにeコマース産業での最大の障害は、おそらく消費者が自分が望む商品を正確に特定したり、記述したりするキーワードを探すことの難しさでしょう。的確なキーワードを探すことができれば、検索エンジンのアルゴリズムは関連する結果を導き出してくれます。しかしそうでない場合には、ユーザは探しているものが見つかるまでキーワードの入力を繰り返さなければなりません。実際に 多くの場合、これはなかなかうまくいかないのです。

買い物客が検索バーに「スマートフォン・アンドロイド」と入力したとます。 店舗の人間のセールスマンであれば、それだけで詳細や主旨を理解するでしょうが、現在のデジタル検索ではそうではありません。このような検索の結果には、スマートウォッチ、携帯電話、ケース、その他のアンドロイドデバイスのページがたくさん表示されることがあります。

これは、現在の検索エンジンが通常、検索クエリの一致するキーワードに基づく結果を、より大きな文脈を考慮せずに、商品タイトルおよび説明のキーワードとして検索することによって機能するためです。 設計上、検索エンジンのアルゴリズムは、特異性に固執しています。それでこのユーザが「最高のカメラを搭載したスマートフォン」を探しているのを理解することができないのです。

今日の平均的な検索エンジンアルゴリズムには、人間のように言語のニュアンスで特定の検索クエリを理解する能力が不足しています。それは文脈の知識、実用的な知性、自然言語の表現を理解する能力、つまり人間が持ち、しばしば当然のことをする能力が欠けているからです。

これを解決する鍵は、自然言語処理能力(NLP)と組み合わされた人工知能(AI)の能力を利用することです。これで、人間の要素を本質的にデジタル体験に戻すことができます。こうすることでeコマースプラットフォームは膨大な数の失敗経験を、成功したコンバージョンに変えることができます。 自然言語処理は、人間がテキストを理解するようにテキストを理解しようとします。これは単に単語を空白で計算するのではなく、文脈上の理解を適用することを意味します。

買い物客は、自然言語の理解をサポートしたeコマース検索エンジンで、欲望、ニーズ、関連する要件をより詳細に、直感的な日常的な言葉で表現することができるようになります。

 

消費者へのパーソナルショッパー

今日の巨大なeコマース業界に、物理的な営業担当者を配置することは明らかに実現不可能ですが、人工頭脳(AI)を搭載することで、ブランドは顧客のニーズを理解することができます。

消費者は、人工頭脳が進歩して検索技術が受動的な情報検索から、積極的な個人的支援の機能の組み込みに移るときに、自分の個人的なバーチャルショッピングアシスタントを堪能することができるようになるでしょう。

たとえばSiriのクリエイターがSiriの息子として開発したViv(http://viv.ai/)は、単なる理解ではなく、多数のサービスを実行することによって、多数の複雑な要求をシームレスに処理することができる、次世代のAIアシスタントです。

Vivは、SiriのNLP機能を拡張して、基本的なウェブ検索にクエリを定期的にシャッフルするのではなく、サードパーティの売り手と接続して商品や書籍を購入するなど、ユーザの要求を一歩前進させます。

 

全部を見るAI

ある意味でVivなどのデジタルデータコンシェルジェの目標は、ユーザの家庭から職場、モバイルデバイスまで、その人の好みや歴史をいつでも理解するために「遍在すること」と言えます。蓄積されたユーザの入力データと、多くの情報源から合併された知識とを組み合わせることで、AI検索は、より良い情報に基づいた回答を提供できるだけでなく、行動、好み、将来の購入をも予測します。

eコマースに理解度を高め、より人間的な触感を提供することで、業界は前例のない効率、自動化、消費者の知識に晒されます。eコマースと人工頭脳(AI)のコンバージェンスは、数兆ドルの産業を脅かすものです。そしてそれは、 実際にすでに始まっているのです。

参考記事

http://aibusiness.org/three-ways-ai-is-transforming-e-commerce/