プロダクトローンチのメリット・デメリットを紹介

どうも、村本です。

プロダクトローンチのメリットとデメリットを紹介しますね。

動画で見る方は、以下からどうぞ
 

プロダクトローンチのメリット

  1. 多くのリストを獲得できる
  2. 短期間で桁違いのお金を稼げる
  3. 読者との信頼関係を構築しやすい
  4. その分野についての権威性が増す

多くのリストを獲得できる

リストというのは、メーリングリストの事です。インターネットマーケティングを実践していく上で、最も成果の上がる実証されてきたマーケティング方法があります。

それは、

メールマーケティングになります。

そして、プロダクトローンチもメールを使ってプロモーションを行っていく事になります。プロダクトローンチの生みの親、ジェフ・ウォーカーも実際にメールリストを取るためのページを作っています。

以下は、ジェフが実際に使っているオプトインページになります。

メールを登録すると、プロダクトローンチの無料イーブックが送られてきて、プロダクトローンチフォーミュラを販売するための動画コンテンツが配信されてきます。

このサイトはいつでも訪問できるので、厳密にはプロダクトローンチではないのですが、エバーグリーンlaunchという事になります。

エバーグリーンをそのまま翻訳すると、常緑樹(じょうりょくじゅ)という意味になり、365日間いつでも春夏秋冬関係なしに緑が広がっているイメージです。365日間利益をもたらす楽園みたいなものでしょうか

つまり、プロダクトローンチの自動化が、エバーグリーンロンチと呼ばれたりしています。

まあ、プロダクトローンチが流行る前から、ステップメールと言って動画なしのプロダクトローンチは、ぼくがwebの世界に入るころからありました。

ようは、むかしからメールマーケティングを制する者が成功しているという事です。

 

短期間で桁違いのお金を稼げる

これが、一番皆が飛びつく理由ですね。やはりプロダクトローンチを実践して成功していった方々は、一瞬で億単位のお金を稼いでいるわけです。

プロダクトローンチを開発したジェフは6時間で1億円、ジェフと意気投合した、ジョンリースも24時間で1億です。

日本では、12時間で5億円売り上げた方、他にも数えきれないほどの方がいます。

実際に僕自身もアフィリエイトセンターを立ち上げたときは、プロダクトローンチを実践して数千万を手に入れて、メールリストは2000人以上獲得した経験もあります。

短期間で入ってくるので、本当に驚いたことを覚えております。

 

読者との信頼関係を構築しやすい

通常は文章だけでコンテンツを提供していくのですが、文章だけですと日本人全体的に活字離れが深刻化しているというデータもありますし、どうやっても文章で伝える事の限界があります。

しかし、プロダクトローンチを用いたコンテンツの提供は、顔を出して声を出して、それを見せていくので、読み手は親近感が生まれますし、わざわざ文字を読まずに、耳と視覚を使って学べるので、理解しやすいのです。

また、そこには楽しさもうまれやすいですね。共感も生まれやすいです。

なので、やはり文章だけよりかは動画というのは、読み手との信頼関係が構築しやすいのです。

 

その分野についての権威性が増す

アフィリエイターさんが活動的に動き回ってくれた場合なのですが、あちらこちらで紹介されるわけです。

例えばマーケティングの専門家として、プロダクトローンチを始めた場合、あちらこちらで紹介されていると、ユーザーは目にする機会が増えますよね

なので、

「あ~このスーツ着たこの顔はどこかしらでみたよな」

「あ~この誠実そうな顔は最近よく見るな」

「たしか、なんとかマーケティングの専門だったな」

という、あちらこちらで紹介されているので、なんとなくの意識の段階で専門家なんだなと認識してしまうんです。

極端に言えば、何の専門家ではなくても、白衣を着てプロダクトローンチをやっていくと、医者とか健康系の専門家かな?というような潜在意識に訴えかける様な事も出来るわけです。

そう、人は見た目で判断しますからね。

 

プロダクトローンチのデメリット

さて、良い部分だけ紹介してきましたが、デメリットも多いのです。

  1. プロダクトローンチは現在実践すると詐欺と間違えられる可能性がある
  2. 企画をするための動画作成のスキル
  3. プロダクトローンチを実践するための勉強代
  4. アフィリエイターさんに払う報酬(不正者がいる)
  5. サイト作成の技術
  6. 失敗してもお金は支払わなければならない
  7. おまけなのですが、税金の事

