効果的なコンテンツ戦略

もしあなたがeコマースサイトを立ち上げることを検討していたり、すでにeコマースサイトを運営しているなら、サイトの一番大事な部分は「コンテンツ」であることを十分認識してください。これは言うまでもないことなのですが、実際にはコンテンツをないがしろにしているサイト経営者が多いのが実状です。

 

コンテンツとは何か

 

ところで「コンテンツ」とは何でしょうか。純粋な意味での「コンテンツ」には、サイトページ上に表示される「テキスト」と「画像」の両方が含まれます。しかしほとんど場合、テキスト部分だけを指す言葉として使われています。工業用語ではこの部分は「コピー」と呼ばれていますが、「コピー」という単語には人々を混乱させる響きがあるため、みな「コンテンツ」と呼んでいるのです。

 

コンテンツマーケティングとは

 

次に「コンテンツマーケティング」ですが、これは見込み客に興味のありそうなコンテンツを提供することによって、ユーザーをサイトに引き付け、商品やサービスの購入をしてもらうマーケティングの手法です。

 

インターネットが普及する以前には、物を売るためには広告などで宣伝しなければなりませんでした。従来の広告の中には優れたキャッチコピーや画像で人々の心をつかむものもありましたが、中には商品名を繰り返し連呼して覚えさようとするものもありました。それはうるさいばかりで、消費者に嫌われ、テレビの視聴中にコマーシャルが入るとトイレに立つ人がいたほどです。

 

コンテンツマーケティングでは、物語りの手法で、見込み客の関心を引き寄せます。そしてそれに関連した商品も買ってもらうようにするのです。テレビのコマーシャルでも、よくできたものにはストーリー性があり、それが話題になって商品の知名度が上がり、販売促進につながっていますね。

 

つまり従来の宣伝方法は、テレビ・ラジオのコマーシャルやダイレクトメールを送り付けるなど、販売者が製品情報を送り出す「押しつけ型」でしたが、コンテンツマーケティングでは逆に、ブログ、動画、オンラインセミナー、PDF小冊子、ポッドキャストなどを使って、顧客が読みたくなるコンテンツを提供して、ユーザー側に情報を見つけてもらう「引き込み型」のマーケティングとなっています。

 

オンラインビジネスでのコンテンツマーケティング

 

オンラインビジネスでは、ブログやオンラインショップサイト上に読者のためになる、良質で内容の濃い記事を載せることによって、読者を引きつせ、それを販売へとつなげていきます。こう考えれば、コンテンツがどれだけ重要かおわかりいただけるでしょう。

 

ソーシャルメディアでも人々を魅了するために、コンテンツをリンクすることがよくあります。そうすることで、サイトについてソーシャルメディア内に書かれていることから、様々な価値を引き出すことができるからです。eコマースサイトは、少なくともFacebookとTwitterに連携させておく必要があるのはこのためです。ソーシャルメディアでは、話題になったものが拡散されて、自動で多くの人に知ってもらうことができます。

 

コンテンツにはできる限りお金をかける

 

たとえば、あなたがユーザーにビデオを見せたい時には、彼らに「ビデオをぜひ見たい」と思わせるようなコピーが必要になります。このようなコンテンツを作ってくれるサービスを提供する企業が今ではたくさんありますが、コンテンツ作りを業者に頼むと高くつくのではないか、と懸念される向きもあるでしょう。特に始めたばかりのeコマースビジネスでは、コンテンツに費やせる予算も限られているかもしれません。しかし上記のように、コンテンツはあなたのサイトのコアとなるものですから、予算の許す限り、常にあなたのコンテンツ(コピー、画像、動画)をプロフェッショナルなものにしておきましょう。

 

コンテンツ提供サービスを利用する場合に一番大事なのは、ヒアリングをよくしてもらうことです。このヒアリングで提供会社にあなたが求めているものを正確に理解してもらうと、希望に合ったアウトプットができやすくなります。

 

マーケティングで最高の結果を導き出すためには、最初からプロフェッショナルな外見を提供することが大変望ましいことです。それは、プロの執筆と編集サービスで作られた、プロ品質のオリジナルコンテンツ、プロ品質の画像、ビデオやオーディオです。ストック画像を使用してもよいのですが、オリジナルの方がより優れているからです。

 

自分でコンテンツライティングをする場合

 

それでもウェブサイトにどうしてもお金をかけられない場合には、自分でコンテンツを用意することになります。これは日ごろから文章を書き慣れていない人には、ハードルの高いことです。いざ書こうとしても、初めは何をどう書けばいいのか見当がつかないかもしれません。

