アクセスアップ記事に作り替えてもらう【放置ブログ構築方法解説中】

 

こんばんは、村本です。
昨日は、

1話目:ライターを探し教育する方法

私は鬼になっていたのかもしれません。【放置ブログ構築方法解説中】


今日は、昨日のお約束通りに

下書き保存した文章を推敲・構成・校正してもらう方法です。

推敲とは

出来上がった文章をもっと見やすくできないか?
もっと良くできないかを考えて手を加えることを言います。
構成とは、

リード文→中見出し→
見出しの解説→見出し→
見出しの解説→まとめ
というように、構成を決めていく事を言います。

校正とは、

例えば、一般的に不適切な表現とか誤字脱字を
チェックして修正する作業です。

なので、こちら側の意図としては、

殆ど、校正ばっかりですが、
構成「全体がおかしいから構成からだな」

推敲「これは、多少手直しがいるな」

校正「この文章は校正だけでよさそうだ」
といったぐあいに、3段階で判断をやってもらうような
感じです。

この、推敲・構成・校正をまとめてできる方雇い

文章をきれいに整えることが目的です。

探し方は、あんまり難しい書き方だと
参加する方がいませんので、
案件名には、

「簡単、ママさん、経験者歓迎「推敲、校正」担当者探してます。」
単価は、1記事1000文字~2000文字  100円前後

仕事の種類は、

「編集、校正、リライト」のカテゴリーで募集してください。

まあ、推敲、校正者は、いないならいないでもかまわないのですが、
ここからが重要で、
SEO的な視点を理解している方がいれば、
その人を絶対に雇ったほうが良いです。

1.ライターが下書き保存をする
2.下書きした記事を推敲者がSEOの視点で推敲し校正する

次の教育は、

メタタグのkeywordの設定をしてもらう事です。
記事全体を推敲し校正した後に、
文章全体をみて、この記事はどんなキーワードなのかを
考えてもらい、
メタタグ挿入用 キーワード(コンマ区切り)という個所に2~5個ほど
キーワードを入れる作業をして推敲者の仕事は終わりで
下書き保存してもらいます。
あんまり難しいと、わからないし難しいと
辞めてしまうので、必ず応募してくれた人には
出来る範囲でお願いするようにしましょう。
1.ライターが下書き保存をする
2.下書きした記事を推敲者がSEOの視点で推敲し校正し下書き保存する
きょうは、2番の解説でした。
明日は、3番目のタイトルとアイキャッチ画像をできる人を
探していく方法です。
今回の、この2番の作業は、もしライターさんが
出来るのであれば、セットでやってもらう事です。
その場合はもちろん、単価を上げていく事です。
ですが、
・書く人
・書いたものに磨きをかける人
・キャッチコピー考える人
というように、3段階で分けておいた方が、
結果的には、500記事でアクセスが1万アクセスだったところが

200記事で1万アクセスとかになってい来ますし、
ファンの獲得も、多くなります。
これは、あなたの視点で判断してかまいませんが、
私はやはち、この

・書く人
・書いたものに磨きをかける人
・キャッチコピー考える人
3段階を分けておいた方が、働く方も
働きやすく負担がないし、誰かしらがやめても、
その辞めた期間分を再度募集内容の中に書けば、
スグにやってもらえますので、雇うのも楽になります。
その箇所だけの教育だけで良くなるからです。
例。書いたものに磨きをかける人がやめた場合
5日間経過し、記事が10記事たまったとします。
実際、20記事くらいたまったりしますので、
案件の再募集の時に、「急募」と題して
20記事分の推敲と校正をお願いします。
そのあとも、継続的な案内があります。
と募集し、
教育用のマニュアルを渡して、読んでもらって
その通りに実践してもらう事が大事です。
それでは、本日は以上ですが、

何かわからないことなどありましたら、気軽に連絡ください。

感謝しております。

村本直

コンテンツ起業法メルマガ

記事を読んでくださってありがとうございました。無料のメールマガジンでも情報をお届けしております。ブログでは書けない情報なども書いております。またコンテンツ起業法という140ページの無料イーブックも付いてきますので、よろしければ受け取ってくださいね。