プロダクトローンチは詐欺と間違えられる可能性がある

やはり、この手法がうますぎた為に真似して使う詐欺師が多くいました。

じつは、中身のない商品でも売れてしまうんです。最近でも詐欺は流行っています。先日大分の友人が、仮想通貨詐欺にあったのですが、これプロダクトローンチで儲かりもしないコインをロンチで紹介していたんです。

参加費が20万円だったそうです。

ネットリテラシーがない方は、顔を出している、誠実そうだという見た目だけで、判断して信じてしまいやすいんですよね。

中身のない物では、売れてしまうので、、、たしかその友人が言うには、「毎日10万円が降ってくる方法」というような感じのタイトルだったそうです。

一度でも、詐欺にあってしまった方からすると、詐欺じゃないあなたの製品でも、色眼鏡で詐欺扱いされてしまう可能性があるんです。

対処方法としては、あまり過剰な表現をしない事です。

さじ加減が難しいところですね。

 

企画をするための動画作成のスキル

動画の種類にもよりますが、スマホから、専門のカメラまで様々です。種類は3種類

顔出し動画
顔出しと文字と音声
文字と音声

 

使う機材は、それぞれ違いますので、ご自身にあったやり方でスキルを磨いていく必要があります。

 

顔出し動画

顔を出して簡単に作りたい場合は、スマホで自分を取りながら話せばいいだけです。

きちんとしてやりたい場合は、スーツなどを着て印象を良くして、スタジオを借りて作るような感じになります。この場合はスタジオのレンタル代などが必要ですね。

 

顔出しと文字と音声

この場合は、Windowsの場合は、PowerPointとカムタジア、Macの場合は、keynoteとscreenflowが必要になります。そして自分の顔を取るためのカメラが必要になりますね。

 

文字と音声スクリーンキャスト

個人的なお勧めは、文字と音声だけのスクリーンキャストになります。結局のところためにある記事やコンテンツを伝えるためには、顔を伝える事ではなく、文字を音声と読み上げて読み手に「ためになったな~実践してみよう」というように、行動をさせる事が、大切です。

もちろん、信頼のおける人からの情報のほうが良いですが、ためになる記事を書いていけば、顔を出さなくても信頼は生まれます。

いずれにしても、プロダクトローンチを実践するには、この動画作成のスキルが必須になりますので、まあデメリットと呼べるのかわからないのですが、お金を使って学習する時間、

お金と時間を必要とするというデメリットですね。

 

プロダクトローンチを実践するための勉強代

プロダクトローンチには、セールスレターの知識や動画の流し方などの知識が必要不可欠になりますので、学習をしたほうがお勧めです。成果が上がった先行者などの教材を購入して勉強していく事です。

ただ、あまりにも自分とかけ離れた人から買うと、イメージが付きにくくお勧めできません。これから始めてプロダクトローンチを実践する方は、プロダクトローンチ初心者むけの教材を買ったりすることですね。

既に実践してもっと成果を上げたい場合でも、一緒で今度は、少し自分よりも上の段階に居る人を探して教材を手に入れる事です。

今の自分がどのステージに居るのかをしっかり把握して、あまり過度な表現の教材を手に入れずに気を付けてくださいね。

 

アフィリエイターさんに払う報酬(不正者がいる)

実践に入ると、アフィリエイターさんに払うお金が必ず必要になります。自分でアフィリエイトセンターを立ち上げていくのが、一番稼げるのですが、やはり不正アフィリエイターがいるのが現実です。

実際、プロダクトローンチを頻繁に行っていた比較的有名な会社が2015年に破産してちょっとした事件になったこともありましたし、テレビにも出演していたあの人も、破産されたのですが、やはり不正者などの影響もあったと公式サイトには書かれておりました。

なので、この辺は一番のデメリットと言えます。

実際、僕も実践していたのですが、

もちろん、真面目なアフィリエイターさんの方が多いのですが、どうどうと不正する人も多かったです。当時自社アフィリエイトセンターを運営している方同士で集まって、不正者を報告する掲示板なども作ったこともあります。

