ビジネスパーソンなら不可欠!効率的なセールスレターの書き方

ビジネスパーソンに現在一番必要なスキル

新しい商品やサービスの開発を行って、競合他社と競争して着実にシェアを広げていこうとしている企業にとって、セールスを効果的に行う視点は欠かせません。

そういった企業で働くセールスパーソンにとって欠かせないスキルがコピーライティングであり、セールス活動を通して顧客を獲得するためにどうしても身に付けなければならないでしょう。

セールストークと足を使って顧客を獲得する方法も昔からよく行われてきていますが、インターネットの普及した今日ではウェブやメールの活用が重要なセールスの選択肢となっています。

セールスレターを書けることが必要不可欠

そのため、セールスレターを書くスキルはビジネスパーソンにとって不可欠なものとなっています。

しかし、次々に開発される商品やサービスについて効果的なものを用意するのは骨が折れるものでしょう。効率性はもう一つ重要視しなければならないものであり、ビジネスパーソンとして敏腕と呼ばれる様になるためには欠かせない視点です。

そんなに貪欲になっても達成できないのではないかと考えてしまいがちですが、ちょっとした努力を初期に行っておくだけで問題は解決されます。

少しでも効率的に作れるようになりたいと考えたら二つのことをクリアすれば問題ありません。その二つのクリアを出来るだけ早い段階で行っておくと将来的にも敏腕なビジネスパーソンとして認められるようになります。

最も必要になるのは

新しい商品やサービスについての詳しい理解と情報収集です。

セールスをする上での基本ではあるものの、疎かにしてしまってはライティング自体が全くできなくなります。商品やサービスの特徴についてまとめることに加え、一般人に対して理解しやすい言葉に置き換えることが必要であると理解しておきましょう。

試用した顧客がいる場合にはその声を集めるのも重要なことであり、商品の種類に応じて適切な専門家からの意見も聞いておくと客観的な根拠に基づく情報となります。

データも収集

類似商品との内容や効果の比較結果や、効果についての科学的根拠など、網羅的な情報を予め集めておく必要があるのです。

実際にライティングを行う際にはその全てを利用するわけではありませんが、ターゲットに合わせて適切な情報をピックアップできるように過剰なほどの情報収集をしておくのが基本として理解しておきましょう。

情報が十分にあってもどのようにライティングを行えば良いのかがわからずに困ってしまうのも当然と言えます。誰もが初めて行うときは難しいと感じるものであり、ライティングについても同様のことが言えます。

参考にするものがあるのが大切であり、収集した情報をもとにしてライティングを行う際に必要になるのが雛型です。

初めてライティングをする際には

他人の作成したセールスレターで魅力的に感じたものをテンプレとして利用してみる

と良いでしょう。

魅力を感じられるものは基本的なコピーライティングの基礎を踏襲しているのが一般的です。その流れをそのまま利用して書いてみると魅力のあるライティングが行えるでしょう。

テンプレとして選ぶ記事に完成度が大きく左右されるものの、初回はそれで良いと考えて諦めをするのも悪くはありません。ただし、それはあくまでスタート地点であることを理解しておきましょう。

 

自分にとって適した雛型を自ら作っていくこと

効率的にライティングを行えるようにするためには自分にとって適した雛型を自ら作っていくことが欠かせません。出来上がったレターを見てみて、不満な点がないかをよく考えてみましょう。

少しでもアピール力に欠けている部分があったとしたらそこが改善点です。その部分の修正を行うと共に、テンプレにしたレターとの違いをもう一度見てみましょう。

もし本来あったものを省いてしまったり、余計に追加していたりしたことがアピール力を減らす原因になっていたとしたら、それを禁則として理解することが大切です。

比較をした際に不足点があった場合には追加を考えてみましょう。

追加した結果としてより魅力的になったなら、それは不可欠な要素として理解しておく必要があります。逆に、それがマイナス効果を示しているという印象を受けたら、不要なものとして理解しましょう。

こういった吟味を重ねていくとライティングをする上での基本的な構成が明確になるとともに、効果的にアピールをするために何を盛り込まなければならないかが明らかになります。

その理解をもとにして自分にとってオリジナルの雛型を作成するのが次回以降のライティングを速やかに行えるようにするための基本です。

一度基本形ができてしまうと、情報収集の時点から労力を削減することが可能になります。穴埋めをするようにしてライティングを行っていけば良いため、個々の項目に記入するために必要な情報は何かということが明らかになるでしょう。

新しい商品やサービスが登場してセールスを行う際には、その必要な情報を速やかに集めて当てはめていくだけで骨子は完成してしまいます。それに対して適切な肉付けを行えば文調として完成度の高いものになるでしょう。

こういった形で自分にとって使いやすく、アピール力のある構成を予め作っておくのが賢明な考え方なのです。
ただし、実際にこういった方法で効率化を行っていく際には注意しなければならない点もあります。参考にしたものがあまり適切でない場合には出来があまり良くないものになってしまうリスクがあるでしょう。

また、その後の吟味についても個人の感性で行っているため、本当に一般の人に対してアピール力があるものになっているかは疑いを持たなければなりません。

他人に確認してもらおう

そのため、実際にセールスレターを書いてみたときには同僚に確認してもらうのが安全です。その意見も取り入れて修正を重ねるのがより効果的なライティングをする礎になります。

人に読ませるものだからこそ、別の人に一読してもらうのがよりアピール力の高いライティングを行えるようになるための基礎となると理解しておきましょう。

コンテンツ起業法メルマガ

記事を読んでくださってありがとうございました。無料のメールマガジンでも情報をお届けしております。ブログでは書けない情報なども書いております。またコンテンツ起業法という140ページの無料イーブックも付いてきますので、よろしければ受け取ってくださいね。