webを利用してセールス効果を上げるための方法とは

webコピーは誰もが持つべきスキルである。

セールス効果を上げられるライティングができるスキルは誰もが持つ価値があります。

営業を担う仕事をしている場合には仕事に直結するスキルとなりますが、仕事には全く関係のない人でもお金を稼ぐのに役立てられると知っておくと良いでしょう。

ライティングによって商品購入を促せるスキルが身につくとアフィリエイトによって広告収入を得られるようになっているのです。

webを用いるマーケティング競争が活発に行われているのが現代ビジネスの状況であり、個人にも貢献の機会が提供されています。

そういった視点からも効果的に商品の特徴を伝えて、消費者の購買意欲を高められるコピーライティングのスキルを身につけるのが役に立つのです。

 

webを利用してセールス効果を上げるためには

webを利用してセールス効果を上げるためにはライティングの基礎を学ぶ必要があります。コピーライティングは古くから研究が行われてきており、クエストフォーミュラやAIDAの法則など、様々な方法論が開発されてきました。

それを学んで基礎を踏襲してライティングを行うのが最も単純でありながらも効果的な方法です。

しかし、どの方法論を学ぶかが問題になりがちなのは確かであり、どの方法論も優劣を付けがたいほどに洗練されたものになっています。

効果的なマーケティングを行いたいというのは昔から切実に思われてきている問題であるため、方法論も豊富になってきていますが、その選択は学び手にとっては大きな問題となるでしょう。

ただし、よく吟味をしてみると

どの方法論にも共通している点

があるのです。その共通点をうまくピックアップしてライティングに反映させるのが賢い考え方となります。

 

コピーライティングの原則は三つの段階に分かれている

まず最初に消費者に対する興味付けを行い、続いて消費者の購買意欲をかきたて、最後に購入に導くという流れになっています。

その細かな実践方法を説いているのが各々の方法論であり、この流れはどれも共通しているのが事実です。それぞれの段階で必要とされる点に留意した上で、インターネット社会に適した形でライティングを行うための方法を考えてみましょう。

興味付け

最初に行う興味付けはライティングした記事を読んでもらうために欠かせないものです。タイトルや見出しをクリックしてもらって内容に至る場合が多いため、最も重要になるのはタイトル部分となります。そのたった一文や一フレーズを見て記事を読もうという意志が生まれるかどうかが決まるのです。

その基本として押さえておきたいのが、消費者の悩みを解決するという視点です。新しいものを提供する限りはその使用用途が定められているでしょう。

その使用目的はどのような悩みをどのような形で解決するものなのかを考えてタイトルを考えましょう。ある悩みを解決できる方法についての記事であるということをアピールする必要があるからです。

疑問符をつけてその詳細を知りたいと消費者に思わせる工夫をするとアピール力も高まるでしょう。

興味付けができてタイトルをクリックしてもらえたら、消費者は導入部分を読み始めます。ここで興味を深められるかどうかが勝負を分ける点です。

問題意識を高める

問題としている悩みについての具体例を提起したり、その悩みが派生して別の問題を起こすといった大きな問題についての情報提供を行ってその問題に対する共感を得つつ、問題意識を高めるようにするのが基本です。

そして、その問題を解決する方法があるという形でセールスを開始することになります。アピールポイントを明確にして、なぜ悩みが解決できるかを明確に伝えましょう。

補助できる客観的なデータやコメントがあれば信憑性が高まって消費者の興味をさらに高められるでしょう。悩みに対処するために役立つメリットをしっかりと伝えて、商品などについての興味を膨らませるのが重要になります。

もし他社との競合がある場合には、その製品比較を行ったデータをのせるのも競争に負けないために欠かせないポイントとして押さえておきましょう。

 

最後の決め手になるのが購入を促す段階

そして、興味付けが完了したら消費者は購入を迷っている段階になります。最後の決め手になるのが購入を促す段階です。まだ購入を決意していない消費者に対して、今、その場で購入を決意することのメリットを伝えましょう。

先着で何名様までは優待があるといったサービスや、月末までの期間限定で割引キャンペーンが実施されているというアピールは衝動買いを促すのに有用な戦略です。

また、この場でリンクをクリックすると割引が行われるといった動機付けも可能でしょう。効果的なライティングを行ってきた最後には、速やかに購入を行えるようにリンクを張っておくのが重要であり、ワンクリックで購入ページに移動して、必要事項を記入したら購入できるようにしておくのもポイントです。

パソコンやスマートフォンの扱いに慣れない人のことも考慮して、電話やFAXによる購入もできるとアピールできればさらに良いでしょう。

ライティングとは直接関係ないと考えられてしまいがちですが、webを効果的に活用する上でライティングの一環として考えておいた方が良いのがこういった工夫です。

このように消費者の興味付けから始まって

興味を増幅し

最終的に速やかに購入に到れるようにデザインする

ことが効果的なライティングをするための基本です。

 

まとめ

個々の項目でさらに細かな方法論はありますが、全体的な流れを理解していればオリジナルの方法で適切なアピールをする方法も見出だせるでしょう。

重要になる前提条件として、消費者に記事を読ませる動機付けを行い、興味を持ってもらえたら最後に後押しをして購入させる意識を持てば着実に魅力を感じる消費者が増えていきます。

消費者の購入を促すための大原則として理解しておきましょう。

この原則をもとにしてライティングを行えば、営業の仕事も実績につながりやすくなり、アフィリエイトで稼ごうという人も収入が上げやすくなると期待できます。

コンテンツ起業法メルマガ

記事を読んでくださってありがとうございました。無料のメールマガジンでも情報をお届けしております。ブログでは書けない情報なども書いております。またコンテンツ起業法という140ページの無料イーブックも付いてきますので、よろしければ受け取ってくださいね。