それくらい、不正者がいるので、不正排除の自社アフィリエイトシステムなどを導入するか、不正チェックが厳しいやりかたでやっていくしかありません。

ですが、あまりにも厳しくしてしまいますと真面目なアフィリエイターさんからも苦情が来きます。

例えば

  • シングルオプトイン形式
  • ダブルオプトイン形式
  • トリプルオプトイン形式

という、3つの報酬のタイミングがあるのですが、

シングルオプトイン形式

無料オファーを紹介し、紹介された方が、メールアドレスを記入して登録した瞬間にアフィリエイト報酬が入ります。

 

ダブルオプトイン形式

メールを記入して送られてきた確認URLにアクセスしてから初めて報酬が入ります。

 

トリプルオプトイン形式

これは、メールアドレスを記入して、確認URLに訪問して、そしてそこから無料レポートをDLした場合にのみ、報酬が入るやり方です。

この辺は自分でシッカリ勉強してやっていくか、この辺が詳しい人に任せるかと言う感じです。いずれにしても、お金が掛かりますね。

 

サイト作成の技術

現在では10000円以内で、すばらしいワードプレスのテーマが買えますし、ランディングページが標準装備されているので、非常に安くできます。

後は、購入したテーマを勉強する時間が必要になりますが、出来ない場合は出来る人にお願いして作ってもらう事です。

ちなみに、現在使っているテーマは、ハミングバードを使っておりますが、ランディングページも付いております。無料の物はジラフがお勧めです、無料なのに、これもランディングページを編集できるシステムがあります。

まあ、最近は、どのテーマを使っても、10000円以内であれば、ランディングページが付いているのであなたの好きなものを選択してください。

WordやPowerPointを操作するくらい簡単にワードプレスなら出来ますので、少し努力してやってみたほうが、長期的に見てお勧めです。

なにしろ、つかえば使うほどに、自分の血肉に変わりますからね(笑

 

失敗してもお金は支払わなければならない

最後なのですが、ここまでやって必ずうまくいくとは限らないのが、プロダクトローンチです。例えば、1リスト単価を1000円に設定してアフィリエイターさんに動いてもらったとします。

そして、1000リスト獲得した場合は、100万円の広告費が掛かりますね。ほかにも今回紹介してきた経費が掛かります。

赤字になろうが、常識としてアフィリエイターさんには借金してでも報酬は払う必要があります。

 

おまけなのですが、税金の事

これ、ほんと覚えておいてください。プロダクトローンチがうまくいくと、桁違いにお金が入るのですが、半分は取っておいてください。なぜかといと、税金がかかるからです。

僕は起業当初痛い目を見ました(笑

アフィリエイトで年収1500万稼いだ年があり、翌年は、そこまで稼げなかったのですが、前年度の売り上げに応じて支払う税金が決まる制度があります。詳しくはわからないのですが、経営している方はご存じのはずです。

なので、1500万円売り上げが上がっても、750万は残しておいたほうが良いです・・

まあ、日本に生まれて感謝しなくちゃいけませんね

 

最高のメリットを紹介します。

ただ1個だけ最高のメリットを申し上げますと、失敗しても、紹介してもらったリストが残るんです。

例えば、広告費、必要経費など合わせて200万掛かったとします。そして、リストは1000リスト獲得できました。売り上げ合計が150万かかりました。あなたはこれを失敗したと思いますか?

わたしは思いません。50万円で興味のあるリストを1000人も獲得できたのですから、1回のローンチで失敗したのでしたら、2回3回となにかしらの製品を作って、その1000人に動画コンテンツで教育して製品をセールスすれば、利益が必ず上がるのが見えています。

必ずはないので、99%としておきます。

僕らは、起業家なので、知恵を使って稼ぎ続ける義務があります。なので、プロダクトローンチはその知恵の一つに取り入れてくださいね。

 

 

コンテンツ起業法メルマガ

記事を読んでくださってありがとうございました。無料のメールマガジンでも情報をお届けしております。ブログでは書けない情報なども書いております。またコンテンツ起業法という140ページの無料イーブックも付いてきますので、よろしければ受け取ってくださいね。