 

そんな時はまず、色々なサイトを眺めてみてください。大手企業のサイトでも、個人ビジネスのサイトでも。色々なものを見て、その中で心惹かれるものがあったら、そこに注目してみましょう。

 

次に、同業者のサイトを見てみます。あなたのライバルはどんなコンテンツを作っているでしょうか。その何がよく、何が欠けているかを、ユーザーの目で見てください。こうすることで、自分が作るコンテンツのヒントを得られるだけでなく、外注する時にも希望のスタイルを具体的に見せることができます。

 

コンテンツを書く時には、誤字脱字や文法の間違いに気を付けましょう。ビジネスでは第一印象が大切です。誤字脱字は、サイトへの信用を低下させてしまいます。

 

オンライン上のリソースを使ってコンテンツを作る場合には、著作権の侵害にならないように十分注意してください。

 

検索エンジンのためでなく、読者のために書こう

 

オンラインで多くの人に読んでもらうためには、SEOを無視することはできません。しかしSEOはある意味で、インターネット界に起こった最悪のもの、ということもできます。それは、単純に挿入されたキーワードによって、検索結果の上位にランクさせようとする技術なため、実際にランク上位に出てきた記事のすべてが上質で本当に読む価値のあるものだという保障はないからです。

 

キーワードを埋め込んだだけの文章を読ませられることほど、迷惑なことはありませんよね。SEOだけを追いかける書き方をしていると、見込み客は逃げて行ってしまいます。したがって、コンテンツを書く時の心構えとしては、検索エンジンのためでなく「読む人のため」に書くことです。売りたいという気持ちはひとまずを忘れて、よりよい内容のコンテンツを提供することに集中してください。

 

コンテンツをリリースする際の諸注意

 

こうして出来上がったコンテンツをサイト上にリリースする前に、実際にサイト上でどう見えるか、大きな画面上だけでなく、スマホの小さな画面での表示も確認するようにしましょう。

 

アクセシビリティのチェックはどうでしょうか。あなたのサイトにアクセスできないユーザーを無視すると、見込み市場の2割以上を失うことになると言われています。

 

あなたのサイトに国際的なユーザーがいる場合や、世界を相手にビジネスしたい場合には、必ずプロの翻訳を使いましょう。グーグルなどのオンライン自動翻訳は、まだ信頼できる品質に達していません。特に日本語は機械翻訳には難しいようです。本気で海外へ進出したいなら、翻訳にはお金をかけましょう。

 

コンテンツは定期的に更新しよう

 

これはソーシャルメディアにも言えることですが、コンテンツは定期的に更新しなければなりません。週に2~3回更新するのが理想的ですが、無理な場合は、最低でも週に1回は必ず更新しましょう。いつまでも古いものを見せていると、ユーザーはもっと頻繁に更新されるサイトへ行ってしまいます。

 

この意味でも、自分でコンテンツを作る場合は、アウトソースなどで自分以外に最低一人か二人のコンテンツライターを抱えておくことをお勧めします。数人いれば、それぞれの視点で物事を見ることもできますし、更新の滞りでユーザーの期待を裏切ることもなくなるからです。

 

コンテンツ記事は、常時5本くらいの予備を用意しておきましょう。

 

リピーターを育てる

 

このようにして、ユーザーがあなたのコンテンツに興味を持ち、商品を購入してくれたなら、その後はその顧客の情報を集めます。あなたのサイトには必ず、商品やサービスに対するフィードバックを投稿できるオプションを付けておきましょう。顧客がそこに書き込んだ感想や、ソーシャルメディアへの書き込みを参考に、その人の興味に合った内容のコンテンツや商品情報をタイミングよく届けます。

 

コンテンツの内容ごとのPV、ユーザーの年齢などの統計をとり、何がユーザーに面白いのか、どんな改善が必要かを常に把握して、リピーターを育てる努力をしていきましょう。

 

質の高いコンテンツ戦略には一見お金がかかるように見えるかもしれませんが、最初から才能のあるプロと働くという正しい戦略をとれば、最終的には安くつくのです。「内容のあるコンテンツを定期的に提供する」ことにコミットできれば、結果は必ずついてくるはずです。

コンテンツ起業法メルマガ

記事を読んでくださってありがとうございました。無料のメールマガジンでも情報をお届けしております。ブログでは書けない情報なども書いております。またコンテンツ起業法という140ページの無料イーブックも付いてきますので、よろしければ受け取ってくださいね。